http://analyzer.fc2.com/ -->

N.O.S. w/box (旧お気に入りモノ図鑑)

自分の好きなモノ、気になるモノを紹介していくブログです。

Florsheim Venetian Loafer ‘The ROYCE’(early 60s) 


フローシャイムのエラスティック型ヴァンプローファー。




florsheim 84003




1960年?にリリースされた“Magic Top”というニューカテゴリーのワンモデル。



florsheim 84003 3



品番84003。‘The ROYCE’というシリーズのモノで、
この見慣れぬ84品番は、“Black Gold”というカラーに振られたものらしい。




florsheim 84003 2



画像で見た時は“Black Jade”だと思いましたが、届いてみると確かに違う。
端的に言えば「焦げ茶」なのですが、そこに緑も入っているような不思議な色合い。
光の当たり方によっては、たしかにゴールドにも見えます。



florsheim 1961AD magic top




これは61年4月のアド。
ここに“84002”も掲載されています。こっちのモデルには“Black Jade”もあった模様。



florsheim 1961AD magic top2




ちなみにこれは“AB”なので、61年1月製と推定。
おそらく初期ロットなのでは、と。



florsheim 84003 4



もともと“Magic Tops”に興味があり、しかもレアカラーなので、届くのが楽しみでした。
この靴が先日書いたあちこち道草をくってたヤツです(^^ゞ



florsheim 84003 9



独特の色合いもさることながら、フォルムがたいへんキレイ。




florsheim 84003 6



マイサイズということもあり、広告通りの「足を包み込む感覚」。




florsheim 84003 7



革質も申し分なく、高い技術力を感じます。



florsheim 84003 10



思いがけず‘Black Gold’が手に入ったので、当時の茶系レアカラーである
‘Espresso’を探したい。 



florsheim royce espresso



この Front Seam Front の“The ROYCE”なんか最高にカッコいいと思います。







<<↓ 応援クリック宜しくお願い致します。>>
にほんブログ村 ファッションブログ 靴・スニーカーへ
にほんブログ村


Comment

Name - なおけんた  

Title - 

アッパーの縫いのラインがそのままエラスティック部分につながっている流れがいいですね。
スッとした表情が、後のKenmoorとはずいぶん違う雰囲気です。
同じメイカーでこれだけ違うのも時代の流れでしょうか。
いや、いろいろなタイプの靴を作っていたと考えた方がいいのでしょうね。
ロゴを見なかったらフローシャイムとは思えませんね。
2016.02.15 Mon 20:40
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

なおけんたさん、こんばんは。

> アッパーの縫いのラインがそのままエラスティック部分につながっている流れがいいですね。
> スッとした表情が、後のKenmoorとはずいぶん違う雰囲気です。
> 同じメイカーでこれだけ違うのも時代の流れでしょうか。
> いや、いろいろなタイプの靴を作っていたと考えた方がいいのでしょうね。
> ロゴを見なかったらフローシャイムとは思えませんね。


この60年代初期のアメリカ靴ってなかなか魅力的だと思うんです。
色目もお洒落ですし、作りや革質も50sと同等。
デザイン的にも60s末期あたりからのやり過ぎ感がなく、上品な
感じがします。

高級靴はどうしても英国志向なので、当時のアメリカの
大衆レベルの流行を色濃く反映していたのがフローシャイムや
ウェインバーグだったのでしょうね。

特にフローシャイムは全米中に店舗がありましたので、消費者の
ニーズを的確に捉えていたのかもしれません。
73年以降は、逆にそれがアダとなった感がありますけど・・・

2016.02.15 Mon 21:32
Edit | Reply |  

Add your comment