http://analyzer.fc2.com/ -->

N.O.S. w/box (旧お気に入りモノ図鑑)

自分の好きなモノ、気になるモノを紹介していくブログです。

Down By The Sally Gardens 


「ダウン・バイ・ザ・サリー・ガーデンズ」(英語: Down By The Salley Gardens、アイルランド語: Gort na Saileán)はアイルランドの伝統的な歌である。しばしばウィリアム・バトラー・イェイツの詩として紹介され、後に1889年の彼の詩集The Wanderings of Oisin and Other Poemsに含められた。しかしながらこの詩はイェイツが口碑に対する感激の印として発表したものであり、アイルランドの老婆が歌っていた歌の断片に基づく。後にハーバート・ヒューズにより1909年、アリア"The Maids of the Mourne Shore"のために曲が付けられた。(wikipedia)






Down by the salley gardens my love and I did meet;
She passed the salley gardens with little snow-white feet.
She bid me take love easy, as the leaves grow on the tree;
But I, being young and foolish, with her would not agree.

In a field by the river my love and I did stand,
And on my leaning shoulder she laid her snow-white hand.
She bid me take life easy, as the grass grows on the weirs;
But I was young and foolish, and now I am full of tears.


柳の木の茂る辺りで 僕と彼女は出会った
彼女はその白雪のような足で
茂みを通り過ぎ 僕に言った
「恋はあせらず 柳の木が茂るように」
だけど若く愚かだった僕は
それが分からなかった

川のほとりでたたずむ僕と彼女
僕の肩に差し伸べた白雪のような手
「自然に生きればいいわ 川の堰(せき)に草が生えるように」
だけど僕は若く愚かだった
今はただ涙に暮れるばかりだ

(出典 http://www.worldfolksong.com/songbook/ireland/sally-garden.html)



<<↓ 応援クリック宜しくお願い致します。>>
にほんブログ村 ファッションブログ 靴・スニーカーへ
にほんブログ村



Comment

Add your comment