http://analyzer.fc2.com/ -->

N.O.S. w/box (旧お気に入りモノ図鑑)

自分の好きなモノ、気になるモノを紹介していくブログです。

Crockett & Jones ONSLOW 

再発見シリーズ第3弾(^^ゞ



onslow2.jpg



クロケット&ジョーンズのオンスロウ。
定番モデルですね。
これもかなり前に購入したモノ。



onslow5.jpg



カントリーラインのものですが、米国靴のUチップと比べると
非常に上品に見えます。



onslow9.jpg



これ、8.5Eで、サイズピッタリ。
ただ、クラシックなカタチで、悪く言えば寸詰まりなので、
何となく履いた時に小さく見えちゃうんですよね。

私の身長は181cm。全体とのバランスが合わないというか、
足もとだけ異様に小さく見える(^^ゞ



onslow4.jpg




サイズを合わせるのは靴選びの基本中の基本ですけど、
それが必ずしもその人に似合うとは限らない、と。

おそらく私なんかには、ある程度ロングノーズか、サイズを上げて
ウィズを狭める方が良いのでしょう。



onslow6.jpg



ということで、数回履いたものの、靴棚の肥やしとなって久しい(^^ゞ



onslow10.jpg



ただね、見てるとカタチが綺麗なので、履きたくなる。
それで出かけるときに履いてみるんですけど、玄関の鏡でチェック
して、結局他の靴に代える、という(笑)。



onslow3.jpg



アメリカ旧靴に走った一つの理由として、
デッドストックってサイズまで選べないじゃないですか。
基本売れ残り品だから、11Bとか12Aとかになる。
それが私の場合、体とのバランスがちょうど良いんです。



onslow.jpg




私の靴棚や物置からウェストンやC&Jのクラシックラインが出てくる
のはそういう理由が大きい。要は似合わなかった、という(^^ゞ



onslow7.jpg



ロングノーズは紳士靴のトレンドからは外れてますけど、
トンガリ靴はアレとして、高身長の人はある程度ノーズの長い靴
の方が似合うと思いますね。



onslow8.jpg






<<↓ 応援クリック宜しくお願い致します。>>
にほんブログ村 ファッションブログ 靴・スニーカーへ
にほんブログ村



Comment

Name - なおけんた  

Title - 

なるほど,身長と靴長のバランスってありますね。
逆に私は172cmくらいですから,ノーズの長くないもの(こちらの方が好きです)の方がいいのかもしれませんね。

ONSLOWって確か325ラストだったと思うんですが,これ,C&Jの中でももっとも大ぶりなラストで,他のラストに比べてハーフサイズ小さくしても履けるんですよ。
私の足に合っていて,個人的に大好きなラストだったんですが,C&Jはこのラストをあまり使わなくなり,どんどんタイトになっていきました。
昔の方がよかったなあ,という思いです。昔の方がよかったのは価格だけではないんですよね。
2016.02.02 Tue 17:48
Edit | Reply |  

Name - 電池  

Title - 

このシリーズいいですね。見慣れた現行靴が新鮮に見えるこのブログならではの企画ですね。

ところで181もあるんですね!?
私なんて179でクロケットは6.5ですよ。足が小さくてなんとも頼りない印象です。8.5もあれば充分よいバランスではないでしょうか?と思ってしまいます笑
2016.02.03 Wed 00:06
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

なおけんたさん、

> なるほど,身長と靴長のバランスってありますね。
> 逆に私は172cmくらいですから,ノーズの長くないもの(こちらの方が好きです)の方がいいのかもしれませんね。


オールデンのモディファイドもつま先に余裕があるラストなので
8.5Dでいけるのですが、これもバランス良くなくて足元が小さく見えます(^^ゞ
オーダースーツなら体形補正してくれますが、オーダーシューズでは身長との
バランス考えて提案してくれるのでしょうか。。。


> ONSLOWって確か325ラストだったと思うんですが,これ,C&Jの中でももっとも大ぶりなラストで,他のラストに比べてハーフサイズ小さくしても履けるんですよ。
> 私の足に合っていて,個人的に大好きなラストだったんですが,C&Jはこのラストをあまり使わなくなり,どんどんタイトになっていきました。
> 昔の方がよかったなあ,という思いです。昔の方がよかったのは価格だけではないんですよね。


なるほど、大ぶりなラストなんですね。
他のC&Jは9Eとかなので、変だなと思っていました(^^ゞ
ラストも流行り廃りがあるんですね。
2016.02.03 Wed 00:37
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

電池さん、


> このシリーズいいですね。見慣れた現行靴が新鮮に見えるこのブログならではの企画ですね。


ありがとうございます(^^)
一応真っ当な「靴好き」の道を歩んでいた頃の遺物がこうやって発掘されます(^^ゞ


> ところで181もあるんですね!?
> 私なんて179でクロケットは6.5ですよ。足が小さくてなんとも頼りない印象です。8.5もあれば充分よいバランスではないでしょうか?と思ってしまいます笑


人はあまり他人の靴まで見ませんから(私たちは例外ですが w)、自己満の世界ですけど、
一度気になりだしたらずっと気にしちゃいますよね(^^ゞ
スタイリストさんやファッションのプロの人なんか、この辺の身長と靴のバランス
どう考えていらっしゃるのか知りたいですね。

2016.02.03 Wed 01:03
Edit | Reply |  

Name - PMT  

Title - 

こんばんは。

私も身長と靴のバランスはとても気にします。
まあ誰も見ていないのは分かってるんですが。

身長173cmで米靴だとほぼ8Dを履いています。
足のサイズを測定してもらうと7.5Eなのですが、
バランスが悪く感じます。

アウトソールは29.5cmから、コバの張っているもので30cmが
しっくりきます。

身長181cmですと、私見ですが、米靴で9.5、英国靴で9くらいが
バランスがいいと思います。

2016.02.03 Wed 17:54
Edit | Reply |  

Name - なおけんた  

Title - 

325ラストって、カントリーライン用のラストなんですね。
カントリーなので、厚めの靴下を履くことを前提で作っているため、ゆったりとしているのだそうです。
どうりでドレスシューズで使われなくなるわけです。
でも私は、このONSLOWと325ラストによるプレーントゥが大好きだったんですけどねえ。
2016.02.03 Wed 21:06
Edit | Reply |  

Name - Mi  

Title - 

europeanblendさん、皆さん、こんにちは。

なおけんたさんがおっしゃている通り、昔のラストの方が足に合うってことありますよね。
私は現行英靴だと概ね8.5Eなのですが、ほぼ足に合いません(涙)。
それに比べると米製古靴は足に合う事が多く(これが古靴にハマった主因でもありますが)、
欧米人の足型も変化してきているのだろうと考えています。
顔や遺伝子が私に似ているはずの息子の足は、凄くほっそりしていてアメリカ古靴だとBウィズ?
もしかしてAウィズ履けるんじゃないか?ってくらいで密かに羨ましい(笑)。

身長とのバランスだと、私は175㎝くらいですがビール腹で、ちょっとロングノーズの方が良く見えるようです。
イタリア靴も良く履くのですが(おとなしめのデザインのもの)、
靴で女性に褒められたことがあるのはほぼ100%イタリア産です(笑)。
さすがイタリア人は良くわかっていらっしゃるようで(笑)。

あと全然話は変わりますが、Super8Shoesさんのブログでオールドアレンの呼称について触れられてますね。
チャーチになぞらえて旧アレン、旧旧アレン、旧旧旧アレンと分類されてます。
なおきさんがおっしゃっていたように、出し縫いが白いアレンは買ってもよい品質を保っている点とか、
また時代的にもおおざっぱにチャーチの旧、旧旧等の分類に合致しているとかの点で、
なかなか的を射た呼称だと思いましたがいかがでしょうか。

2016.02.04 Thu 01:42
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

PMTさん、こんにちは。


やはり気になりますよね(^^)
ジャケットもVゾーンは人によって必ず似合う位置が違う
ということですし、全体のバランスというのは重要かと。
そこまで気にしてくれる靴屋さんはあまりないと思います。


> 身長181cmですと、私見ですが、米靴で9.5、英国靴で9くらいが
> バランスがいいと思います。

なるほど。
これは私の基本ベストサイズです。
パンツの裾幅や折り返し幅なんかも大きな要素ですよね。
2016.02.04 Thu 08:45
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

なおけんたさん、

> 325ラストって、カントリーライン用のラストなんですね。
> カントリーなので、厚めの靴下を履くことを前提で作っているため、ゆったりとしているのだそうです。
> どうりでドレスシューズで使われなくなるわけです。
> でも私は、このONSLOWと325ラストによるプレーントゥが大好きだったんですけどねえ。


なるほど、そうなんですね。
道理で8.5でジャストなわけです。
なおけんたさんは本当にこの辺ブレないですよね。
私も自分のスタイル、みたいなモノを持ちたいです(^^ゞ
2016.02.04 Thu 08:49
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

Miさん、こんにちは。


> 欧米人の足型も変化してきているのだろうと考えています。


戦前のモノはやはり小さいですよね。
50s辺りから大きめサイズが見つかることからも、
やはり戦後のアメリカ経済の発展に伴って、あちらの方の体格も
向上してきたように思います。


> 顔や遺伝子が私に似ているはずの息子の足は、凄くほっそりしていてアメリカ古靴だとBウィズ?
> もしかしてAウィズ履けるんじゃないか?ってくらいで密かに羨ましい(笑)。


最近の若者は食生活の西洋化からなのか、欧米人の体形に近付いてるのかも。
私は仕事柄、若い人と接する機会が多いのですが、それを感じます。
実に羨ましいですね^_^



> 身長とのバランスだと、私は175㎝くらいですがビール腹で、ちょっとロングノーズの方が良く見えるようです。
> イタリア靴も良く履くのですが(おとなしめのデザインのもの)、
> 靴で女性に褒められたことがあるのはほぼ100%イタリア産です(笑)。
> さすがイタリア人は良くわかっていらっしゃるようで(笑)。


服も人によって似合う色や形があるように、靴もそういうモノがあるのでしょうね。
イタリア靴、私にとっては未開のフロンティアです。
確かに女性ウケしそうですね。これがいちばん重要かも(^^ゞ




> あと全然話は変わりますが、Super8Shoesさんのブログでオールドアレンの呼称について触れられてますね。
> チャーチになぞらえて旧アレン、旧旧アレン、旧旧旧アレンと分類されてます。
> なおきさんがおっしゃっていたように、出し縫いが白いアレンは買ってもよい品質を保っている点とか、
> また時代的にもおおざっぱにチャーチの旧、旧旧等の分類に合致しているとかの点で、
> なかなか的を射た呼称だと思いましたがいかがでしょうか。


なるほど、これは今まで気づきませんでした。
確かにチャーチと時代的にもほぼ呼応しますんで、うまいネーミングですね。
いただきましょう(笑)
それにしてもアレンのデッドってなかなか出ませんねえ。
旧旧くらいで良いんですが。。。
2016.02.04 Thu 09:15
Edit | Reply |  

Add your comment