http://analyzer.fc2.com/ -->

N.O.S. w/box (旧お気に入りモノ図鑑)

自分の好きなモノ、気になるモノを紹介していくブログです。

Florsheim 3-eyelet Wingtip Blucher (The Granada) 



the granada1



フローシャイムのウィングチップ。
67年製と推定。


the granada3



品番20717。
60s後半に展開された“The GRANADA”シリーズのワンモデル。



alhama-de-granada_1396795c.jpg



グラナダはスペイン・アンダルシア地方の古都。
イスラム王朝ナスル朝グラナダ王国の都であり、このアルハンブラ宮殿で有名。



the granada9



この時代のフローシャイムは、ヨーロッパの地名をよくシリーズ名に使っており、
コンチネンタル志向がうかがえます。




the granada4



ご覧の通り、特徴的なデザインをしています。



the granada5




パーフォレーションがつま先から上部へつながっているように配置されています。



the granada7



メダリオンも大きめ。



the granada3



革もなかなかのもの。



the granada8



バーシティ系のモチモチした光沢のあるスムースレザーで、
エッジ部も折り込み処理されています。

情報筋によれば、“Olympic Calf” とネーミングされていたとのこと。

68年のメキシコ五輪にちなんだものなのでしょうか。




the granada13



トップリフトは例のコレが使われています。


the granada10




旧いアメリカ靴の愉しみ方はいろいろあると思いますが、
個人的に最近面白いと感じるのは、いろんな時代のモノを並べて
デザインの変遷をたどること。



the granada11



以前は何となく60sより40s、50sを追い求めていましたが、
最近はあらためて60年代の面白さを再確認しています。



the granada6






<<↓ 応援クリック宜しくお願い致します。>>
にほんブログ村 ファッションブログ 靴・スニーカーへ
にほんブログ村


Comment

Name - なおけんた  

Title - 

60年代はデザインで新しいものにチャレンジした時代だったんでしょうかね。
いろいろなブランドが独自のデザインを競っていたのでしょうか。
そういえば、この時期に出た初期ロイヤルインペリアルも、エッジの処理やら、穴飾りやらに凝っていましたから、その流れを大いに汲んでいたのかもしれませんね。
ただ、それらのデザインが、現在ほとんど残っていないというのは、いまいち定着しなかったのでしょうが、寂しいですね。
2015.07.05 Sun 22:57
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

なおけんたさん、こんばんは。

70sほど行き過ぎず、50sのクオリティも残しつつ、お値段お手頃という(^^ゞ
やはりベトナム戦争がターニングポイントなのでしょうね。。。

そういえば、Concordもこんな感じでしたね。
これ、レギュラーラインですが、同じ時期なので、たしかにおっしゃるように
共通点が見えます。

ところで、そちらにもコメントしましたが、老舗のショップが次々閉店してるようで
残念です。円安がダメ押しだったのでしょうが、ビンテージマニアは直接海外から
購入できるご時世というのもあるのでしょうね。。。
2015.07.06 Mon 00:15
Edit | Reply |  

Name - スニゲーター  

Title - 

靴に限らず服装の世界では、60年代は最後の挑戦の年代という話を聞いたことがありますが、そういう事なんでしょうね。
特にフローシャイムは挑戦し過ぎです(笑)種類が多すぎてこの時代は全貌が掴めません。
実際70年代に入るときに、事業収縮が大変だったのではないでしょうか…。
2015.07.06 Mon 01:02
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

スニゲーターさん、こんにちは。

> 靴に限らず服装の世界では、60年代は最後の挑戦の年代という話を聞いたことがありますが、そういう事なんでしょうね。
> 特にフローシャイムは挑戦し過ぎです(笑)種類が多すぎてこの時代は全貌が掴めません。
> 実際70年代に入るときに、事業収縮が大変だったのではないでしょうか…。


生活が豊かになって、消費者ニーズの多様化、流行サイクルの短期化がすすみ、
それに対応した、ということなのでしょうね。
フローシャイムも定番モデルは残しつつ、若者向けにいろいろなモデルを短期間の
うちに展開していたようです。
2015.07.06 Mon 15:29
Edit | Reply |  

Add your comment