http://analyzer.fc2.com/ -->

N.O.S. w/box (旧お気に入りモノ図鑑)

自分の好きなモノ、気になるモノを紹介していくブログです。

Brooks Brothers English Shoes Wingtip (X310R)  


BB English のフルブローグ。


BBEnglish X310R2



箱付きデッドストックで、品番“X310R”、“DEVON”ラスト。



BBEnglish X310R last



BBEnglish X310R3



“MADE IN GREAT BRITAN”刻印。




BBEnglish X310R9 (2)



BBEnglish X310R8



BBEnglish X310R9



この「青箱」に入れて送られてきました。
箱と中身が合ってるかどうかは分かりませんけど。。。



BBEnglish X310R15



純正シューツリーも付いてました。
これはたぶん当時モノ。




BBEnglish X310R10




べじたんさんの記事と、Miさんから教えて頂いた判別法から、
チャーチ製の可能性が高いかと。製造年代的には60s中期~70s初頭あたり?
仮にその頃のモノとすれば、*旧旧(旧)チャーチに相当するのでしょうか。。。
*Miさんから情報いただき、64年あたりから2都市表記のモノが見られるとのことです。



BBEnglish X310R4



peal bb 74




この74年のPEALが圧倒的過ぎるので、それに比べれば見劣りするのですが、
(PEALラインはBrooks Englishラインの約2倍の値段なので)
それでも今の基準に照らせば、素晴らしいクオリティです。




BBEnglish X310R16




旧いアメリカ靴をずっと集めてると、自分の中でいろいろ「揺れ動き」ます。



BBEnglish X310R7




先日の J&M HANDMADE のような靴を手にすると、本来の「本格靴」志向
が頭をもたげて、高級グレードに関心が向きますし、そういうのに食傷気味
になると(割とオーセンティックな英国志向の靴が多いので)、
今度は50s60sのアメリカ大衆靴のバラエティ豊かなモノに回帰したり。



BBEnglish X310R14




アメリカ靴をコレクションして飽きないのは、こんな感じでグルグル回って
いるからだ、と自己分析してます(^^ゞ



BBEnglish X310R13



ところで、このBB English の靴の価値、というか存在意義ですが。



BBEnglish X310R12




例えば、就活生がリクルートスーツを紳士服量販店で買ったとします。
靴やシャツ、ネクタイはどうするか。
おそらくその量販店で一式揃えるのが大半ではないでしょうか。



BBEnglish X310R11




たぶん私が親なら、スーツやシャツは信頼できるオーダー屋につれて行き、
ネクタイは私のモノから譲り、靴は3万円くらいのモノをとりあえず3足買わせる
でしょう。黒のストレートチップあたりを。
少なくとも、スーツ屋と靴屋は回らなくちゃいけないし、スーツと靴のバランスは
自分たちで吟味しなければいけない。



BBEnglish X310R17



これが(昔の)BBなら話は簡単。
そこに連れて行くだけ。
ベテランスタッフがいて、ベストなコーディネイトをしてくれるはず。
そして、足元にはこの BB English、と。

そのための靴なのかな、と。




BBEnglish X310R




いずれ、旧いPEALや、このBB ENGLISHを持って、マジソンアベニューの本店へ
行き、コーディネイトをお願いしたい。それがささやかな?夢です。
(まあ、飛行機はエコノミーですけど 笑)



madisonave2.jpg
www.ruebarue.com





<<↓ 応援クリック宜しくお願い致します。>>
にほんブログ村 ファッションブログ 靴・スニーカーへ
にほんブログ村


Comment

Name - なおけんた  

Title - 

前回のJ&M Hand Made といい、今回のBB English といい、素晴らしいものを見せていただき、目の保養になります。
先日、私がインスタに載せたBBのラストは「SURREY」でした。
モデル名は記号で、ラストは名前で表記するのも面白いですね。
昔のナンブッシュもそうでしたね。

私もこういう靴を探してるんですけどね。
縁がありません。

1つマイナー(ビッグネームだけどあまり人気がない)な奴で目をつけてるんですけど、入院中の散財で足踏み状態です。
2016.08.16 Tue 20:47
Edit | Reply |  

Name - Mi  

Title - 

europeanblendさん、こんにちは。

旧旧旧チャーチと旧旧チャーチの境目についてですが、

以前オクに出ていた出品物からの推測ですが、
(出品者さんは英国旧靴に非常に詳しいかたのようでしたので、
当然この事はご存じで出品されていたみたいなのですが)
1964年ニューヨーク万博に合わせて2都市記入がされるようになった可能性があるようです。
これが正しいとすると、旧旧旧チャーチと旧旧の境目は1964年頃と考えられます。
2016.08.17 Wed 00:12
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

なおけんたさん、

> 前回のJ&M Hand Made といい、今回のBB English といい、素晴らしいものを見せていただき、目の保養になります。
> 先日、私がインスタに載せたBBのラストは「SURREY」でした。
> モデル名は記号で、ラストは名前で表記するのも面白いですね。
> 昔のナンブッシュもそうでしたね。


べじたんさんやyabushunさんによれば、CUZON、SURREY、DEVONが代表的な木型だったようですね。

JM HANDMADE と BB PEALが手持ちの中では「アメリカ靴」の最高峰かなと。。。
特にAMBASSADORは、自分なりの黒ストの結論が出た気がします。



> 私もこういう靴を探してるんですけどね。
> 縁がありません。
>
> 1つマイナー(ビッグネームだけどあまり人気がない)な奴で目をつけてるんですけど、入院中の散財で足踏み状態です。


私もそろそろ整理したいと思ってるんですが、増える一方で困ってます(^^ゞ
そう言えば、フローシャイムのUウィングでスゴイの出てましたね。
カウファーみたいな起毛のヤツが。
フローシャイム自身の手によるカスタムメイドだとすれば、とんでもないお宝。
イマイチ趣味ではなかったので、深くは追いませんでしたが、300ドルを超えてました。
デッドなら1000ドルでも買う人いたかも。

ebayは楽しいですけど、同時に自制心との。。。(^^ゞ

2016.08.17 Wed 09:24
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

Miさん、こんにちは。


> 旧旧旧チャーチと旧旧チャーチの境目についてですが、
> 以前オクに出ていた出品物からの推測ですが、
> (出品者さんは英国旧靴に非常に詳しいかたのようでしたので、
> 当然この事はご存じで出品されていたみたいなのですが)
> 1964年ニューヨーク万博に合わせて2都市記入がされるようになった可能性があるようです。
> これが正しいとすると、旧旧旧チャーチと旧旧の境目は1964年頃と考えられます。


なるほど、これはたいへん有益な情報ありがとうございます^_^

実は「旧旧旧」にするか「旧旧」にするか迷ったんです。
たぶん境目あたりだろう、とは思っていたのですが(^^ゞ

早速補足入れさせて頂きました。

BB ENGLISHの年代特定ですが、現状通販の箱に日付スタンプがある
モノを2足(68年、74年)があり、それをヒントに検討しています。
こちらも何かありましたら是非ご意見下さい^_^
2016.08.17 Wed 09:31
Edit | Reply |  

Add your comment