http://analyzer.fc2.com/ -->

N.O.S. w/box (旧お気に入りモノ図鑑)

自分の好きなモノ、気になるモノを紹介していくブログです。

古着屋は儲からない。絶対に開業するな。 


という名スレッドがあります。


地方100万都市で、開業資金350万で古着屋を始めたものの、
1年で閉店した人のお話。

この業界のリアルな実態がわかって、とても興味深く読んでました。


この手のビンテージ系古着屋さんがいちばん儲かったのは90年代前半。
10ドルで仕入れたビンテージリーバイスが何十万で転売できた時代。

NYのホームレスが履いてたビンテージジーンズを無理やり買い取った
なんていう都市伝説もあったり(笑)

どの業界もそうでしょうけど、もうかるビジネスには必ずフォロワーが参入して
過当競争になる。 

生き残るためには、フォロワーが参入してくる前に十分なアドバンテージを
築くか、新基軸を打ち出す、または新たな有望分野を開拓していく必要があるのでしょう。

たぶん、これからはビンテージ衣料だけでのビジネスは成り立たないのでは
ないのかな、と。

このスレッドにもあるように、商材が新たに供給されない特殊な世界ですから。

今あるモノをグルグルまわしっこするしかない。

ビンテージ商材の枯渇問題は90s当時からささやかれてて、50s60sの「ゴールデンエイジ」
のモノがなくなったら、70s80sのモノが注目されるかも、なんて言う人もいましたが、
あまりそうはならなかった。

アメリカビンテージ靴の世界でも同じで、旧いデッド靴が手に入りにくくなったから
より新しい時代のデッド靴に関心が移ったかというと、そうではない気がします。

やはり50s60sの魅力に一度でも触れてしまうと、もう後戻りできない。

デッドがないのなら(高値ならいくらでもあるけど)、程度がよければユーズドでも、
となるのは自然の流れ。少なくも私はそうでした(^^ゞ

ただ、私が思っていたのは、古着と違って、古靴には抵抗がある人が多いだろう、
洗えないという決定的な欠点があるから、と。

だから古靴に関しては高騰しない、とタカをくくっていたところがあります。



話を戻して。


このスレッド主の「ゲリラ豪雨」さんの話を読むといろいろ考えさせられます。

成功譚はいっぱいあるけれど、こういう自分の失敗談を公開してくれる
人はなかなか少ない。 タダでさえ落ち込んでいるのに、さらに傷口を
えぐるようなツッコミを入れる人が必ずいる。

みんなそれが分かっているから、こういうのをネット公開する人はあまり
いない。それだけに貴重だと思うんです。

ゴールドラッシュ時代の金言に「金を掘って金持ちになった奴はいない」という
のがありますね。要は、金を自ら掘るより、集まった人たちにサービスを提供する
設備を作った方が確実に儲かる、と。

そういう意味ではショップをやるより、その外側でサービスを提供する側に
回る方がビジネスとしては正解なのかもしれません。
楽天市場とかですかね。

ただ、好きなモノで生計をたてる、というのは男のロマンだと思います。
不器用かもしれないけど、めちゃめちゃカッコいい。

以前書きましたが、私の知人で、バンドで成功するという夢を実現させた
人がいます。紅白まで出場したのですから、成功でしょう。

私は彼に出会って以来、人の夢はそれがどんなに突拍子のないモノでも
決して馬鹿にしないことにしています。





<<↓ 応援クリック宜しくお願い致します。>>
にほんブログ村 ファッションブログ 靴・スニーカーへ
にほんブログ村



Comment

Name - スニゲーター  

Title - 

いいものは、いいお店は買い支えないといけませんね。
ネットで埃をかぶった靴を漁ってばかりですが、周りにしっかりお金を落としておかないとあっという間に潰れてしまいます。私一人くらいとは言ってられません。
そうすると田舎は劇的につまらなくなるのですよね・・・。いやぁ、趣味人の税金と捉えております(笑)
2016.06.05 Sun 21:30
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

スニゲーターさん、


がんばってる古着屋さんは応援していきたいですよね。

このゲリラ豪雨さんの「予言」はかなり当たっていて、
たとえば、円安に振れるとつぶれる店が続出する、と
いうのはその通りになりました。

当時はたしか90円台でしたから。

eBayへのハードルが低くなったのも大きかったと思います。
お店の仕入れ値で私たちエンドユーザーが直接買えるのですから、
客にとってはこれがどう考えてもいちばん賢い選択でしょう。

お店で買う理由のひとつだった、メーカーのうんちくとか歴史なんかも
愛好家のブログを見れは分かりますし。。。

そういう意味では、Super8さんのようにカスタムの提案というのは
新基軸として素晴らしいと思います。
2016.06.06 Mon 09:38
Edit | Reply |  

Add your comment