http://analyzer.fc2.com/ -->

N.O.S. w/box (旧お気に入りモノ図鑑)

自分の好きなモノ、気になるモノを紹介していくブログです。

コードバン裂ける。。。 


(APロイター=共同 福岡発)
1月22日午後8時頃、福岡市において、E氏所有のフローシャイムインペリアル・コードバン
ロングウィングが裂けるという事案が発生。E氏は突然の悲劇に茫然としている。
現場はE氏の職場。この日初めてこの靴を履いて出勤したE氏は、自分が手塩にかけて
手入れをしたフローシャイムにご満悦。仕事そっちのけで足元を見てはニヤニヤ。
しかし、席に座り足を組んだ瞬間、E氏の視界に入ったのは右足内側の奇妙な白いモノ。
「何だゴミか。どこで付いたんだ。」 E氏がそのゴミをとろうと触ったところ、それは綿のような
物体。そして次の瞬間、彼が目にしたモノは世にもおぞましい光景であった。
「ぎゃあ~!!」職場に響くE氏の悲鳴。
見ると、彼のフローシャイムは右足内側が裂け、中から何やら白い贓物が飛び出て、
凄惨な姿をさらしていたという。
この痛ましい事件に、本人のみならず、旧靴関係者も大きなショックを受けている。



ripped.jpg




(週刊NOS 「福岡・フローシャイム切り裂き事件、本人を直撃!」)

関係者に大きな衝撃をもたらしている福岡コードバン切り裂き事件。
本誌記者は九州に飛び、件のE氏に独占インタビューを敢行。
生々しい当時の様子が本人の口から語られた。

「すいません、週刊NOSですが」
「今は、ちょっと、、、勘弁して下さい」
「貴重な77年のコードバンが裂けた今のお気持ちを一言だけ」
「くぁwせdrftgyふじこlp!」

どうもまだ動揺しているようだ。
本人が落ち着くのを待って詳しく話を聞いてみた。

「裂けた瞬間の状況を」

「いや、それがよく分からないんです。
ただ、コバ周辺にもぶつけたような跡があるので、クルマの
運転しているときにペダルに擦ったのかもしれないな、と。。。」

「その程度で裂けるモノなんですか?」

「いや、そうなんですが、それくらいしか思い当たらなくて」

「情報によれば、あなたは直前に漬け置き洗いしてますよね。
それが革を弱くした、というような可能性は?」

「はい。確かにそれは否定できないですが。。。」

「あるいはその後の手順に何か問題があったのでは?」

「いつも通りの手順で。。。すいません、もういいですか。。。」

涙ぐむE氏。

「貴重なフローシャイム・コードバンがこうなってしまったワケですが、
今の率直なお気持ちは?」

「いかなる犠牲、いかなる危険を伴うとも、人生の中でいちばん危険なのは
何もなさないことである、とJ.F.ケネディは言った。」

「はあ?」

「ううっ、私はあ!このフローシャイムうお!この旧靴うお!変えたくてえ!
そういう問題うぉほうおー、解決したいがために、はぅ、俺はねえ、うはあははーん!」

また動揺したようだ。
こちらもかわいそうになってきた。

「それでは最後に。この件は今後の収集意欲に影響を与えますか?」

「ウうっ、グスっ、 あ~、うっ、そうですね、しばらく立ち直れないかと。。。
でもこれ、ほら、他の部分はまだ使えるでしょ?
カスタムの材料にはなると思うんですよね。
で、ほら、こっちの靴を見て下さい。
この靴にね、このコードバンのここを張り付けるとね、」

「あ、はいはい。ありがとうございました。」

どうも旧靴マニアというのは懲りない人たちであるようだ。





<<↓ 応援クリック宜しくお願い致します。>>
にほんブログ村 ファッションブログ 靴・スニーカーへ
にほんブログ村


Comment

Name - 電池  

Title - 

うわあああぁぁぁ!!!
最早ホラーです。心中お察し致します。

コードバンはシワから割れるものだと思ってました。色んなパターンがあるんですね。しかし、強打したかのような激しいクラックですね。洗浄はやはりダメージになるのか、関係なく単純に寿命だったのか…

70sでも、このように激しい崩壊をしてしまうとなると…やはり現行なのでしょうかね。70sとなると、英靴に逃げても何ら意味はありませんね。悩ましい…
2016.01.24 Sun 19:57
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

電池さん、

よーく思い出してみると、この部分、最初から何か塗ったように
色が違ったんです。

あるいは傷を補修した跡だったのかもしれません。

ただ、以前から思ってたのですが、この時代のフローシャイムや
ハノーバー、そしてJ&Mのコードバンはオールデンよりイマイチの
印象があります。60sフローシャイムは良いのですが。
2016.01.24 Sun 22:51
Edit | Reply |  

Name - 電池  

Title - 

コードバンの質についてです。

私も同感です。
手許のペアだと
72年florsheim
80sBostonian CW
は後期ですが高品質かと思います。

しかしながら、
70s後期florsheim
HanoverLBS
は薄く、フィット感も悪く、嘘くさい質感です笑

やはり、元の品質が良い方が長持ちするんでしょうかね。
2016.01.24 Sun 23:06
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

電池さん、返信ありがとうございます。


> コードバンの質についてです。
>
> 私も同感です。
> 手許のペアだと
> 72年florsheim
> 80sBostonian CW
> は後期ですが高品質かと思います。


うんうん、この辺普通のカーフもそうですよね。
初期のCWもなかなか素晴らしいですし。


> しかしながら、
> 70s後期florsheim
> HanoverLBS
> は薄く、フィット感も悪く、嘘くさい質感です笑

やっぱりそうですよねえ。
60sコルファムの方が勝ってる気さえします(笑)。


> やはり、元の品質が良い方が長持ちするんでしょうかね。


少なくともやはりオールデンは安心できますよね。
高いですし、旧靴愛好家としてはつまんない結論ですけど(^^ゞ
2016.01.24 Sun 23:22
Edit | Reply |  

Name - スニゲーター  

Title - 

いつもは使わない表現をばんばん使っているところに動揺が見えますね(笑)
かくいう私も先日ブログに乗せたWEYENBERGのU-wingの踵が割れているのを発見し、悲しみにふけています。
まあ私はあまり修理に抵抗ないのですが、革靴は綺麗でナンボという価値観もありますからつらいところですね。
2016.01.25 Mon 00:37
Edit | Reply |  

Name - なおけんた  

Title - 

記事の文章構成としてはとてもよくできていて,非常に面白い読み物なんですが,ネタがネタだけに複雑な心境で読ませてもらいました。

ペダルにぶつけたくらいで裂けるというのは考えにくいので,やはりその箇所が弱っていたか,初期ダメージがあったんでしょうね。
コードバンは強いという神話にも警鐘を鳴らす出来事かなと思います。
万能の強さではないというか,革にとっては状態や環境が大切というか・・・。
古靴の取扱いのむずかしさがここにあるんでしょうね。
2016.01.25 Mon 10:21
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

スニゲーターさん、

> いつもは使わない表現をばんばん使っているところに動揺が見えますね(笑)
> かくいう私も先日ブログに乗せたWEYENBERGのU-wingの踵が割れているのを発見し、悲しみにふけています。
> まあ私はあまり修理に抵抗ないのですが、革靴は綺麗でナンボという価値観もありますからつらいところですね。


カカトのヒビ割れは旧靴の宿命ですよね。。。
安く修理できるので、私もあまり気にならないです。
でもこういう部分は修理不能なのでカスタム部材に再利用するくらいしか。。。

こういうのは「なかったこと」にして、そっとしまっておくモノなのでしょうが、
実はけっこうあるのではないかと思います。
2016.01.25 Mon 14:30
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

なおけんたさん、


> コードバンは強いという神話にも警鐘を鳴らす出来事かなと思います。
> 万能の強さではないというか,革にとっては状態や環境が大切というか・・・。
> 古靴の取扱いのむずかしさがここにあるんでしょうね。

インスタで2件ほどフローシャイムコードバンが割れた、という
コメントを頂きました。ハノーバーLBSSのコードバンもそうですが、
何かオールデンと違うんですよね。経年変化もあるんでしょうけど。

以前、ハノーバーのコードバンデッドが高値で落札されてた記事
書きましたけど、あそこまで上がるのなら、個人的にはオールデン
が無難かな、と。。。

国産コードバンとか、最近出てきたイタリア製コードバンはどうなのか
興味があります。できればオールデンコードバンと比較した感想が
あると分かりやすいのですが。
そういう意味で、なおけんたさんのハシモト靴興味津々です。
2016.01.25 Mon 14:42
Edit | Reply |  

Name - Mi  

Title - 

europeanblendさん、皆さん、こんにちは。

大阪の靴磨き職人さんで、ダンディズム というお店をやってらっしゃる方がいます。
こちらでは話題になったことが無いと思いますが、個人的にはこの方は天才ではないかと思っています。
靴・革に対する磨き・手入れの方法などについては、私はこの方とほぼ同じ意見です。
また、靴について考え抜く姿勢には、私はアマチュアですがとても共感しています。

裂けたコードバンを直すのは無理でしょうが、万が一できるとしたらこの方ではないでしょうか。
修理費用が入手価格に見合うかどうかはわかりませんが…(^_^;)
2016.01.25 Mon 19:35
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

Miさん、こんばんは。


> 大阪の靴磨き職人さんで、ダンディズム というお店をやってらっしゃる方がいます。
> こちらでは話題になったことが無いと思いますが、個人的にはこの方は天才ではないかと思っています。
> 靴・革に対する磨き・手入れの方法などについては、私はこの方とほぼ同じ意見です。
> また、靴について考え抜く姿勢には、私はアマチュアですがとても共感しています。


HP拝見しました。
寡聞にして知りませんでしたが、ネットでも称賛する声が多いですね。
実に興味があります(^^)

ブリフトアッシュさんに行く前は多少舐めてたところがあったのですが(^^ゞ
もう目からウロコでした。

私は少しボウリングをしますが、やはりプロボウラーはスゴイと思います。
同じようにゴルフをされる方はプロゴルファーのすごさを具体的に指摘できる
と思うんです。やはり自分がやってるから、より上級の技術が見える部分が
あるのでしょう。

靴磨きも同じように思いました。やはりプロはスゴイ、と。



> 裂けたコードバンを直すのは無理でしょうが、万が一できるとしたらこの方ではないでしょうか。
> 修理費用が入手価格に見合うかどうかはわかりませんが…(^_^;)



お店を教えて下さり、ありがとうございますm(__)m
何かこれで面白い修理やカスタムができればと思っています。


2016.01.25 Mon 22:27
Edit | Reply |  

Name - 電池  

Title - 

Miさん

私はその靴磨き屋さんに行ったことがあります。独特の考え方をお持ちで魅力的な方でした。エナメルの補修などもされているようです。施術中には美味しいコーヒーもご馳走してくださりますよ。
2016.01.25 Mon 23:00
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

電池さん、

おお、行かれたことあるのですね。
BONTAさんといい、このお店といい、大阪は良いですね~ヽ(^。^)ノ
2016.01.25 Mon 23:28
Edit | Reply |  

Name - なおけんた  

Title - 

そういえば,Super8Shoesさんでは,コードバンを被せて縫い付けるリペアをされてました。
浅草コブラーさんも革を被せるリペアをしてましたね。
リペア価格は高いと思いますけど,柔軟な考えをもったリペア職人さんはいろいろいるもんですね。
2016.01.26 Tue 07:32
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

なおけんたさん、


> そういえば,Super8Shoesさんでは,コードバンを被せて縫い付けるリペアをされてました。
> 浅草コブラーさんも革を被せるリペアをしてましたね。
> リペア価格は高いと思いますけど,柔軟な考えをもったリペア職人さんはいろいろいるもんですね。


浅草コブラーさんもこの修理やって下さるのですね^_^
実はこの方向で考えてみようかと思っていました。

このコードバンに限らず、旧靴は耐久性に問題を抱えてるので、
こういうリペアを逆手に取ったカスタム、というのは良いですね。
新たなトレンドになる予感がします。
2016.01.26 Tue 13:46
Edit | Reply |  

Add your comment