http://analyzer.fc2.com/ -->

N.O.S. w/box (旧お気に入りモノ図鑑)

自分の好きなモノ、気になるモノを紹介していくブログです。

60年代セメント靴の挑戦状 



fls3eyeimperial11.jpg



Florsheim の3-eyelet Wing Tip。
品番等がかすれて読めませんが、ディテール等から60s中期頃のモノと推定。



fls3eyeimperial.jpg


fls3eyeimperial2.jpg


おそらくセメント製法。
はい、興味があったので買ってみました。
食わず嫌いはいけないような気がして(^^ゞ



fls3eyeimperial3.jpg



fls3eyeimperial9.jpg



で、これ、驚いたことにインペリアルライン。



flsebony3.jpg
flsebony4.jpg
flsebony5.jpg



広告上では、この“The Royal”シリーズが近い感じ。



fls3eyeimperial4.jpg




「合皮」と「セメント」というのは現代では安靴の代名詞。
初めて革靴を買う若者にアドバイスを求められたとすると、
まずこの2つはNGワードになるでしょう。
それだけはやめときなさい、と。




fls3eyeimperial6.jpg




確かに現代では安物に多いですけど、では昔は果たしてそうだったのか。。。

例えば、コルファム。



corfam345.jpg



デュポン社が開発したこの靴甲用の人造皮革は、当時新素材として、
有名メーカーにこぞって採用されたたことが、広告等からうかがい
知れます。



corfam.jpg




アッパーは合皮、でも本革底のグッドイヤー製法の靴。
これが「ちゃんと」してて、最初見た時は驚きました。



で、セメント製法なんですが。



flsebony6.jpg



例えば、60年代のEbony誌のADには、セメントっぽいフローシャイムや
他メーカーの靴がたくさん掲載されています。



flsebony.jpg



flsebony2.jpg



これが70年代とか80年代なら、「コストダウン」を図ったんだな、で
済むのですが、60年代と言えば、まだまだアメリカ靴のレベルが
高かった頃。



fls3eyeimperial8.jpg

 

この時代のフローシャイムインペリアル・ケンムーアや
バーシティーの革質の良さを認識されてる方も多いでしょう。



fls3eyeimperial14.jpg


ではなぜ、「セメント」なのか。
これは上記のADを見れば分かるのですが、
おそらく「見た目の美しさ」なのだろうと。



fls3eyeimperial10.jpg



この時代、流麗でスタイリッシュな靴が流行の最先端。
コバの出っ張りがなくスマートに、また形もイメージ通りに
作れるところからセメントが採用されたのではないでしょうか。



fls3eyeimperial13.jpg



実際こうやって60年代インペリアルにこれが用いられてることが
その証ではないかと。。。



fls3eyeimperial7.jpg



男性にも、靴が「ファッションアイテム」として認知されるように
なった、というふうにも言えるかもしれません。



fls3eyeimperial16.jpg


この靴も革質は素晴らしいですし、コバ周辺の作り込みも
後年の「名ばかり」とは違い、ちゃんとインペリアルしてる
ように見受けられます。ただ底付けがセメントなだけで。




fls3eyeimperial15.jpg




逆に今、こういうのを作ったら、面白いモノができるかもしれませんね。
セメントでコストを浮かした分、他にそれを投入すれば
高級靴を凌駕する革質のセメント靴、とか作れたりして。。。(^^)


サラリーマンの仕事靴って、意外と適当なモノが少ないような気が
するんです。
歩かなければいけないし、突然の雨にも対応できなくちゃマズいし、
軽くて屈曲性もあった方がいい。

ジョンロブやグリーンを仕事用に使える人は置いといて(^^ゞ
フツーの勤め人の選択肢として、こういう「ちゃんとしたセメント靴」
はあってもいいのかな、と思います。





<<↓ 応援クリック宜しくお願い致します。>>
にほんブログ村 ファッションブログ 靴・スニーカーへ
にほんブログ村



Comment

Name - tomojin329  

Title - 

この頃はあくまでデザイン性を取っての選択で質自体は良さそうですが、セメントというだけで敬遠してしまいがちです。食わず嫌いの様な^^;

ですが、ハーフラバーソール辺りを貼れば耐久面もクリアになり長期間履けなくもないでしょうか・・・

2016.08.26 Fri 03:24
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

tomojin329さん、


> この頃はあくまでデザイン性を取っての選択で質自体は良さそうですが、セメントというだけで敬遠してしまいがちです。食わず嫌いの様な^^;
>
> ですが、ハーフラバーソール辺りを貼れば耐久面もクリアになり長期間履けなくもないでしょうか・・・


タイトルに「挑戦状」としたのは、この靴が私に「オレ、セメントだけど、どうよ?」と
不敵な笑みを浮かべて、問いかけられてるような気がしたからです(^^ゞ
そんなことを言われると(言ってないって)、アメリカ旧靴愛好家を自称する私としては
受けて立ってやろうじゃないかと(笑)



2016.08.26 Fri 09:42
Edit | Reply |  

Name - PMT  

Title - 

「セメント」もアリと思います。ただ古いモノは接着剤の劣化が少し心配ですね。
グッドイヤーであってもオールソールはあまりする事はないので、
セメントに限らず、その他の製法も大いにアリと思います。
(詳しくないのでその他の製法とさせていただきました。)

コルファムは一足だけ買いましたが、私的にはナシです。
アッパー以外はすべて本革だったので、ちょっと買ってみたのですが・・・
磨き甲斐がないというか・・。
靴の楽しみは「見ること」「履くこと」「磨くこと」なので。
2016.08.26 Fri 10:35
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

PMTさん、

> 「セメント」もアリと思います。ただ古いモノは接着剤の劣化が少し心配ですね。
> グッドイヤーであってもオールソールはあまりする事はないので、
> セメントに限らず、その他の製法も大いにアリと思います。
> (詳しくないのでその他の製法とさせていただきました。)


グッドイヤー製法の利点として、(何度も)オールソールができる、と
よく言われますが、実は私一度もしたことがありません(^^ゞ
セメントも、特殊な接着(圧着?)方法でなければ、マッケイとかで張替は
できなくもないようですね。ただ安靴が多いので、買い換えた方が...という。



> コルファムは一足だけ買いましたが、私的にはナシです。
> アッパー以外はすべて本革だったので、ちょっと買ってみたのですが・・・
> 磨き甲斐がないというか・・。
> 靴の楽しみは「見ること」「履くこと」「磨くこと」なので。


確かに磨き甲斐はないですね^_^
お手入れ不要、というところもウリだったようですし。



これは私個人の勝手な思いですが、とりあえずアメリカ靴のさまざまな歴史を
いったん全て受け入れてみようかと。

好きなモノだけ選んでれば良いのでしょうけど、キライなモノも食べないと
強い子になれない気がするんですよ(^^ゞ

何なんでしょうね、この奇妙な使命感みたいなモノは(笑)


初期ロイヤルなんかを見ると、革質も作りも素晴らしい。
でも、同時期にこういうインペリアルも作ってた。
これをどう捉えるべきか。

当時のフローシャイムに聞いてみたいですね。

「まあ、人によって、いろいろなモノが求められますから」
という返事かもしれませんが(^^ゞ
2016.08.26 Fri 13:32
Edit | Reply |  

Name - スニゲーター  

Title - 

私も60sセメントは何足か持っています。
しかし、実用面で気になったことは一切ありませんね。むしろ気楽に履けるので、結果的には優れているのかもしれません。
ハーフソールをすれば、底に穴があくなんて相当酷使しても無い話ですし。

そもそもホワイトバックスの靴といい、靴なんてものはある程度の使い捨て感はあったのでしょうね。
グッドイヤーだからオールソール可能!なんて案外最近の宣伝文句なのではないでしょうか。
2016.08.26 Fri 22:22
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

スニゲーターさん、

> 私も60sセメントは何足か持っています。
> しかし、実用面で気になったことは一切ありませんね。むしろ気楽に履けるので、結果的には優れているのかもしれません。
> ハーフソールをすれば、底に穴があくなんて相当酷使しても無い話ですし。


セメント、セメントとあまり毛嫌いする必要もないのかな、と。
けど、まあ、値段によりますけど、、、(^^ゞ


> そもそもホワイトバックスの靴といい、靴なんてものはある程度の使い捨て感はあったのでしょうね。
> グッドイヤーだからオールソール可能!なんて案外最近の宣伝文句なのではないでしょうか。


ホワイトバックスとかパナマハットとかは特にそうでしょうね。
ビンテージが出ずらい所以。。。

あくまで製法云々は副次的なモノであって、そこだけで靴を
評価するのもちょっとアレかな、と思いますね。



2016.08.26 Fri 23:05
Edit | Reply |  

Add your comment