http://analyzer.fc2.com/ -->

N.O.S. w/box (旧お気に入りモノ図鑑)

自分の好きなモノ、気になるモノを紹介していくブログです。

Hanover Shell Cordovan Saddle Shoes 


湾で逃がした魚です(^^ゞ

ハノーバー・シェルコードバンのサドルシューズ。箱付きデッド。


hanover-shell6.jpg


hanover-shell7.jpg


hanover-shell8.jpg



レギュラーラインですね。


hanover-shell3.jpg


“Genuine Shell Cordovan” の刻印。ハノーバーは、アウトソールにこういう刻印がありますね。



hanover-shell4.jpg



90sくらいでしょうかね。


hanover-shell9.jpg


hanover-shell5.jpg



いくらコードバン(ホーウィン?)とはいえ、この時代のレギュラーラインのものだし、
ま、100ドル以下なら買ってもいいかな、くらいで見てたら、


hanover-shell0.jpg


まさかの $300 超えだもの。買えないもの (;_;)



hanover-shell1.jpg


こっちは同色系。



hanover-shell2.jpg



ビンテージ愛好家的には興味の薄い年代ではありますが、
シェルコードバン人気を舐めてましたね(^^ゞ


この品番メモっとこ( ..)φメモメモ




<<↓ 応援クリック宜しくお願い致します。>>
にほんブログ村 ファッションブログ 靴・スニーカーへ
にほんブログ村



Comment

Name - tomojin329  

Title - 

この2ペア見てました(@_@)
自分サイズでは無かったのですがどこまであがるかなぁ?と・・・

やはり現行物のコードバンが高騰している分、古靴のコードバンもというところでしょうか^^;
値段で言えば、おおっ!!と思っている自分サイズの靴が同じセラーから出品されているのですが・・・まぁ無理な金額でした(T_T)
2015.05.25 Mon 21:00
Edit | Reply |  

Name - なおけんた  

Title - 

コードバンはebayでも強気ですよね。
特にデッドストックとなると・・・・

ところで、ハノーバーって70年代にはブランドはなくなったって聞いてましたが・・・・。
もちろん、工場は存続してましたけど。
2015.05.25 Mon 23:35
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

tomojin329さん、こんばんは。


> この2ペア見てました(@_@)
> 自分サイズでは無かったのですがどこまであがるかなぁ?と・・・

やはり見ておられましたか(^^)
たぶんtomojin329さんならウォッチされているような気がしていました。


> やはり現行物のコードバンが高騰している分、古靴のコードバンもというところでしょうか^^;
> 値段で言えば、おおっ!!と思っている自分サイズの靴が同じセラーから出品されているのですが・・・まぁ無理な金額でした(T_T)

やはりコードバン、人気なんですねえ。
100ドルは舐めすぎでした(^^ゞ
でも、この金額だと送料+関税で5万近くになりますから、厳しいですよね。
デッドでコードバンといえど、90sの無印ハノーバーに、、、と考えてしまうのは旧靴愛好家(というか私だけかもしれませんが 笑)のイケない癖です。

しかし、これとか見て、巷でよく見るハノーバーって意外と新しいんじゃないかと思いました。
これ80sだと思ってましたから。
今、Hanover研究を始めてて、特に L B Shepard Signature がいつ頃登場したのか、調べています。

何かお気づきのことがありましたら、是非教えて下さい(^^


2015.05.25 Mon 23:39
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

なおけんたさん、こんばんは。

> コードバンはebayでも強気ですよね。
> 特にデッドストックとなると・・・・

ですよねえ(^^)
特にハノーバーは分かりやすく書いてありますから。。。
で、ちょうどあの部分は古靴でも消えにくいんで(笑)


> ところで、ハノーバーって70年代にはブランドはなくなったって聞いてましたが・・・・。
> もちろん、工場は存続してましたけど。

この辺、ウラ取り確認中ですが、94年まではフランクリン工場をクラークスは持ってましたよね。
ここで製造された分ではないかと。この靴のようにバーコードの箱付きデッド(ちなみにレッドウィングは87年辺りからバーコード付きになります)を見ると、少なくとも94年まではアメリカ製ハノーバーは存続していた、と見るべきなのかなと思っております。

2015.05.26 Tue 00:19
Edit | Reply |  

Name - 電池  

Title - 

お久しぶりです。

やはり、コードバンというだけで一定の人気はありそうですね。2トーンコードバンサドルは球数が少ないですよね。1番見かけるのがHanoverです。私も密かに狙っています。

Hanover名義で90sまで製造していた可能性があるとは驚きです。買収後の動向は掴みにくいですよね。Alan McAfeeとchurchの関係もイマイチ把握できていない状態です。どの部門を残していたのか…名義か工場かビスポークだけが残ったのか…などなど。
2015.05.26 Tue 09:57
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

電池さん、こんにちは。

> やはり、コードバンというだけで一定の人気はありそうですね。2トーンコードバンサドルは球数が少ないですよね。1番見かけるのがHanoverです。私も密かに狙っています

確かに、コードバンサドルはあまり見ないですよね。
しかもデッドなんで、この価格は妥当なのでしょうね。
今、為替がせめて100円なら。。。(笑)


> Hanover名義で90sまで製造していた可能性があるとは驚きです。買収後の動向は掴みにくいですよね。

よく古着屋さんのブログとかで「74年倒産なので、それ以前のもの」とか書いてありますが(たぶんコピペが広がったんでしょう)、以前からそれはないだろう、とは思っていました。ただ、あまり関心のない年代なので検証していなかったんです。

Clarksによる買収(78年)後も、Hanoverブランドの靴は製造されていたとみるべきでしょうね。
現にバーコードが付いた箱があるわけですから(^^) 


>Alan McAfeeとchurchの関係もイマイチ把握できていない状態です。どの部門を残していたのか…名義か工場かビスポークだけが残ったのか…などなど。

英国靴は専門外なのですが(^^ゞ
この辺は情報がいろいろあるようですね。
old hatさんのBBSに詳しく書かれますけど(たぶん読まれたと思いますが)、あれ以上は関係者でもない限りなかなか厳しいでしょうね。

2015.05.26 Tue 13:23
Edit | Reply |  

Name - Mi  

Title - 

europeanblendさん、皆さん、こんにちは。

私は内容について詳しく検証していないのですが、
US WikipediaのHanover Shoeの欄には、
幾つか参考になりそうなことが書いてありますね。

ハノーバーの靴、ある年代以前のものは内部に製造年月日が印字されている
ことが多いなぁと思っていました。
それで、見た中でいちばん時代が新しいものは、
今のところ1965年製か1966年製だったと思います。
これ以降の製造年月日内部印字は見たことがありません。
Imperial表記Hanoverでも、この印字は今のところ見たことがありません。

Wikiでの記述と考え合わせると、1966年フランクリン工場製からは
製造年月日の内部印字をしなくなったのではないか、
Imperial Hanoverは基本的にフランクリン工場製で
1966年からはじまったのではないか、という可能性があると思われます。
L B Shepard Signature はその後でしょうから、1970年前後登場かなぁと
思っていましたが、正確なところは私には分かりません…

ハノーバー市工場も1966年以降継続して稼働していて、Wikiの記述からは
1970年代に稼働中止したということらしいのですが…
ハノーバー市工場製のものには製造年月日の内部印字が基本的にあると
仮定すると、1966年にはフランクリンの新工場にほとんど生産を移して、
ハノーバー市工場はほぼ稼働停止したという結論になりますね。
Hanover靴の製造工場を判別する方法は他にも結構簡単に見つかりそうですが、
全然検証しておりません(^_^;;;

78年にクラークスに吸収されたあとのHanoverブランドについては、
europeanblendさんのご見解の通りではと私も思います。
Wikiの記述では、Hanoverの本部をフランクリンから
またハノーバー市に戻したようで、営業部だけ戻したのか、
ハノーバー市工場を稼働させようとしたのかまでは
ここからだけではちょっとはっきりしません…

クラークスはボストニアンも吸収していて、その後の流れをみるとハノーバーに比べて
ボストニアンブランドに力を入れていたように見えます。現在でも存続していますし。
50年代くらいのボストニアンって、同時代のフローシャイムに勝るとも劣らない
素晴らしいものがありますが、ハノーバーより格上だったのでしょうか(未検証です;)。
単にハノーバーよりボストンの方が都会だったからなのでしょうか(笑)。

2015.05.26 Tue 21:04
Edit | Reply |  

Name - スニゲーター  

Title - 

ハノーバーは80年代以降にも明らかにありましたよね。雰囲気が明らかに80年代の手抜き(失礼)なものが。
あと74年消滅だけは絶対ないですね。映画ゾンビ(78年)の立て篭もりシーンで、HANOVER専門店が映ってましたから。靴好きには衝撃のシーンでした(笑)
2015.05.27 Wed 00:27
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

Miさん、こんばんは。お待ち申しあげておりました!(^^)


> 今のところ1965年製か1966年製だったと思います。
> これ以降の製造年月日内部印字は見たことがありません。
> Imperial表記Hanoverでも、この印字は今のところ見たことがありません。
> Wikiでの記述と考え合わせると、1966年フランクリン工場製からは
> 製造年月日の内部印字をしなくなったのではないか、
> Imperial Hanoverは基本的にフランクリン工場製で
> 1966年からはじまったのではないか、という可能性があると思われます。


私が見たことがあるのは1964年で、手持ちのものは1956年です。
最初は官公庁(?)向けのモノに入ってるのかと思っていましたが、
なるほど、そのように考えるとかなり納得がいきます。


> L B Shepard Signature はその後でしょうから、1970年前後登場かなぁと
> 思っていましたが、正確なところは私には分かりません…

Hanover Imperialと LBSSの登場時期ですが、やはりリーディング企業だったフローシャイムの動きに追随したものであったろうと思います。だとすれば、1957年(Florsheim Imperial)、1967年(同RI)、1977年(同New RI)のどれかとシンクロしているのではないかと思っております。

実は最近、1967年付近の資料で、初期Hanover Imoerialロゴ(あの派手なヤツです)が入った靴の写真を見ました。この時期まで初期ロゴなら、通常のHanover Imperialはほぼ70s以降となり、LBSSはさらに後となります。
さらに、LBSSでも“made in USA”表記のあるものと無いものとが見受けられます。私個人の感覚に過ぎませんが、通常“made in USA”がある靴は大体80s以降、と認識しています。
なので、後期のLBSSは80s以降かな、と。


> ハノーバー市工場も1966年以降継続して稼働していて、Wikiの記述からは
> 1970年代に稼働中止したということらしいのですが…


たぶんこの年が74年で、巷の74年倒産説はこれが元ネタなんでしょうね・・・




> 78年にクラークスに吸収されたあとのHanoverブランドについては、
> europeanblendさんのご見解の通りではと私も思います。
> Wikiの記述では、Hanoverの本部をフランクリンから
> またハノーバー市に戻したようで、営業部だけ戻したのか、
> ハノーバー市工場を稼働させようとしたのかまでは
> ここからだけではちょっとはっきりしません…

私はおそらく前者なのではないかと思います。

https://news.google.com/newspapers?nid=2202&dat=19861029&id=bMIlAAAAIBAJ&sjid=aPwFAAAAIBAJ&pg=6385,392080&hl=en

Clarksが Hanover売却を断念したとの1986年10月の地元紙の記事。記事の最後の方で ClarksがBostonianとHanoverの両ブランドを持っていたことが読み取れます。本社がハノーバー市にあり、フランクリン工場のほかに、同WV州内のマーリントンにも工場があったようですね。


深い検証をしていただき、ありがとうございます!
Miさんのお墨付きを頂いて安心できました(^^)


2015.05.27 Wed 00:34
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

スニゲーターさん、こんばんは(*^_^*)

> ハノーバーは80年代以降にも明らかにありましたよね。雰囲気が明らかに80年代の手抜き(失礼)なものが。
> あと74年消滅だけは絶対ないですね。映画ゾンビ(78年)の立て篭もりシーンで、HANOVER専門店が映ってましたから。靴好きには衝撃のシーンでした(笑)

ほう、そんなシーンがありましたか(^^)
それは見てみないといけないですね。

おっしゃる通り、80s以降の存在について、いくつかウラがとれました。
まあ、バーコードが最大の証拠なのですが(笑)

このコードバンサドル、つくりはどうなのか、興味のあるところです。

2015.05.27 Wed 00:54
Edit | Reply |  

Name - スニゲーター  

Title - 

是非見て下さい!
ゲテモノ映画と見られがちですが、あれは確かな名画です。
ホラー方面でも、退廃な雰囲気方面でも、ハマると10年潰せる趣味になります(笑)
ショッピングモールの1店なので、ちまちま映ります。
しかし、映画に映ると、「ああ、ちゃんと昔存在していたんだなあ」と感傷的な気持ちになります。周りはゾンビだらけですが(笑)
2015.05.27 Wed 01:32
Edit | Reply |  

Name - 電池  

Title - 

やはり会長が戻ってくると、活性化しますね。

早速ハノーバー談義に参加させて頂きます。

年代印字についてです。
http://secret.ameba.jp/asdf1362asdf/amemberentry-11903867910.html

手放したのですが、上記の靴1968の記載があります。

そしてこの靴、http://www.t-8intl.com/ds/ds876.html
こちらに同デザインのインペリアルがあります。
こちらは年代印字無しだと思います。

以上から

フランクリン工場製は印字なし、またインペリアルはフランクリン工場製。
1966年以降もフランクリン工場以外の工場も稼働しており、レギュラーラインを製造していたのではないでしょうか?

2015.05.27 Wed 01:33
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

>スニゲーターさん、

それは是非みてみようと思います。
こうやって自分の知らない情報を頂けるのがブログやってて良かったと思う瞬間です(*^_^*)


>電池さん

そうでした、電池さんの飾りステッチのハノーバー、ありましたね!
1968年スタンプ入りの。


> フランクリン工場製は印字なし、またインペリアルはフランクリン工場製。
> 1966年以降もフランクリン工場以外の工場も稼働しており、レギュラーラインを製造していたのではないでしょうか?

なるほど、そういう可能性がありますね。

1968年までスタンプが入る個体があって(レギュラーライン)、同デザインのインペリアル(通常ロゴ)にはスタンプがなかった。

私が見た1967年近辺の写真には、初期インペリアルが写っています。

なおきさんが言及された
http://naokisan.blog55.fc2.com/blog-entry-461.html  や、
marumonoさん所有の
http://plaza.rakuten.co.jp/marumono/diary/201405310001/
です。

で、marumonoさんのお話ではこれにスタンプはないようなので、
確かにインペリアルは別工場、または別ラインで製造していた可能性がありますね。

あと疑問なのは、初期インペリアルと通常インペリアルの年代の違いです。
可能性を列挙しますと、

①Hanover Imperialは50s末デビュー、1967年(Florsheim RIと同じ年)あたりまで初期ロゴで、60s末に通常ロゴになった。

②Hanover Imperialは67年頃デビュー、短期間だけ初期ロゴ、以後通常ロゴに移行した。

なんとなくですが、私は①のような気がします。

フローシャイムの後追いでプレミアムラインを増設したと仮定すると、
57年初期インペリアル→67,8年通常インペリアル→77年 LBSS →80s LBSS“made in USA”
かなと。。。
2015.05.27 Wed 12:21
Edit | Reply |  

Add your comment