http://analyzer.fc2.com/ -->

N.O.S. w/box (旧お気に入りモノ図鑑)

自分の好きなモノ、気になるモノを紹介していくブログです。

ボストニアン 1962年カタログ 


お気付きの方もいらっしゃるでしょうが、


ここ に1962年のBostonianのカタログがアップされています。

貴重な資料なので、保存されることを推奨致します。

フローシャイムの年代研究もされており、例のS品番の年代も。
気付かれておりますね(^^ゞ

ただその他の細かな年代特定は日本の方がまだアドバンテージがあるようです。。。






<<↓ 応援クリック宜しくお願い致します。>>
にほんブログ村 ファッションブログ 靴・スニーカーへ
にほんブログ村




Comment

Name - PMT  

Title - 

とてもいい資料ですね。早速保存しました。
このカタログの現物があれば店によってはそこそこの値段が付きそうですね。

私は古着は着ますが(とはいってもかなりきれいな物)、
古靴はどうしても抵抗があって履けません。
おかげで数は増えすぎませんが、お宝を苦渋の選択でスル―してしまっています。

靴のにおい、カビ対策にはモールドクリーナーを使っています。
デッドストックでも長期保存で若干カビ臭のする物もありますが、
モールドクリーナー+日陰干しで解消しています。
2016.01.16 Sat 10:06
Edit | Reply |  

Name - なおけんた  

Title - 

これはいい情報ありがとうございます。
さっそく、お気に入りに登録しました。

イラストだけでなく、写真も掲載しているんですね。
昔のボストニアンの靴の良さが伝わってきます。
後年のCrown Windsorもいい革を使ってますが、個人的には60s以前の個体の方がやはり革はいいと思うのですが、60s以前の個体がなかなか出てきませんよね。
2016.01.16 Sat 11:12
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

PMTさん、こんにちは。


> とてもいい資料ですね。早速保存しました。
> このカタログの現物があれば店によってはそこそこの値段が付きそうですね。


カタログ関係も意外と良い値が付くことがありますよね。
フローシャイムの古いモノなんか100ドル超えたり(^^ゞ


> 私は古着は着ますが(とはいってもかなりきれいな物)、
> 古靴はどうしても抵抗があって履けません。
> おかげで数は増えすぎませんが、お宝を苦渋の選択でスル―してしまっています。


やはりそういう方多いと思います。
私も基本デッド派ですから。
古いモノ、レアモノは圧倒的にユーズドが有利ですし、
経済的にも、最近は買ってくれる人も多いので、お財布にやさしい。

デッドを履き下ろすというのは最高に贅沢ですね(^^)


> 靴のにおい、カビ対策にはモールドクリーナーを使っています。
> デッドストックでも長期保存で若干カビ臭のする物もありますが、
> モールドクリーナー+日陰干しで解消しています。


なるほど。最初からモールドクリーナーを使うという発想はありませんでした。
これはさっそく真似してみます。ありがとうございます。
2016.01.16 Sat 11:26
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

なおけんたさん、こんにちは。


> イラストだけでなく、写真も掲載しているんですね。
> 昔のボストニアンの靴の良さが伝わってきます。
> 後年のCrown Windsorもいい革を使ってますが、個人的には60s以前の個体の方がやはり革はいいと思うのですが、60s以前の個体がなかなか出てきませんよね。


各ラインの説明が細かいので、なかなか貴重な資料だと思います。
コレ見てて、ボストニアンの年代判別を厳しくしすぎていたことに気付きました(^^ゞ
おっしゃる通り、60s以前のモノが安全ですよね。
クラウンウィンザーもデッド(か超ミント)じゃなければ、個人的にはあまり食指が
動かないです。

それにしてもこのカタログのコードバンモデルなんかソソりますね(^^ゞ
2016.01.16 Sat 11:54
Edit | Reply |  

Name - tomojin329  

Title - 

貴重な情報を教えて頂き有難うございます(^^)

しかしこうしたカタログを見てしまうと、
あれも欲しいこれも欲しいとなって危険ですね^^;
個人的には17ページのモデルの羽根の付け根部分のデザインなんかも面白いなぁと感じています。
そしてデザインは豊富ですが、どれもやり過ぎていない所が良いですね。
2016.01.17 Sun 05:26
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

tomojin329さん、こんにちは^_^

> 貴重な情報を教えて頂き有難うございます(^^)
> しかしこうしたカタログを見てしまうと、
> あれも欲しいこれも欲しいとなって危険ですね^^;
> 個人的には17ページのモデルの羽根の付け根部分のデザインなんかも面白いなぁと感じています。
> そしてデザインは豊富ですが、どれもやり過ぎていない所が良いですね。


tomojin329さんがいちばん興味があるのでは、と思いました^_^;
靴屋さん向けのカタログだったようですね。
だとすると、もっとデッドが見つかってもよいような気もしますが。。。
お気付きかと思いますが、このロゴ、60s初期にはもう使われてたんですね。
私はこれ、60s中期以降だと思ってました。
5年くらい厳しめに判定してたことになります。
でもま、良く目にするモノは実際そのあたりの年代ですけど。

当然といえば当然ですが、まだ50sの香りがしますね。
おっしゃるように大人しめのデザインで。

でも60sは若干怖いですね。
コルファムもあるし、セメントもありますから。
2016.01.17 Sun 15:03
Edit | Reply |  

Name - Mi  

Title - 

これは素晴らしい資料ですね。貴重な情報を大変ありがとうございます。

ところで、いにしえのボストニアンというと、
見かけるラインとしては1950年には存在したと思われるfootsaverラインと、
もうひとつたまに見かけるのがchallengersラインです。
googole newspaperで検索するとchallengersラインが1930年代から見られ、
また1965年にも出てくるので、footsaverと同様結構長い間作られていたと考えていたのですが、
この1962年製カタログにはchallengersラインは掲載されていないようですね。
ちょっと謎なのですが、実際に見かけるchallengersの靴はかなり古い年代と思われることがほとんどなので、
challengersといったら少なくとも1960年代初期以前という判定で良さそうかと考えております。大変参考になりました、ありがとうございました。
2016.01.17 Sun 23:29
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

Miさん、

言われてみれば、Challengersラインが載ってないですね。
おっしゃるように、Footsaversと共に永きにわたって存在したライン
と認識しております。

何となくですが、インソールのロゴに“Famous”と入るのモノの方が
若干新しい年代のように見えます。
筆記体は少なくとも50s以前でしょうね。



2016.01.18 Mon 10:56
Edit | Reply |  

Add your comment