http://analyzer.fc2.com/ -->

N.O.S. w/box (旧お気に入りモノ図鑑)

自分の好きなモノ、気になるモノを紹介していくブログです。

Crockett & Jones Quarter Brogue (Albany2) 



IMGP18042.jpg




CROCKETT & JONES のアデレイド型クォーターブローグ。
“Albany 2”というモデルらしい。ハンドグレード。



IMGP18040.jpg


これは4年ほど前に地元のデパートのセールで購入。



IMGP18035.jpg


このデパート、「ミニ伊勢丹」という感じ(実際、伊勢丹傘下)で
オールデン、EGはもとよりジョンロブまで入ってる、地方にしては
なかなか充実の品揃え。東京まで行かなくていい、というのは大きい。



IMGP18039.jpg



以前、ここの友の会に入ってて、毎月1万円ずつ積み立てると
1年後に13万円のお買い物カードが来るので、2口加入して、
ジョンロブ貯金してました。ウィリアム欲しかったんです。


IMGP18043.jpg


でもね、いざ貯まると何か惜しくなったんですよね(^^;
直接メールオーダーすれば安く買えるし、ツリーとクリーム付けると
1年間の苦労がほぼ1足で終わっちゃいますし。


IMGP18049.jpg


まあ、今考えれば円高のときに買っておけば良かった、という後悔もある
んですけど。



IMGP18046.jpg


で、ちょうどセールにかかってたコレを衝動買いしました。
この意匠、アメリカ靴にあまりないので買う理由あるかな、と。
C&Jのハンドグレードってどうなの?という興味もあり。



IMGP18050.jpg



ご覧のように、ややロングノーズ。もはや時代を感じる?
でもこれ、靴単体で見るより、他人目線で見た方が見栄えが良い気が。
この辺が英国流なのかも。ファッションは他人のためにするもの、とかいう。
どっかに書いてあったことの受け売りですが(^^;



IMGP18060.jpg



作りの丁寧さは、やはり一般的なアメリカ靴に比べて一日の長があるかな、と。
ハンドグレードだけに、革質はまずまず良いと思います。


IMGP18053.jpg


IMGP18058.jpg



旧いアメリカ靴を集めてて悩むのが「いくらまで出せるか?」ということ。



IMGP18055.jpg



コレクション、アンティーク品としての付加価値を度外視して、
あくまで靴のクオリティだけで判断するなら、たぶんマスターロイドとか
日本製の上位グレードとかを凌駕するビンテージ靴はそうそうないと思います。



IMGP18061.jpg


じゃ、なんでオマエはアメリカ旧靴なのか、と問われれば。。。


アメリカ靴のデッドって凄く安かったんです。
少なくとも数年前までは。行きつけのお店が良心的だったというのもありますが。



IMGP18037.jpg


ですので、最近のビンテージアメリカ靴の高騰ぶりにはちょっと違和感があります。
少し頭を冷やさなくちゃいけないかな、と。
自分に言い聞かせてるだけですが(^^;


IMGP18063.jpg


私は純粋な意味でのコレクターではないので。
誰も信じてくれないでしょうが(笑)

マスターロイドが6万円台、宮城興業のパターンオーダーが4万円くらいから作れる
ことを思うと、ちょっと考えちゃいます。


まあ、ビンテージ靴の「付加価値」をどう見るかというところに尽きるんでしょうけど、ね。





<<↓おかげさまで、現在1位(^_^) 引き続き宜しくお願いします >>
にほんブログ村 ファッションブログ 靴・スニーカーへ
にほんブログ村




Comment

Name - 電池  

Title - 

お久しぶりです。

これはこれは珍しく現行靴ですね。
高い値段で購入した古靴にクラックが入ったりすると、やっぱり現行靴かな…と思いますよね。そういうリスクも考えるとやはり古靴は安価で入手したいですね。

今回の靴ですが、英国調なスタイルで良いですね。これでショートノーズのエッグトゥやセミスクエアなんかだとクラシックでしょうか。私もクロケットは持っていますが、やはりコスパ的には優れていると思います。数年前の個人輸入でのお話ですが。英国的なデザインにモダンを取り入れるバランスは素晴らしいと思います。売れ線だなーと思います笑  クロケットはモダンを取り入れるためモデルチェンジが割と頻繁でセールにも良くなっている印象です。

ためには米靴以外も良いですね。
2014.12.01 Mon 20:51
Edit | Reply |  

Name - なおけんた  

Title - 

こんばんは。

このモデル、私が持ってるマスターロイド「SURRY」と同じデザインですね。
同じクロケット製ですし。
ただ、私のはロイドだからずんぐりしてます。(それが好きなんですけど)。

確かにクロケットに代表される英国靴の作りはいいですね。
日本製も同じ価格で比べたら、もっとつくりは素晴らしい。
福岡の「Pancia」のレディメイド靴なんて、あの価格であのつくりはもう反則です。
革質はいまいちですけど(笑)。
でもオーダーで良い革を使ってもクロケットより安いのは凄すぎですよね。

私がアメリカの古靴に求めている魅力は、やはり革質ですね。
それから、英国靴や日本靴には見られない特徴や雰囲気があるところでしょうか。
ロングウイングに関しては、英国靴よりアメリカ靴の方がしっくりきていると思いますし、日本靴に関してはロングウイングは?ですね。
リーガルインペリアルのロングウイングモデルは雰囲気が軽すぎます。
昔のリーガルはもっと存在感というか重みがあったと思うんですが・・・。
革質やコストダウンのせいでしょうか?
アメリカは合理主義の国ですが、昔のアメリカ靴は、合理的とは言えないほど、様々な意匠を凝らしていたと思います。今の感覚だと無意味、無駄と思われることもやっていますが、そういうところに惹かれますね。

そしてもちろん安い。
以前に比べてヴィンテージの相場は上がりましたが、それでもまだ安いと思います。それも魅力。
ebayでいつもせこく購入しようとしている人間ですからね。

私にとっては、アメリカの古靴は魅力だらけですね。

もちろん、現代の靴を否定しているわけではありません。
今でもいい靴は残っていますからね。
ロイド、安藤、三交、pancia、宮城、セントラル、リーガル、スコッチグレイン・・・メジャーからマイナーまで挙げればきりがありません。

内外の新旧の良靴がともに手に入れられる日本という国は、本当に恵まれていますよねえ。
2014.12.01 Mon 22:54
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

電池さん、こんばんは。

> これはこれは珍しく現行靴ですね。
> 高い値段で購入した古靴にクラックが入ったりすると、やっぱり現行靴かな…と思いますよね。そういうリスクも考えるとやはり古靴は安価で入手したいですね。


そうですよね(^_^) 革靴のクラックは「アジ」にはならないですから(^^;
ワークブーツなら多少のスレやキズもそうなんでしょうけど。
自分的には古靴は1万円以下、って決めてたんですが、最近の円安でそうも言ってられなくなり
ました。


> 今回の靴ですが、英国調なスタイルで良いですね。これでショートノーズのエッグトゥやセミスクエアなんかだとクラシックでしょうか。私もクロケットは持っていますが、やはりコスパ的には優れていると思います。数年前の個人輸入でのお話ですが。英国的なデザインにモダンを取り入れるバランスは素晴らしいと思います。売れ線だなーと思います笑  クロケットはモダンを取り入れるためモデルチェンジが割と頻繁でセールにも良くなっている印象です。

なるほどなるほど。となるとクロケのセールってやっぱりお買得なんですね。
パソコンやデジカメは型落ち品が、スーパーの惣菜は閉店割引が大好きな私としては
ピッタリです(^^;

PEDIから何足か買ったことがあるのですが、今は円安でお得感がなくなりましたよね(;_;)
2014.12.02 Tue 00:22
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

なおけんたさん、こんばんは。

> このモデル、私が持ってるマスターロイド「SURRY」と同じデザインですね。
> 同じクロケット製ですし。
> ただ、私のはロイドだからずんぐりしてます。(それが好きなんですけど)。

本当に昔からロイドのコスパは素晴らしいですよね。
福岡にもあればいいのですけど。


> 確かにクロケットに代表される英国靴の作りはいいですね。
> 日本製も同じ価格で比べたら、もっとつくりは素晴らしい。
> 福岡の「Pancia」のレディメイド靴なんて、あの価格であのつくりはもう反則です。
> 革質はいまいちですけど(笑)。
> でもオーダーで良い革を使ってもクロケットより安いのは凄すぎですよね。

パンチャは一度オーダーかけようとしたとき、ちょうど一時休止のときだったので、
タイミングを逃してしまいました。レディメイドも良いですね。
福岡にはいくつかオーダーの選択肢があるのは知ってるんですが、アメリカ旧靴で
勉強してから、と思っているうちにここまで来ちゃいました(^^;


> 私がアメリカの古靴に求めている魅力は、やはり革質ですね。
> それから、英国靴や日本靴には見られない特徴や雰囲気があるところでしょうか。
> ロングウイングに関しては、英国靴よりアメリカ靴の方がしっくりきていると思いますし、日本靴に関してはロングウイングは?ですね。


なるほど、確かにロングウィングチップはアメリカがしっくり来ますよね。



> そしてもちろん安い。
> 以前に比べてヴィンテージの相場は上がりましたが、それでもまだ安いと思います。それも魅力。
> ebayでいつもせこく購入しようとしている人間ですからね。


なんか古靴は最近、ebayでも出品数が増えてる気がします。
需要と供給のバランスがうまくいってる、というか。
それに比べてデッドストックは厳しくなる一方ですね。当たり前ですが(^^;
ここは程度のよい古靴を狙うのが正解なのかもしれませんね。


> 私にとっては、アメリカの古靴は魅力だらけですね。


やはりebayはとんでもないモノが安く転がってたりしますから、魅力的ですよね。
私たちが買ったWAPなんて数千円なワケですから(^_^)


> もちろん、現代の靴を否定しているわけではありません。
> 今でもいい靴は残っていますからね。
> ロイド、安藤、三交、pancia、宮城、セントラル、リーガル、スコッチグレイン・・・メジャーからマイナーまで挙げればきりがありません。


私はリーガルからアメリカ旧靴へ飛んでしまったので、逆にこの辺が気になります。
それと英国製ビンテージ靴との比較も。
ですので、なおけんたさんの Lloyd & Haig のレポート、興味津々です。



2014.12.02 Tue 01:06
Edit | Reply |  

Name - U-BOAT  

Title - 中古の靴

こんにちは、確かにおっしゃる通りアメリカ製の中古の革靴は以前に比べたら効果になったのかも。私はヤフオクで買うのですが、デッドストックのKNAPPの黒のプレーントゥーとアメリカンジェントルマンのくたびれた茶色いウイングチックはそれぞれ1万円と3千円で買いました。どちらも非常に履きやすいお気に入りです。80年代以降の中古靴だとそこまで高価でもなくなると思うのですが・・・
2014.12.03 Wed 10:08
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: 中古の靴

U-BOATさん、こんにちは。

> こんにちは、確かにおっしゃる通りアメリカ製の中古の革靴は以前に比べたら効果になったのかも。私はヤフオクで買うのですが、デッドストックのKNAPPの黒のプレーントゥーとアメリカンジェントルマンのくたびれた茶色いウイングチックはそれぞれ1万円と3千円で買いました。どちらも非常に履きやすいお気に入りです。80年代以降の中古靴だとそこまで高価でもなくなると思うのですが・・・

KNAPPと American Gentleman はかなりシブいところをお持ちです(^_^)
KNAPPはメールオーダー系、AGは古い歴史を持つブランドですね。

総じて80s以降はリーズナブルですよね。愛好家は貪欲なので60s以前を狙いますけど、
日常靴としては80s90sのアメリカ製で十分かと思います。

以前は50s60sのデッドが高くても2万円とかで買えたので、5万を超えるといくらレアでも
考えてしまいます。その頃の記憶があるものですから。
2014.12.03 Wed 11:22
Edit | Reply |  

Add your comment