http://analyzer.fc2.com/ -->

N.O.S. w/box (旧お気に入りモノ図鑑)

自分の好きなモノ、気になるモノを紹介していくブログです。

さよなら人類 / たま 





たま/さよなら人類  は1990年5月5日発売。オリコン初登場1位。
登場6週目に再び1位に返り咲いています。
この曲でその年の紅白にも出場。


私とたまとの出会いは1985年にまで遡ります。
その年、大学進学のため上京した私は、はじめてのバイトをしました。

場所は新宿の某医大病院。
夜間の急患の受付の仕事でした。

たしか10人くらいのバイトで回していて、普段は夕方5時くらいから10時くらいまで。
月3回は朝までの当直がありました。

最初、先輩の当直に付いて研修を受けることになってたのですが、このときの先輩バイトが
たまのパーカッショニスト・石川さんでした。

この夜は患者さんが少なかったので、夜通し色んなことを話したことを覚えています。

ここのバイトには個性的な人がたくさんいました。
大学卒業間際に中退してオーストラリアの牧場へ働きに行った人、公認会計士の勉強を8年
あまりも続けてた人(その後見事合格)、そして石川さん。。。

当直明けの朝、病院の職員食堂でおごってくれた朝ごはんが、それはそれはおいしかったこと。

彼がバントをやってることは知っていたのですが、あるときライブに誘われ、早稲田に通ってた
同じバイト仲間のKさんと新宿のJAMへ。

そこで聴いたのが私の「たま」初体験。
強烈でした(^^ゞ 

Kさんはいたく興奮し、ライブ終了後、手売りの自作テープを購入。
病院の受付の旧いラジカセに入れていたので、私も当直のとき、よく一人で聴いてました。

その後、アメリカ留学から帰ってきてテレビつけたら、深夜のバンドオーディション番組に何と
あの「たま」が出ててビックリ(@_@;)

しかもあれよあれよという間に5週勝ち抜いてメジャーデビュー。
オリコン初登場1位、レコ大最優秀新人賞、紅白出場。。。

「ロシヤのパン」を聴くたびに、あの深夜の狭い受付室で一人過ごした30年前を
思い出します。












<<↓ 応援クリック宜しくお願い致します。>>
にほんブログ村 ファッションブログ 靴・スニーカーへ
にほんブログ村





Comment

Name - スニゲーター  

Title - 

最近再評価がきていますね。
紙ジャケが出たりデビュー前の音源が復刻されたり、ようやく時代が追いついてきています。
さよなら人類は私はそのとき完全に幼児でしたが、CDを買って聞いてみるとはっきり覚えていました。耳に残る名曲ですね。
しかしここでたまの話が出るとは・・・。しかもメンバーとバイトが同じだとは、仰天ですね!
2015.09.18 Fri 21:30
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

スニゲーターさんが「たま」をご存知とは^_^


> 最近再評価がきていますね。
> 紙ジャケが出たりデビュー前の音源が復刻されたり、ようやく時代が追いついてきています。
> さよなら人類は私はそのとき完全に幼児でしたが、CDを買って聞いてみるとはっきり覚えていました。耳に残る名曲ですね。


そうなんですか。当時から早すぎるのではないか、と思ってましたが、
本当に時代が追いついてきたのでしょうね。
ライブハウスに行ったのは後にも先にもこの時だけです。


> しかしここでたまの話が出るとは・・・。しかもメンバーとバイトが同じだとは、仰天ですね!


石川さんにはたいへんお世話になりました。
東京での最初の恩人といえる方です。
バイト先の人がバンドやってて、、、というのは良くある話だと思うのですが、
それが後に紅白ですから。。。

イカ天の5週目は手に汗握って応援してました。
2015.09.18 Fri 23:25
Edit | Reply |  

Name - なおけんた  

Title - 

すごいですねえ。
芸能人・著名人と会ったことがある・・・というのとはレベルが違います(笑)。
そういうエピソードを持っていらっしゃるとは。

ちなみに私は、佐野元春のコンサートの帰りに居酒屋で飲んでいたら、元春とバンドのメンバーが店に入ってきたというのはありました。
興奮しながら近づいていったら、マネージャーに遮られましたが、元春が「ちょっと待って」と言ってマネージャーをどけてくれました。
元春の前に座って、交わした会話はわずかでしたが、パンフレットにサインをもらいました。
「名前は?」と聞かれて、自分と嫁さんと嫁さんの腹の中にいる長男の名を伝えて、サインの横に3人の名を書いてもらいました。
実は腹の中の子は性別もわかりませんでしたが、男の子の名を決めていました。
のちに男の子が生まれてほっとしています。

このサイン、我が家の家宝です(笑)。
2015.09.19 Sat 11:31
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

なおけんたさん、こんにちは。


> ちなみに私は、佐野元春のコンサートの帰りに居酒屋で飲んでいたら、元春とバンドのメンバーが店に入ってきたというのはありました。
> 興奮しながら近づいていったら、マネージャーに遮られましたが、元春が「ちょっと待って」と言ってマネージャーをどけてくれました。
> 元春の前に座って、交わした会話はわずかでしたが、パンフレットにサインをもらいました。
> 「名前は?」と聞かれて、自分と嫁さんと嫁さんの腹の中にいる長男の名を伝えて、サインの横に3人の名を書いてもらいました。
> 実は腹の中の子は性別もわかりませんでしたが、男の子の名を決めていました。
> のちに男の子が生まれてほっとしています。
>
> このサイン、我が家の家宝です(笑)。


すばらしいファン対応ですね。
こういうことがあるとよりファンになるのも頷けます。

80年代は今思えばファッションも音楽も華があったように思います。
単なるオヤジノスタルジーなのかもしれませんが(^^ゞ
2015.09.19 Sat 12:17
Edit | Reply |  

Add your comment