http://analyzer.fc2.com/ -->

N.O.S. w/box (旧お気に入りモノ図鑑)

自分の好きなモノ、気になるモノを紹介していくブログです。

Florsheim Scotch Grain Plain Toe (S1403) 


フローシャイムの赤茶シボ革プレーントゥ。



florsheimS1403_2.jpg



品番S‐1403で、おそらく50s前半~中期にかけてのモノと推定。



florsheimS1403_3.jpg



モデル(シリーズ)名は特定できませんでしたが、たぶん The Viking かと。



florsheimS1403_4.jpg



かなり以前に手に入れたモノですが、程度が悪く、放置プレイしてたモノ。



florsheimS1403_5.jpg




グリセリンを始め、いろいろやって(^^ゞ
何とか見れる程度には。




florsheimS1403_6.jpg



一度プロに磨いてもらいたいんですけど、地元にはないんですよね、、、



florsheimS1403_8.jpg




一軒あったんですが、行ったら速攻でなくなってました(^^ゞ
福岡は「10分の1経済」で、こういうニッチな市場は厳しいようです。




florsheimS1403_11.jpg




なおけんたさんはじめ、旧靴好きのみなさんのシューケアテクはなかなかのレベル
に達してるのではないでしょうか。 

私なんかも毎日のように磨いているので、スピードは上がった気がします(^^ゞ





florsheimS1403_15.jpg




以前家におじさんがやってきて、「靴修理、靴磨きします」と。
こういうビジネス、意外と良いかも。 




florsheimS1403_14.jpg




さてこの靴。
やはり赤茶のスコッチグレインレザーの雰囲気が良いです。
もっと程度が良いのを探しているのですが、ありそうでなかなか。。。




florsheimS1403_13.jpg



40s後半~50s初頭の“Stormy Leather”シリーズのADを見ると、萌え死にしそうになります(^^ゞ

“WHEN IT RAINS....IT SCORES!” とか。

「雨が降ると、活躍!」という感じでしょうか。




florsheimS1403_10.jpg



夏用とか荒天用とか、昔はいろんな用途の革靴があったんですね。





<<↓ 応援クリック宜しくお願い致します。>>
にほんブログ村 ファッションブログ 靴・スニーカーへ
にほんブログ村






Comment

Name - なおき  

Title - 

この時代の赤茶の靴は本当に素晴らしいですね。
Vikingは所有していないので、いい出物があれば…とは思うのですが。
ちょうどタイムリーにSUPER8さんに入荷がありましたけど
もうあのクラスだと10万近くしちゃうという…

ところで、ムーンスター買っちゃいました。
こちらの記事をうちで引用させて頂いております。
事後報告で失礼致しますが、宜しくお願い致します。
2015.07.18 Sat 22:10
Edit | Reply |  

Name - スニゲーター  

Title - 

おお、私が持っているものと同ナンバーの靴が!古いもので一致するものが出るのは嬉しいですね。
ましてやバイキングなんて名前が付けば尚更です。正体不明にちゃんと意味が出てきたような気がします。
しかしこういう靴ってやっぱり雨でも履く前提だったんですね。
革底に雨用の造りで妙ではあったのですが、僕には恐ろしくてとてもとても(笑)
2015.07.18 Sat 22:30
Edit | Reply |  

Name - 電池  

Title - 

これ、いいですね!!
Stormy Leatherのフルブローグもありますよね。
あちらも素敵です。

50s初期頃のみ扱われていた素材という印象があります。
『雨でも平気!』というキャッチコピーを見ますが、私のStormy Leatherを使ったペアは白スエードとのコンビなんですけど、その辺り制作者は何を考えていたんでしょうね笑 明らかに用途が対局の素材を組み合せるとは…

それと、別件ですがありがとうございます。
おいしく頂戴いたします!
今回のペアと茶のペアと揃えての綺麗な写真が紹介される事、お待ちしております^^
今後ともよろしくお願いします!
2015.07.18 Sat 23:02
Edit | Reply |  

Name - なおけんた  

Title - 

The Viking は、SUPER8SHOESさんにデッドが入荷していますね。
目が飛び出るような価格ですが。

シンプルかつ存在感のあるプレーントゥ、素晴らしいですね。
「何とか見れる程度には」なんて・・・・・素晴らしい見栄えじゃないですか!
これが私のWrightと同じような変化を起こした靴ですね?
アッパーの色目も同じような感じですよね。
型押しとスムースの違いはありますが。
このあたりにも変化のメカニズムを解くカギがあるのでしょうかね?
こういう謎は大好きです。
2015.07.18 Sat 23:46
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

なおきさん、こんばんは。

> ちょうどタイムリーにSUPER8さんに入荷がありましたけど
> もうあのクラスだと10万近くしちゃうという…

私も見てました(^^ゞ
しかもまたデッド。。。すばらしい努力です。
今やアメリカ旧靴の総本山ですね。


> ところで、ムーンスター買っちゃいました。
> こちらの記事をうちで引用させて頂いております。
> 事後報告で失礼致しますが、宜しくお願い致します。

おお、そうですか^_^
いいですよね、ムーンスター。
先日久留米の工場に行ってきました。歴史資料館があるのです。
10分で出てきちゃいましたけど(^^ゞ
売店もあって、一般の人も安く買えるんですが、そのバルカナイズシリーズは
定価販売でした。

私もHPから引っ張ってきたので、お気を使われずに^_^;
2015.07.18 Sat 23:49
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

スニゲーターさん、こんばんは。

> おお、私が持っているものと同ナンバーの靴が!古いもので一致するものが出るのは嬉しいですね。
> ましてやバイキングなんて名前が付けば尚更です。正体不明にちゃんと意味が出てきたような気がします。


スニゲーターさんもお持ちでしたか!何かとても嬉しいです^_^
たぶんバイキングシリーズだと思うのですが、何せフローシャイムのネーミングは
統一性があるようでないところがありますから(笑)
少なくともこの界隈ではバイキング、ということで。

> しかしこういう靴ってやっぱり雨でも履く前提だったんですね。
> 革底に雨用の造りで妙ではあったのですが、僕には恐ろしくてとてもとても(笑)

コードバンも荒天用をうたってたみたいですし、今の常識からするとちょっとアレ
ですよね。これはボロいので、実験してみましょうか(^^ゞ
2015.07.18 Sat 23:57
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

電池さん

> これ、いいですね!!
> Stormy Leatherのフルブローグもありますよね。
> あちらも素敵です。

tomojin329さんのバイキングまとめ記事を見て、触発されております(^^ゞ
あれを読んで、アーカイブから救出してきました。
フルブローグもいずれ手にしたいですね!(>_<)


> 50s初期頃のみ扱われていた素材という印象があります。
> 『雨でも平気!』というキャッチコピーを見ますが、私のStormy Leatherを使ったペアは白スエードとのコンビなんですけど、その辺り制作者は何を考えていたんでしょうね笑 明らかに用途が対局の素材を組み合せるとは…

適当ですねえ^_^;
よくフローシャイムのアドに、「長く履ける」ってあるじゃないですか。
でもさすがに60年後に履いてるとは思ってなかったでしょうね(^^ゞ
当時の関係者がきいたらきっと喜ぶんじゃないかなあ、と。


> それと、別件ですがありがとうございます。
> おいしく頂戴いたします!
> 今回のペアと茶のペアと揃えての綺麗な写真が紹介される事、お待ちしております^^
> 今後ともよろしくお願いします!

ホントにいろいろお手数をおかけしました。
いずれ15分拡大スペシャルとして(笑)ご報告致します。
ありがとうございました。

PS)そいつがいちばんうまいと思います(^^ゞ
2015.07.19 Sun 00:06
Edit | Reply |  

Name - tomojin329  

Title - 

自分の画像フォルダを見ていたら、以前にebayに出ていたペアで同じ品番が有りました(^^;)

このS1403、私の31612と酷似している気がします
http://ameblo.jp/tomojin329/entry-11894184701.html
S1403→31612とかでしょうか・・・

Stormy Leatherについては、革の厚みやストームウェルト、ダブルソールのいずれかが備わっていればOK位の基準だったのかもしれないですね。(汚れやケア等は関係なっかったのかも・・・)


2015.07.19 Sun 00:11
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

なおけんたさん、こんばんは。

> The Viking は、SUPER8SHOESさんにデッドが入荷していますね。
> 目が飛び出るような価格ですが。

ですね(>_<)
よく考えれば50sのリーバイスのデッドはもっとするんで、
ようやく革靴も評価されるようになった、ということかもしれません。
昔から追ってた者として、嬉しいような寂しいような(笑)


> シンプルかつ存在感のあるプレーントゥ、素晴らしいですね。
> 「何とか見れる程度には」なんて・・・・・素晴らしい見栄えじゃないですか!


たぶん、なおけんたさんの好物かと。
キレイに見えるように写真を工夫しただけで、実際は結構ボロです(^^ゞ
お見合い写真詐欺レベル(笑)
オークションならクレームの対象でしょう。


> これが私のWrightと同じような変化を起こした靴ですね?
> アッパーの色目も同じような感じですよね。
> 型押しとスムースの違いはありますが。
> このあたりにも変化のメカニズムを解くカギがあるのでしょうかね?
> こういう謎は大好きです。

そうです、これです。
こういうこと前にもあったので、なんとなくは理解できるのですが、
理論的な説明は難しいですよね。。。
実は部分的に乾いてて、薄く見えてただけだとか。。。
とりあえず、まずは保湿して油分を入れてみる、ということでしょうか。
2015.07.19 Sun 00:18
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

tomojin329さん、こんばんは。

> このS1403、私の31612と酷似している気がします
> http://ameblo.jp/tomojin329/entry-11894184701.html
> S1403→31612とかでしょうか・・・

今ブログ再確認させて頂きましたが、確かに同じですね。
ストームウェルトが切れてるところとか、白い垢みたいなのが内部から(ですよね?)
ボロボロ出てくるところとか(^^ゞ

その品番の認識でまず間違いないかと。
The WestfieldとかThe Penfield といった昔からの定番モデルにも
同じような例がみられますから。


> Stormy Leatherについては、革の厚みやストームウェルト、ダブルソールのいずれかが備わっていればOK位の基準だったのかもしれないですね。(汚れやケア等は関係なっかったのかも・・・)


なるほど。それくらいの基準だったかもしれないですね。
だいたいあちらの方はこの辺大らかですから^_^;
それに超高級靴というワケでもなかったでしょうし。。。

当時の製造者に言わせたら、60年後に、しかも日本の梅雨に履いて
文句言われても、、、という感じでしょうか(笑)

2015.07.19 Sun 00:43
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

情報ありがとうございます!

さっそく補足記事入れさせて頂きます。

今後ともよろしくお願いします^_^
2015.07.19 Sun 16:39
Edit | Reply |  

Add your comment