http://analyzer.fc2.com/ -->

N.O.S. w/box (旧お気に入りモノ図鑑)

自分の好きなモノ、気になるモノを紹介していくブログです。

ALDEN Norwegian Split Toe Blucher (#962) 


オールデンのNST Oxford。



alden962_1.jpg



これは品番962のAberdeen Last、Burnished Tan Calf。


alden962_6.jpg




1988年製のデッドストック。



alden962_5.jpg



箱のバーコードが古めかしいですし、“88”の数字も確認できます。



alden962_10.jpg




内部表記とも一致。 やはり先頭の数字が年代末尾を表すようです。




alden962_2.jpg



いわゆるタンカーブーツの短靴バージョン。
先細りのアバディーンゆえ、UチップとVチップの中間といった感じになってます。



alden962_8.jpg



80sも後半になると、旧靴愛好家にとってあまり興味のない年代になるのですが(^^ゞ
オールデンは別。

むろん、オールデンといえど自身の50s60sに比べれば「ビンテージオーラ」はなくなる
ものの、他アメリカ靴メーカーが失ったクオリティを維持しているように思います。



alden962_3.jpg



AEなどに比べれば小規模であったこと、BBとの蜜月関係、根強い需要があった矯正靴分野
を押さえていたこと、などいろいろな理由が考えられますが、アメリカ旧靴を知れば知るほど、
そのシーラカンスぶりを再認識させられます。



alden962_9.jpg



さて、このアバディーンラストのNST、現在もSFのThe Alden Shopにランナップされて
います。 ここには 961 Black、962 Burnished Tan、968 Dark Brown が記載されてますが、
964 Burgundy も見かけます。 



alden962_4.jpg



最近はカーフモデルでも国内9万円超(!)のオールデン。
このモデルも上記の現地ショップで$560。
たしか私がブログはじめた当初はこれくらいでコードバンモデルが買えました。



alden962_7.jpg



意外とオールデンのデッドはチラホラみかけます。
フローシャイムやアレンのデッドの方がはるかに見つけにくいほど。
いまのところ変なプレミアムも付いてないし、逆に現行品よりリーズナブルな
場合も多いので、そろそろ押さえていた方がいいかもしれませんね。



<<↓ 応援クリック宜しくお願い致します。>>
にほんブログ村 ファッションブログ 靴・スニーカーへ
にほんブログ村


Comment

Name - tomo  

Title - 

aldenやっぱり魅力ありますね!イギリスとは違う昔のアメリカを現代でも感じさせてくれるメーカーですよね。あの頃は良かったと、ヴィンテージ物の501で語られるような懐古趣味に終わらない本当にカッコイイと思わせてくれる無骨な作りとかデザイン。いつまでもこの感覚は無くさないで欲しいものです。

因みにvチップと言われると、メーカーに関わらずピクッと反応する輩です笑
2015.06.17 Wed 21:01
Edit | Reply |  

Name - なおけんた  

Title - 

あ~やっぱりALDENは良いですね。

仰るように、まさにシーラカンス。
失われた前時代のモノをしぶとく引き継ぐ化石のような優れたシューメイカー。
今と昔をつなぐ存在ですよね。
ALDENよりつくりや縫製がいいメイカーはいくらでもありますが、ALDENの魅力とは、そういうところにあるのではないかと改めて思っているところです。
2015.06.17 Wed 22:44
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

tomoさん、こんばんは。

> あの頃は良かったと、ヴィンテージ物の501で語られるような懐古趣味に終わらない本当にカッコイイと思わせてくれる無骨な作りとかデザイン。いつまでもこの感覚は無くさないで欲しいものです。


本当にそうですね。正直他のメーカーに関しては過去のモノにしか興味を見いだせないですが、
オールデンは現在進行形のメーカーですから。凄いことだと思います。


> 因みにvチップと言われると、メーカーに関わらずピクッと反応する輩です笑

ちょうどVチップ特集を考えてました(^^ゞ
tomoさんもお好きですものね~(笑)
ちなみに私はVチップに関してはFSPがいちばん好きです。


2015.06.17 Wed 23:20
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

なおけんたさん、こんばんは。

> 失われた前時代のモノをしぶとく引き継ぐ化石のような優れたシューメイカー。
> 今と昔をつなぐ存在ですよね。

まさにその通りですよね。
古き良き時代のアメリカ靴に触れれば触れるほど、その思いが強くなります。

私の究極の目標の一つがこれなんです。
http://www.natoriya.jp/htmls/ALDEN-CLASSIC/index.html

The Old Colony のデッドを手に入れること。
そして、オールデンの本社に寄贈することです(^^ゞ


> ALDENよりつくりや縫製がいいメイカーはいくらでもありますが、ALDENの魅力とは、そういうところにあるのではないかと改めて思っているところです。

私かねがね思うんですが、古き良きアメリカ文化の正当な評価者って実は日本人じゃないかと。
外国人観光客の方が日本人の知らない日本の良さを発見できるように、外側に立たないと見えない
ものがあるのかもしれません。
昔、アメリカのバイク乗りが言ってました
「ハーレー?あれはダメだ。やっぱりHONDAがいちばんだ」って(笑)
オールデンの良さをいちばん分かってるのはフランス人や日本人なのかも、と(^^ゞ
おもしろいものです。



2015.06.17 Wed 23:36
Edit | Reply |  

Name - スニゲーター  

Title - 

伝統の橋渡し。素晴らしいですね。
僕も靴が好きというよりは、伝統が好きでやってるところがあって、ブルースミュージシャンはスペクテイター履いてんじゃん!と探し回った事もありました。他人の足元を見る男になってしまった(笑)
僕としては、思いっきり質を落としながらも、古いレギュラーデザインを頑なに出し続けるステイシーアダムスも好きです。対極ながら、オールデンとステイシーアダムス。今に残り伝える老舗。これからもそのペースを維持していただきたいです。
2015.06.18 Thu 00:58
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

スニゲーターさん、こんにちは。

> 僕も靴が好きというよりは、伝統が好きでやってるところがあって、ブルースミュージシャンはスペクテイター履いてんじゃん!と探し回った事もありました。他人の足元を見る男になってしまった(笑)


やはりその時代の歴史的背景が見える、というのがアメリカ靴の面白いところですよね。


> 僕としては、思いっきり質を落としながらも、古いレギュラーデザインを頑なに出し続けるステイシーアダムスも好きです。対極ながら、オールデンとステイシーアダムス。今に残り伝える老舗。これからもそのペースを維持していただきたいです。

ステイシーは現行のモノでも雰囲気ありますね。
オールデンと対極ながら似ている、なるほどなるほど。
靴趣味が進み過ぎると、とかくクオリティ偏重になりがちで、こういう部分を見落としがちなのかもしれません。
2015.06.18 Thu 12:21
Edit | Reply |  

Add your comment