http://analyzer.fc2.com/ -->

N.O.S. w/box (旧お気に入りモノ図鑑)

自分の好きなモノ、気になるモノを紹介していくブログです。

Florsheim Imperial Kenmoor (50s) 


アメリカ旧靴の定番、フローシャイム・インペリアル。



florsheim imperial 50s 2




これは手書き表記のケンムール・ロングウィング。



florsheim imperial 50s 9



“F9”の表記から、59年製と推定されます。
品番はおなじみ「92604」。



florsheim imperial 50s 11




フローシャイム・インペリアルのデビューは1957年。



florsheim imperial 50s 10



いわゆる“初期インペリアル”が手書き表記であることは rossimaniaさん
により判明しておりますが、インペリアルが少なくとも59年までは
手書き表記であった、ということが確認できたことになります。



florsheim imperial 50s 13




おそらく当初は特別モデル的な扱いだったのでしょう。



florsheim imperial 50s 5




さて、肝心のディテールですが、手持ちの60sの「92604」とほぼ同じ。



florsheim imperial 50s 6




ただ、革質は若干50sの方が柔らかい気がします。
初期ロイヤルインペリアルの Concord に近い感じですが、
それより厚みが感じられます。



florsheim imperial 50s 3





この辺は個体差や保存状態もあるので、あくまで手持ちのモノと比べて、ですが。



florsheim imperial 50s 8



茶系だともっと革質の違いが顕著だったかもしれませんが、
黒で、なおかつシボ革だとイマイチ分かりづらいですね。

残念ながら、ヒールは交換されています。
オリジナルが見たかった。。。



florsheim imperial 50s



それにしても、フローシャイムの解析はこの2年間あまりで
すごい進展をみせましたね。 昔日の感があります。

某有名リサイクルチェーンのフローシャイムも年代判別がきちんと
なされていて、それなりの値付けも。
いろんな意味で「ここまで来たか。。。」と(^^ゞ


この初期インペリアルの箱付きデッドなんて出た日には
争奪戦必至でしょうね。。。





<<↓ 応援クリック宜しくお願い致します。>>
にほんブログ村 ファッションブログ 靴・スニーカーへ
にほんブログ村



Comment

Name - PMT  

Title - 

こんばんは。

フローシャイム・インペリアル、ヴィンテージジーンズならば、
LEVI'S501といったところでしょうか?
こちらの記事のインペリアルは501XX,
希少価値でいうとそれ以上ですね。

私はインペリアルのあまり古い物は履いたことはありませんが、
いままで3足履きました。どれも想い出深いです。
この初期インペリアルの箱付きデッドが出てきたら、
相当額をつぎ込んでしまうことは間違いありません。
2016.01.10 Sun 18:12
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

PMTさん、こんばんは。


> フローシャイム・インペリアル、ヴィンテージジーンズならば、
> LEVI'S501といったところでしょうか?
> こちらの記事のインペリアルは501XX,
> 希少価値でいうとそれ以上ですね。

どの世界も同じで、ちょっと深入りするとより希少なモノに
傾く傾向があるようです(^^ゞ
コレクターの業と言うのでしょうか(笑)
困ったものです。


> 私はインペリアルのあまり古い物は履いたことはありませんが、
> いままで3足履きました。どれも想い出深いです。
> この初期インペリアルの箱付きデッドが出てきたら、
> 相当額をつぎ込んでしまうことは間違いありません。


インペ、ロイヤルインペの箱付きデッドは今や完全に
コレクターズアイテムですよね。
初期インペのデッド、買えなくてもいいから、画像だけでも見たいです。
2016.01.10 Sun 18:44
Edit | Reply |  

Name - なおけんた  

Title - 

Florsheim Imperial の50sの個体にはまだお目にかかったことがありません。
手書き文字が目安なんですね。
中敷きのロゴはその後のものと変わらないんでしょうね。

以前、なおきさんが指摘されたと思うんですが、60s(70s初頭ぐらいも含めて)の個体は、羽根の穴飾り部分が少し盛り上がっているという特徴がありますよね。70s以降はこれが平面的です。革質の違いからなのか、製造上の違いからなのかわかりませんが。こちらの50sも画像を見る限りは少し盛り上がっている感じがしますね。60s以前と70s以降の違いがここにもあるように思います。

でも、60sと50sでも違いがあるわけで、こういうのを見ると、欲しくなっちゃいますねえ。
目の毒であり目の保養でもあります。
2016.01.10 Sun 19:20
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

なおけんたさん、こんばんは。


> Florsheim Imperial の50sの個体にはまだお目にかかったことがありません。
> 手書き文字が目安なんですね。
> 中敷きのロゴはその後のものと変わらないんでしょうね。


はい、中敷きロゴも同じです。
他にもいくつかこの手書きインペ見かけたことがありますが、
いずれも50s後半だったので、まず間違いないかと。



> 以前、なおきさんが指摘されたと思うんですが、60s(70s初頭ぐらいも含めて)の個体は、羽根の穴飾り部分が少し盛り上がっているという特徴がありますよね。70s以降はこれが平面的です。革質の違いからなのか、製造上の違いからなのかわかりませんが。こちらの50sも画像を見る限りは少し盛り上がっている感じがしますね。60s以前と70s以降の違いがここにもあるように思います。


なるほど。
やはり革質の違いが大きいのかもしれませんね。



> でも、60sと50sでも違いがあるわけで、こういうのを見ると、欲しくなっちゃいますねえ。
> 目の毒であり目の保養でもあります。


手許に65年の同品番があり、見比べたのですが、正直はっきりとした違いを感じられませんでした(^^ゞ
気持ち革質が50sの方が良いような気がしますが、65年のはまだノーケアなので。。。

rossimaniaさんの50sインペPTB(茶)なんかを見ると、画像からでも革質の圧倒的オーラが
感じられます。インペリアルもロイヤルと同じように初期は気合いが入ってた、という
ことは言えますでしょうか。
是非とも茶系を手にしたいところです(^^ゞ
2016.01.10 Sun 20:12
Edit | Reply |  

Name - スニゲーター  

Title - 

年始から飛ばす良い靴ですね。
やはり手書きは心をくすぐります。アメリカの手書き文字靴一足ほしいです・・・。
初期からこの造り。多少の劣化はありますが、その後もずーっと続いているのは、完成されたデザインだからなのでしょうね。

しかしこの時代のシボ革ってなんだか特殊だと思うのは私だけでしょうか?
特に黒だと後の時代には無い輝きがあると思いのですが・・・。
2016.01.10 Sun 20:54
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

スニゲーターさん、こんばんは。


> 年始から飛ばす良い靴ですね。
> やはり手書きは心をくすぐります。アメリカの手書き文字靴一足ほしいです・・・。
> 初期からこの造り。多少の劣化はありますが、その後もずーっと続いているのは、完成されたデザインだからなのでしょうね。


手書きはそそりますね。英国靴だと普通なのですが、大量生産のアメリカ靴だと
確かにスペシャル感がありますね^_^
J&MやFrench shrinerなんかでは意外とよく見ますが。


> しかしこの時代のシボ革ってなんだか特殊だと思うのは私だけでしょうか?
> 特に黒だと後の時代には無い輝きがあると思いのですが・・・。


確かに磨いてて、簡単に光る感じはします。
手入れしてて楽しいというか。
初期ロイヤルのコンコルドと同種の革のような印象です。
2016.01.10 Sun 21:25
Edit | Reply |  

Name - Mi  

Title - 

おお、インペリアル手書き! 印字の60年代製とそんなに違いはないのでしょうが、
どうしても反応してしまうのは、やはり私もコレクターなんでしょうか(笑)。

手書きから印字に変わるタイミングですが、ちょうど60年製と思われるインペリアルで
手書きの個体をeBayで見たことがあったような… 
本年も変わらず大ざっぱな情報ですみません(笑)。

本界隈ではご高名な“おじおじ”さんのブログに、60年代製として羽根の形が異なるインペリアルが紹介されていますが、
これは実は手書きラインのインペリアルの特徴ではないかと睨んでいます。
この羽根の形、実物で比べると良くわかるのですが、写真だと違いがなかなかわかりづらい気がします。
europeanblendさんの今回のインペリアルに関してはいかがでしょうか?

それとスニゲーターさんのおっしゃる通り、この時代の黒のしぼ革って独特の質感がありますね。
多少は表面を加工しているのでしょうが、かなり光る感じで…黒という色にもそれぞれ違いがあるのだなと得心させてくれます。
個人的にはこの光る黒は気に入っておりまして、私の普段履きローテーションには、
60年代フレンチシュライナー内羽根ウイングと70年代ケン様が入っております。
2016.01.11 Mon 02:57
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

Miさん、こんにちは^_^


> おお、インペリアル手書き! 印字の60年代製とそんなに違いはないのでしょうが、
> どうしても反応してしまうのは、やはり私もコレクターなんでしょうか(笑)。


もう完全に趣味の世界ですね(^^ゞ
そもそもそうではあるのですが。。。
Miさんは立派なコレクターでいらっしゃるかと。
私は愛好家ということにしといてください(笑)。


> 手書きから印字に変わるタイミングですが、ちょうど60年製と思われるインペリアルで
> 手書きの個体をeBayで見たことがあったような… 
> 本年も変わらず大ざっぱな情報ですみません(笑)。


やはりそうですか。そんな感じはしてました。
それは「0」だったのでしょうか?


> 本界隈ではご高名な“おじおじ”さんのブログに、60年代製として羽根の形が異なるインペリアルが紹介されていますが、
> これは実は手書きラインのインペリアルの特徴ではないかと睨んでいます。
> この羽根の形、実物で比べると良くわかるのですが、写真だと違いがなかなかわかりづらい気がします。
> europeanblendさんの今回のインペリアルに関してはいかがでしょうか?


70年代のモノとは微妙に羽根の形状が違いますね。
65年と59年では同じに見えます。
ただ、その65年と59年でも革質の違いからか、50sの方がこんもり盛りあがってる
ような感じがします(これは結構明らかに)。おじおじさんのもそんな感じに見えますね。


> それとスニゲーターさんのおっしゃる通り、この時代の黒のしぼ革って独特の質感がありますね。
> 多少は表面を加工しているのでしょうが、かなり光る感じで…黒という色にもそれぞれ違いがあるのだなと得心させてくれます。
> 個人的にはこの光る黒は気に入っておりまして、私の普段履きローテーションには、
> 60年代フレンチシュライナー内羽根ウイングと70年代ケン様が入っております。


私も80sから70s→60s→50sへとインペリアル系遡ってきて、やはり70sと60sの革質の落差を
いちばん感じます。それに比べれば60sと50sの違いはわずかです。
ただ私たちはその「わずかな差」が気になる人種なので(^^ゞ
これも個体差、保存状態にもよると思うので、正確にはあと数足集めないと確言できないです
けれども。
2016.01.11 Mon 12:43
Edit | Reply |  

Name - 電池  

Title - 

お久しぶりです。

年始から飛ばしていますね!
Florsheim IQは古靴の入口でありながらゴールでもありますよね。奥が深い。
羽根の細かな形状の違いは確かに感じます。最近他の部分での年代判別が可能になってしまいあまり目を向けることがありませんでしたね。

ところで、60年製と思われる手書きインペリアルの画像をブログにアップしました。一度ご覧になってください。個人的には60年で間違いないと思うのですが…
2016.01.11 Mon 19:07
Edit | Reply |  

Name - Y  

Title - 

いつも拝見し、大変楽しく、勉強させていただいております。
ありがとうございます!
ぜひ、実物をみてみたいものです。

質問コーナーでないことは承知しておりますが、先日、某オークションサイトで気になるペアを見つけまして、もし気が向きましたらご教授ください。

レギュラーラインのフローシャイムのロングウイングチップ。
ヒールは以前europeanblend様が紹介されていた50sのラバー製。
履き口周りにはブローグ無し。
タン裏にはフェルト。
インソールの記号部分は画像無し。
いう仕様です。

少し検索もしてみましたが、見つからず、でも気になって仕方なく、こちらに書き込ませていただいたしだいです。

いずれにしてもこれからも楽しみに読ませていただきたいと思います。
失礼しました。

2016.01.11 Mon 22:02
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

電池さん、こんばんは。


> Florsheim IQは古靴の入口でありながらゴールでもありますよね。奥が深い。
> 羽根の細かな形状の違いは確かに感じます。最近他の部分での年代判別が可能になってしまいあまり目を向けることがありませんでしたね。


羽根での判別は間違ってなかったと、今更ながら確信が持てました。
結局のところ、おりっちさんの一言で決まってしまいましたが(^^ゞ


> ところで、60年製と思われる手書きインペリアルの画像をブログにアップしました。一度ご覧になってください。個人的には60年で間違いないと思うのですが…


拝見しました。
そちらにもコメントしますが、間違いなく60年のPTBですね。
売主が価値が分かってないと良いのですが。。。(笑)
私がインスタに内部表記の写真をあえて入れなかったのは
向こうの人にあまり知られたくなかった、というのがあります。

ビンテージリーバイスが良い例で、向こうの人が知ってしまうと
あまり良いことがありませんから。。。(^^ゞ

あちらでもグッドウィルやサルベーションアーミーなんかを回って
せどりしてる人がいて、高く売れるものはないか、と日本の動向を
注視しているようなので。

2016.01.12 Tue 00:20
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

Yさん、はじめまして。

温かいお言葉、ありがとうございます。
質問大歓迎です。
お役に立てるかどうかはアレですけど(^^ゞ

なんかとっても貴重そうなフローシャイムですね!

宜しければそのURLをお教えいただけないでしょうか?
拙い知識しか持ちませんが画像があれば何か分かるかもしれませんので。

コメント欄下の「非公開コメント」にチェックして頂ければ
公開されませんので。

宜しくお願いします。
2016.01.12 Tue 00:30
Edit | Reply |  

Name - No Name  

Title - 

いつも楽しく拝見させて頂いております。

蛇足かもしれませんが、、、手書きインペリアルの製造について67年か61年と
思料されるものを保有しており書き込みさせて頂きました。

内部表記は次の通りです。
710616 20
10 1/2 C
93301   H7  ⇒手書きなので「H1」の様にも見えます・・・

所有者としては、古い方と信じたいのですが、手書きが1970年近くまで
製造されていたのは、違和感ありますでしょうか。
2016.01.12 Tue 02:01
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

No Nameさん、はじめまして。
たいへん貴重なご報告、ありがとうございます。


> 蛇足かもしれませんが、、、手書きインペリアルの製造について67年か61年と
> 思料されるものを保有しており書き込みさせて頂きました。
> 内部表記は次の通りです。
> 710616 20
> 10 1/2 C
> 93301   H7  ⇒手書きなので「H1」の様にも見えます・・・
>
> 所有者としては、古い方と信じたいのですが、手書きが1970年近くまで
> 製造されていたのは、違和感ありますでしょうか。


おそらくそれは「7」で、57年製と思われます。
このような英字+数字はレギュラーラインでも57年~59年特有のものであること、
60s以降でもオーダーライン等では手書き表記個体がありますが、英字+英字表記
であること、が根拠です。

それにしても「93301」とは初めて見る型番です。
どのような仕様なのか興味があります(^^)

とってもスゴイと思います!
2016.01.12 Tue 11:52
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

Yさん、

さっそくありがとうございます。

これはおそらく60sか70s初期のモノと思われます。
ヒールが擦り減っていると50sと60sの判別が難しくなりますね。

アウトソールもリウェルトされている可能性が高いです。

ご参考になれば幸いです。
2016.01.12 Tue 12:02
Edit | Reply |  

Name - Y  

Title - 

europeanblendさん。

すっきりしました。

出し縫いの間隔は広いけど、でもその他のディティールは古そうだし....
と不思議だったので。

納得です。

良い勉強になりました。
ありがとうございました!
2016.01.12 Tue 15:19
Edit | Reply |  

Name - No Name  

Title - 

europeanblend様

ご回答頂きありがとう御座います。

「93301」について、端的に言えばストレートチップ内羽根で端はギザギザになります(笑)

百聞は一見に如かずと言う事で、ディテール等の画像UPすれば詳細にご確認頂くことは可能でしょうか?

厚かましいことは重々承知しておりますが、ご検討宜しくお願い致します。

2016.01.12 Tue 23:26
Edit | Reply |  

Name - tomojin329  

Title - 

明けましておめでとう御座います。
といっても明けてから2週間弱経っていますが・・・^^;

手書きインペリアル良いですね。
実物を手に入れることが出来れば色々と比較も出来るのですが、
50sと60sの違いはやはり手書きと云うところでしょうか・・・
他にも違いを見つけ出したいところですね。
ただ中々見つからないし、出てきても価格が・・・と悩ましいところです。
2016.01.12 Tue 23:31
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

Yさん、

私もこれ好きなスタイルです^_^

また何かありましたらご遠慮なくどうぞ。

今後ともよろしくお願いします。
2016.01.12 Tue 23:45
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

No Nameさん、

いえいえ、是非拝見したいです。

適当なところにアップして頂いて見せて頂きたく思います。

私の仮説が正しければ、初期インペリアルにはさまざまな
バージョンがあったはずです。

宜しくお願い致します。
2016.01.12 Tue 23:47
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

tomojin329さん、明けましておめでとうございます!


> 手書きインペリアル良いですね。
> 実物を手に入れることが出来れば色々と比較も出来るのですが、
> 50sと60sの違いはやはり手書きと云うところでしょうか・・・
> 他にも違いを見つけ出したいところですね。
> ただ中々見つからないし、出てきても価格が・・・と悩ましいところです。


私も「やはり50sの手書きインペは違う!」と書きたかったのですが(^^ゞ
60sに比べ少し良い程度、くらいの感想です。
コレクターズアイテムというところでしょうか。

ところで、お気づきかと思いますが、例のところの例のモスを手に入れました^_^;
やっぱりこれイイですね~。
2016.01.12 Tue 23:56
Edit | Reply |  

Name - -  

Title - 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
2016.01.13 Wed 00:20
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

No Nameさん

拝見しました。

マジでスゴイです!
57年製、初期インペリアルで間違いありません。

良いモノを見せて頂き、眼福でございます^_^
2016.01.13 Wed 00:32
Edit | Reply |  

Name - No Name  

Title - 

europeanblend様

ご確認頂き有難う御座いました。

今後も楽しく拝見させて頂きますので宜しくお願い致します。
2016.01.13 Wed 00:39
Edit | Reply |  

Add your comment