http://analyzer.fc2.com/ -->

N.O.S. w/box (旧お気に入りモノ図鑑)

自分の好きなモノ、気になるモノを紹介していくブログです。

アメリカ旧靴 復刻プロジェクト その4 ~完成 

Uウィング復刻を目論んで、昨年地元の靴工房に依頼。



pancia florsheim


元ネタは、50sのフローシャイムUウィング。



pancia.jpg



依頼先は、博多の町中にある「Pancia」さん。
なおけんたさんのブログでもおなじみ。

もともと靴やバッグ関係の部材卸をしている会社なので
たいへん良心的なお値段でオーダーシューズを作ってくれます。

50sのフローシャイムUウィングを2足預け、製作を依頼。
アッパーの4連ステッチと出し縫い(ホワイトステッチ)の細かさを
なるべく再現して欲しいと要望しました。

革は国産のスコッチグレイン(追加料金なし)。
ただし、ダークブラウンとミディアムブラウンの2色使い。

アウトソールはレザーの伏せ縫い(ダブルソール)。
トップリフトはレザー+楔形ゴム。

で、完成したのがこれ。



pancia uwing2


pancia uwing5


pancia uwing6


pancia uwing3



ハンドソーンウェルテッドの9分仕立て。



pancia uwing14



懸案だった出し縫いのホワイトステッチの幅、
機械縫いの限界に挑戦して頂きました。



pancia uwing4


これ以上は多分手縫いしかないかと。



pancia uwing8


pancia uwing7



アウトソールはこんな感じ。
伏せ縫いで、履くのがもったいない(^^ゞ



pancia uwing



トゥの部分はダークブラウン、甲の部分がミディアムブラウン。



pancia uwing 12



4連ステッチは細かく再現して頂きました。


pancia uwing13


私自身初のオーダーシューズということもあり、
「ここをこう頼めば良かった」と思うところも多々ありますが、
それは今後の糧にするとして。



pancia uwing4


もともとアメリカ靴収集を始めた目的も、オーダーするときの
デザインを集める、というところにあったので、やっとスタート
ラインに立った感じです。



pacia uwing15


ところで、今回のお値段は60,000円 +税。
ハンドソーンの9分仕立てで、レザーソール、持ち込みデザイン
ですから、かなりお安いと思います。


pancia omake


布製シューズバッグに、オリジナル靴クリーム、ブラシ、リムーバー付き。
コットンシューレースも予備にもう1組つけてもらえました(^^)/
ジャパネットたかた並み(笑)



pancia uwing11


pancia uwing9



もう1足お願いしようかと、相談。


pancia neworder


・・・ということで(^^ゞ

見つかるといいなあ。







<<↓ 応援クリック宜しくお願い致します。>>
にほんブログ村 ファッションブログ 靴・スニーカーへ
にほんブログ村


Comment

Name - PMT  

Title - 

こんにちは

1足目でこの仕上がり、しかもこの値段は驚きです。

スタートラインでも復路のスタートといった感じですね。
私は往路の途中で寄り道したり、止まったりしているので、
折り返し地点までたどりつきません。

アメリカ古靴に関しては本を出されたらいかがでしょうか?マジで!
本で満足して収集を止める人もいそうですね。

実際私は数年前に「NIKE VINTAGE」という本を手にしてから、
古いスニーカーを一切買っていません。
2016.03.01 Tue 17:14
Edit | Reply |  

Name - なおけんた  

Title - 

遂に完成しましたね。

いい出来ではないですか!
カッコいいです。
古靴をデザインベースにしながらも、現代的な新しい雰囲気の靴に仕上がっているように見受けられます。
粘り強いプロデュース力の勝利ですね。さすがです。

国産の型押し革はヴィンテージ感が出ますね。私も次、使ってみようかな?
トゥのダークブラウンと甲のミディアムブラウンが全く違和感なく共存しています。
同じ革でつくってつま先だけクリームで色を入れた感じに見えます。

機械縫いの出し縫いも本当に頑張ってますよね。

これだけやって&靴磨きセットでお得感が半端ないですね。

あ~うらやましい。
こういう靴を見せられると、
次は私も博多のPanciaにしようか、福岡の店にしようか、浅草にしようか、羽田にしようか・・・・
ものすごく物欲が高まってきます。
目の毒ですねえ(笑)。
2016.03.01 Tue 19:28
Edit | Reply |  

Name - スニゲーター  

Title - 

最初の目標はオーダーだったんですね。
とんでもない遠回りをしながら遠回りが凄い趣味になってます(笑)
そしてかなり上手く仕上がっているようでよかったですね。

ところでオーダーでアッパー部分は細かいステッチを頼むと、非常に細かい反面目立たなくなる気がします。
これは日本人の靴へのイメージなんでしょうかね?英国寄りなんでしょうか?
米国靴をイメージするとその辺差が出る気がします。
2016.03.01 Tue 23:31
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

PMTさん、こんばんは。


> 1足目でこの仕上がり、しかもこの値段は驚きです。

ありがとうございます。
ここは確か昔、19800円のお試しオーダーみたいなこと
もやっていたかと思います。
その後、オーダー休止されてた時期があって、なかなか
タイミングが合わなかったんですが、今回やっと出来て嬉しいです。


> スタートラインでも復路のスタートといった感じですね。
> 私は往路の途中で寄り道したり、止まったりしているので、
> 折り返し地点までたどりつきません。


たっぷりデザインサンプルは貯めたので、確かに復路ですね(^^ゞ
いつかは自分で作ってみたいです。無類の不器用ですが(笑)



> アメリカ古靴に関しては本を出されたらいかがでしょうか?マジで!
> 本で満足して収集を止める人もいそうですね。
> 実際私は数年前に「NIKE VINTAGE」という本を手にしてから、
> 古いスニーカーを一切買っていません。


先日本屋さんに行ったときに、「Vintage Florsheim」みたいな本が
あれば良いなあ、と思いました。VSAさんとかにも協力してもらって、
「アメリカビンテージ靴の魅力を日独のマニアが徹底解説!」なんて
是非読みたいですねえ(^^ゞ
2016.03.02 Wed 00:06
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

なおけんたさん、

お褒めいただきありがとうございます^_^

いろいろ反省点がありまして、まずトゥの選択を誤りました。
予定ではもっと丸っこくするつもりだったんです(^^ゞ

4連ステッチも、シボ革にしたために目立たなくなっちゃいましたし、
出し縫いの糸も生成りがよかったかな、と。

これらは次回に生かしたいと思っております。

6万円はハンドソーンのオーダー靴としては破格だとは思いますが、
3万円も出せばデッドストックがまだ探せるので、アメリカ旧靴愛好家
としては悩ましいところです(^^ゞ
いっそのこと、ビンテージ靴が手が届かないところまで高騰すれば
諦めてこういう靴を年に2足ずつでもオーダーできるのですが。。。

福岡はここと、例の老舗靴店、そしてホースマンジョーがありますね。
例の議員さんのところも気になってます。。。
2016.03.02 Wed 00:30
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

スニゲーターさん、こんばんは。

> 最初の目標はオーダーだったんですね。
> とんでもない遠回りをしながら遠回りが凄い趣味になってます(笑)
> そしてかなり上手く仕上がっているようでよかったですね。

ありがとうございます。
自分でオーダーしてみて、スニゲーターさんのアドバイスがいかに適切か
よく分かりました^_^

オーダーのサンプル集めのつもりが、いつの間にかこっちにハマったと
いう感じです(^^ゞ サイズがデカいんで、アメリカデッド靴が安く手に
入る、という事情もありました。
いずれはオリジナルの小窓も作りたいですね。“The Europeanblend Shoe”と(笑)


> ところでオーダーでアッパー部分は細かいステッチを頼むと、非常に細かい反面目立たなくなる気がします。
> これは日本人の靴へのイメージなんでしょうかね?英国寄りなんでしょうか?
> 米国靴をイメージするとその辺差が出る気がします。


実はこの靴を見て、そのことを感じました。
ステッチを目立たせるには、スムースレザーにするか、
ステッチの色を工夫する必要がありそうですね。
2016.03.02 Wed 00:39
Edit | Reply |  

Add your comment