http://analyzer.fc2.com/ -->

N.O.S. w/box (旧お気に入りモノ図鑑)

自分の好きなモノ、気になるモノを紹介していくブログです。

デッドストック靴にロマンを感じる。 


このブログのタイトル、“N.O.S. w/box” は「箱付きデッドストック」の意。

もともと私はそこにこだわっていました。




nestdead.jpg
http://www.nestclothingstore.com/2012/07/01/102154/



例の「ビンテージ靴四天王ショップ」をはじめとして、
日本のバイヤーさんたちがアメリカ全土をかけずりまわり、
集めてきた箱付きデッドストックの靴。




アメリカの黄金時代。
新しい靴が入荷するたび、倉庫の隅に積み上げられた余剰在庫。

在庫管理がいい加減だった、とも言えるし、
在庫に対する税務処理がおおらかな時代だったのかもしれない。

また、換金処分しなくとも、靴が飛ぶように売れた景気の良い頃だった
のかも。



weyenberg dead2





かつて華やかだった街のダウンタウンの個人靴店。
80年代あたりから郊外に大型ショッピングモールができ、客足が流れて
時代に取り残された、何十年も忘れられたデッドストック。

それが掘り起こされて、当時の姿のまま、手許にくる。

私はまず、その部分にロマンを感じました。

「europeanblendはデッド靴が減ったとよく言ってるけど、eBayとかヤフオクで
チラホラ出てるじゃないか」と思われる向きもあるかもしれません。

確かに、単発なら出てきます。
今後もスゴイのが出てくるでしょう。

でも、以前のように、日本のショップに一度に何十足と入ってくることは
もうないかと。

あらかた掘り尽くされてるし、高齢化で靴屋さんの多くが廃業してるから。

今から思えば、私なんかはデッド靴収集にギリギリ間に合ったのでしょう。
数年前まで、行きつけのお店にウェインバーグやらFSPなどの箱付きデッド
がうず高く積み上げられ、店主さんから各メーカーの解説を聞きながら、
好きなモノを選べたので。

たぶん、もうそんなことはないだろうな、と。


昔、Carter's の箱付きデッドのブーツをeBayで買ったときのこと。



carters boot dead



アメリカの片田舎の農場を、引き継ぐことになった人が、おじいさんの
古い納屋を整理してたら、大量の未使用品のブーツやら衣料が出てきた。

おじいさんはセール品を買い漁っては、納屋に放り込んでおくタイプの
人であったらしい(笑)。

家族と相談の上、オークションに出して、価値を見出してくれる人に譲ろう、と。

落札すると、ブーツと一緒に家族の写真と、メッセージが添えられてました。
「使って頂けると幸いです」と。



この納屋も、靴屋の倉庫も、ある種のタイムマシーン。
売られてた頃の姿がそこにある。
箱も包み紙も、プライスシールも当時のまま。
ずっと誰かに履かれる時を待ってた。


そんなところに、そこはかとなくロマンを感じます。



・・・と言いつつ履けないのだけれど(^^ゞ








<<↓ 応援クリック宜しくお願い致します。>>
にほんブログ村 ファッションブログ 靴・スニーカーへ
にほんブログ村



Comment

Name - なおけんた  

Title - 

私は、ヴィンテージシューズ、デッドストックシューズの世界にもっと早く入っていればよかったのに、と少し後悔しています。
少し遅かったなと。

個人的に歴史が好きなので、遺跡や遺物などを見て、これらに人々がどのように関わってきたのか、どんな時代背景があるのかを考えること、知ることが好きです。
古い靴に対しても同じような感覚を持っています。
歴史的事象と靴を同列に考えるのは大袈裟かもしれませんが、人がその時代の中で作り上げたものであるということに変わりはありません。
革靴の場合は、基本的に個人の所有物で消耗品なので、国家や社会の共通財産である歴史的建造物よりもずっとデリケートな存在だと思っています。
だからこそ、「こんな時代のものが、よくこれだけの状態で残っていたものだ」とそれに関わってきた意図的な人の営みと幸運な偶然の重なりに感心してしまいます。

こういう思いを言葉を変えながら家族にに力説するんですけどねえ。
2016.09.22 Thu 17:58
Edit | Reply |  

Name - tomo  

Title - 

instaではいつもいいねを頂きありがとうございます(^o^)
「セール品を買い漁っては納屋に放り込んでいた」というくだり、失礼ながらeuropeanblendさんのイメージと重なり、思わず笑ってしまいました(^o^)/
私は関税が怖いのと、今はそれほど古い靴に拘りがないのでebayは使わず、もっぱらヤフオクで安い!そこそこレアな物を漁っています笑
これからもどうぞよろしくお願いします。
2016.09.22 Thu 20:31
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

なおけんたさん、


> 私は、ヴィンテージシューズ、デッドストックシューズの世界にもっと早く入っていればよかったのに、と少し後悔しています。
> 少し遅かったなと。


私もビンテージ靴収集を始めた時点で、「もう少し、早ければ」と思ってました。
それ以前にはもっと古いデッドが安く買えた、と聞いていたからです。

ビンテージジーンズやレッドウィングのことが頭の中にあり、これらが高値で取引されて
久しかったので、当然ドレスシューズにもプレミアが付いていると思ってました。
ところが、実は全くそうではなかった。
この分野はエアポケットだったんですね。

それにいち早く気付いてた方がすでにいらっしゃったのは、実に驚くべきことです。
私が「四天王ショップ」の店主さんたちを尊敬するゆえんですね^_^


> 革靴の場合は、基本的に個人の所有物で消耗品なので、国家や社会の共通財産である歴史的建造物よりもずっとデリケートな存在だと思っています。
> だからこそ、「こんな時代のものが、よくこれだけの状態で残っていたものだ」とそれに関わってきた意図的な人の営みと幸運な偶然の重なりに感心してしまいます。


まったくおっしゃる通りです。
街の中心部からショッピングモールへ消費の中心が移ったこと、
それによって個人靴店にデッドが残ったこと、
それを評価した日本の目利きがいたこと、
もちろんその前提として、50s60sのアメリカが世界一の経済繁栄をしていて
大量生産ながら、質の高い革靴を作っていたこと。

こう考えると、手許にあるデッド靴が多くの偶然の産物なのだと思います。



> こういう思いを言葉を変えながら家族にに力説するんですけどねえ。


だいたいにおいて、男の方がロマンチストの部分がありますから、、、
子どもっぽいというか、永遠の中2病、といいますか(^^ゞ

いつかシカゴやジョンソンシティ、ブロックトンに行きたいですね。
2016.09.23 Fri 00:25
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

tomoさん、

> instaではいつもいいねを頂きありがとうございます(^o^)


いえいえ、たいへん文が面白く楽しませて頂いております^_^
東奔西走、という感じでお忙しそうですね。
私なんか出張というものをほとんどしたことないので、憧れております。
たぶん、実際は大変なのでしょうけど。。。


> 「セール品を買い漁っては納屋に放り込んでいた」というくだり、失礼ながらeuropeanblendさんのイメージと重なり、思わず笑ってしまいました(^o^)/


ははは(笑) そう、モロに私です^_^
アメリカの納屋から私の倉庫に移動しただけ、という。
このおじいさんとは話がさぞ合ったでしょうね(笑)


> 私は関税が怖いのと、今はそれほど古い靴に拘りがないのでebayは使わず、もっぱらヤフオクで安い!そこそこレアな物を漁っています笑
> これからもどうぞよろしくお願いします。


手を広げ過ぎると、だんだんエスカレートしていくので、実に賢明な判断だと思います。
5000円以下なら確実にヤフオクの方が安いですよね。

こちらこそ、インスタのポスト楽しみにしています。
2016.09.23 Fri 00:36
Edit | Reply |  

Name - tomojin329  

Title - 

デッドストックでも魅力的ですが、やはり箱が付いてくるといいですね。
何と云うか、現代には無い趣というか古臭いけどそこが良いというか・・・。
最近いくつかデッドを手にしましたがどれも箱なしで、箱付はそれだけで購買意欲をそそられてしまいます。

私個人としては、将来的に自分の部屋を当時の靴屋さんの様にしたいなぁと。
なので余計な出費も増えてしまうのですが・・・^^;
2016.09.23 Fri 02:14
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

tomojin329さん、

> デッドストックでも魅力的ですが、やはり箱が付いてくるといいですね。
> 何と云うか、現代には無い趣というか古臭いけどそこが良いというか・・・。
> 最近いくつかデッドを手にしましたがどれも箱なしで、箱付はそれだけで購買意欲をそそられてしまいます。

ホントにその通りです^_^
私もブログタイトルにしてるくらい好きなので、「箱付きデッドストック」はこうやって文字に
するだけでトキメキます。
箱が良いですよね。
箱だけでも立派なコレクションの対象だと思います。


> 私個人としては、将来的に自分の部屋を当時の靴屋さんの様にしたいなぁと。
> なので余計な出費も増えてしまうのですが・・・^^;


それは素晴らしい計画ですね!
「ビンテージシューズカフェ」とか作れたら良いですね。
靴や箱を愛でながら、語り合うという。
コースターには各メーカーのロゴをプリントして。
珈琲1杯1000円でも通うなぁ。
2016.09.23 Fri 13:26
Edit | Reply |  

Name - スニゲーター  

Title - 

箱つきデッドは私にはあまりに縁のない世界でして・・・。
デッド自体がまだ4足。箱は1足のみです。
私はバリバリの着用派なので、手に入ってもどんどんデッドを葬っていきますが(笑)

そういうものを扱っている雰囲気はいいですね。当時の映画でもたまに見かけます。夜の街にフローシャイムのネオン。それを潰したショッピングモールは罪深い・・・。
映画、ゾンビではショッピングモールが舞台ですが、監督がショッピングモールに対して、「こんなもんがあったらアメリカの店や文化はお終いだ!」という怒りがこもっているらしいです。アメリカ靴のクオリティを見る限り、実際そうだったんでしょうね。
私もイオンで買い物は控えます・・・(笑)
2016.09.23 Fri 19:48
Edit | Reply |  

Name - 靴aholic  

Title - まさに

初めまして、こんばんは。いつもブログを敬愛の念を込めて拝見しております。今回初めてコメントさせて頂きます。

あまりにもデッドストックに対する感情、特に「何十年も前の靴が歴史を越えて何かの縁で自分のところにやって来た時のロマン、感動」たるや筆舌尽くしがたいところであります。共感致します。またお写真の箱付きデッドストックのコレクションを拝見するだけで、私も「もう少し早くハマっておけば。。。」の念でいっぱいです 笑

私も最近ではデッドストック四天王店のアメリカ村の方には一見レベルですがお邪魔して、幾つかのペアを頂いたりしました。(お小遣い的には少数ですが。。。)そこでオーナーから古い靴のお話を聞くと、その時代その時代を思い起こしながら靴を履ける楽しみにどっぷりと浸かっております。またその靴をお手入れして、現代の靴よりも味わい深く素敵な仕上がりになった時などは鳥肌モノです。今後とも楽しく拝見させて頂きます。若輩者ですが今後とも宜しくお願い致します。
2016.09.23 Fri 21:15
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

スニゲーターさん、


> 箱つきデッドは私にはあまりに縁のない世界でして・・・。
> デッド自体がまだ4足。箱は1足のみです。
> 私はバリバリの着用派なので、手に入ってもどんどんデッドを葬っていきますが(笑)


確かに、デッドストックは着用がためらわれますね。
特にtomojin329さんや私なんかのコレクター気質があると。。。(笑)
箱付きデッドともなると尚更。
私も最初の頃は容赦なくおろしてたんです。

でも数が増えるにつれ、貴重なモノ、旧いモノは温存するようになりました。
たぶん今後の入手は難しいと思いましたから。

でも本来、靴は履いてなんぼですよね(^_^;



> そういうものを扱っている雰囲気はいいですね。当時の映画でもたまに見かけます。夜の街にフローシャイムのネオン。それを潰したショッピングモールは罪深い・・・。
> 映画、ゾンビではショッピングモールが舞台ですが、監督がショッピングモールに対して、「こんなもんがあったらアメリカの店や文化はお終いだ!」という怒りがこもっているらしいです。アメリカ靴のクオリティを見る限り、実際そうだったんでしょうね。
> 私もイオンで買い物は控えます・・・(笑)


日本もそうですけど、やはり昔ながらの個人商店はいろいろ難しいですね。
私がアメリカにいたのは80s中期ですが、街の旧中心街は寂れてて、郊外の
真新しいモールに人が流れてました。ちょうどバックトゥザフューチャーに
出てくるモール、あの時代です。ああいう風景がアメリカ中にあったのだと思います。

意外と東京や大阪の方が、昔ながらの商店街が残ってたりしますね。
福岡などの地方都市の方が、かえって淘汰が進んでるのかもしれません。
2016.09.23 Fri 23:44
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: まさに

靴agility さん、初めまして^_^
コメントならびに過分なお言葉、ありがとうございます。

実は、少し前にブログ拝見しておりました。
お仲間が増えてうれしく思っております^_^

箱付きデッドは本当に少なくなりました。
正確に言えば、あるにはあるのですが、良いモノは現行の
高級靴並みに高騰してますね。。。

ショウザンビル、行かれたんですね。
あそこは壮観ですよね。箱付きデッドだらけで。
ネストさんも頑張っておられますし、関西方面はパラダイスです(^^ゞ

たぶん、「四天王ショップ」はデッド以外扱わない、というポリシー
を持っていらっしゃるように思います。
やはりデッドに対するこだわり、ロマンを大事にされてるのでしょう。

ダラダラと好きな事を書きなぐってるだけのブログですが、
こちらこそ今後ともお話しさせてください(^^)


2016.09.24 Sat 00:20
Edit | Reply |  

Name - PMT  

Title - 

箱が痛んで汚れて埃臭いのに、中身の靴が新品の革の匂いがする時は特に感動しますね。
以前は箱は捨てていましたが、w/boxの価値に気付き最近は捨てていません。
でも履く前でも箱から出してツリーを入れているので、やっぱり箱はどうしようかなと思っています。

2016.09.25 Sun 22:10
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

PMTさん、


> 箱が痛んで汚れて埃臭いのに、中身の靴が新品の革の匂いがする時は特に感動しますね。


ああ、守られてたんだな、という^_^
包装紙も重要みたいですね。



> 以前は箱は捨てていましたが、w/boxの価値に気付き最近は捨てていません。
> でも履く前でも箱から出してツリーを入れているので、やっぱり箱はどうしようかなと思っています。


箱の保管は悩みどころですよね。
私は畳んで保管してるモノもありますが、箱なしデッドの靴を入れたりしてます。
今は何が入ってるかラベルを付けてますが、最初の頃はやってなかったので、
意外なモノが入ってて、得した気になります(^^ゞ
2016.09.26 Mon 08:38
Edit | Reply |  

Add your comment