http://analyzer.fc2.com/ -->

N.O.S. w/box (旧お気に入りモノ図鑑)

自分の好きなモノ、気になるモノを紹介していくブログです。

NUNN BUSH Kidskin Ankle Boots 

アメリカ製ブーツ祭り SEASON 5  第2回。



IMGP7224.jpg



NUNN BUSH のアンクルブーツ。
デッドストックで、年代は… 結構判断に迷うのですが、取りあえず50s前半までの
モノなのは間違いないと思います。


IMGP7215.jpg



素材はキッドスキン。 トゥの部分はカーフかコードバン。


IMGP7237.jpg


旧い時代のNUNN BUSH にはインソック先にラスト名が入ります。
これには“H.L. NUNN Ⅱ”とあります。
創業者で、長らく社長を務めた Henry Lightfoot Nunn氏にあやかったものかと。



IMGP7230.jpg


ソールには“Superfine Quality”の文字が見えます。


nunnbush1920.jpg


1920年アド。



nunnbush1922.jpg


これは1922年のアド。
ここに当時のグレードやブーツのラインナップがあります。


nunnbush19222jpg.jpg


値段は数種類、グレードは“Fine”と“Superfine”
面白いのは、 Shoes 、Oxfords と記載されているところ。


nunnbush19223.jpg


20年代くらいまではブーツが主流だった、とは聞いていましたが、
こうやって当時の資料を目の当たりにすると、それを確認できます。


IMGP7217.jpg


キッドスキンの質感は素晴らしく、私の手持ちの中で1、2を争います。


IMGP7219.jpg

70sくらいになると荒く乾いた感じになるものが多いです。


IMGP7226.jpg


フォルムは華奢で、繊細な印象。


IMGP7221.jpg


20s30s的な感じもしますが、こういうのは長く作られた可能性もありますし、
ゴムヒールや内部表記の仕方がその時代のモノのようには見えないんで、
40s50sくらいが妥当かな、と。

おそらく旧靴に詳しいお店も、これを売る時は、そのくらいの年代キャプションをつけるのではないかと。



IMGP7235.jpg


内部の布タグ。


nunn-bush-mens-shoes-1939.jpg
nunnbush1938.jpg


この “N”“h”からヨコ線が伸びたロゴ は、広告上は30sくらいまでですけど、
靴には50s前半あたりまで入れられていたようです。


IMGP7228.jpg


この手のキッドスキン・アンクルブーツは、70sくらいまでいろいろなメーカーが作ってましたから
見かけよりも案外新しいモノがあったりします。 これ意外と区別をつけるのが難しいです。



IMGP7214.jpg



ただ旧い時代のモノは、やはりキッドスキンの光沢が違うような気がします。

Comment

Name - 電池  

Title - 

お久しぶりです。

これはかっこいい!!このようなドレスブーツ欲しいですね。現在販売されているブーツにここまでの上品さを感じません。これは本当に良いですね。

>この手のキッドスキン・アンクルブーツは、70sくらいまでいろいろなメーカーが作ってましたから

この手のとはキッドスキンブーツということですか?それともこのようなドレスブーツということでしょうか?
私としてはまず履く用のブーツを確保したいので70sくらいまで同じデザインがあるならまずは少し後年の使用に耐えてくれそうなものが欲しいですね。良ければオススメのメーカーなどお聞かせください。

ところで、やはりキッドスキンブーツの紹介でしたね。古靴先輩方からキッドスキンの魅力はよく聞かせて頂いています。私もそろそろ一足欲しいところです。こちらキッドスキンの見分けはこの小さなシボ感と和紙のようなシワ感でしょうか?当たり前ですがシボ感はゴートスキンに似ていますね。

キッドスキン、ドレスブーツこの辺り入手してみようと思います。
2014.10.16 Thu 01:02
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

電池さん、こんにちは。

> この手のとはキッドスキンブーツということですか?それともこのようなドレスブーツということでしょうか?

キッドスキンのアンクルブーツ、という意味です。


> 私としてはまず履く用のブーツを確保したいので70sくらいまで同じデザインがあるならまずは少し後年の使用に耐えてくれそうなものが欲しいですね。良ければオススメのメーカーなどお聞かせください。

tomoさんも所有されてるSHAW とか、黒タグ時代の Stacy Adams、それにFSP あたりでしょうか。
意外と見つからないので、私なんかはデッドであればメーカーに関係なく唾つけます(^^;
現行だとオールデンがたまに作る程度ですね。


> こちらキッドスキンの見分けはこの小さなシボ感と和紙のようなシワ感でしょうか?当たり前ですがシボ感はゴートスキンに似ていますね。


そうですね、あと独特の光沢でしょうか。
間違えるとすれば、カンガルーとかモノ凄いベビーカーフとか。。。
どちらに転んでも損はないですね。


> キッドスキン、ドレスブーツこの辺り入手してみようと思います。


ええ、是非。アメリカ旧靴はキッドに始まりキッドに終わる、と言われてますから。
ワタシの周辺では、ですが(^^;
2014.10.16 Thu 13:37
Edit | Reply |  

Name - tomo  

Title - 

お久しぶりです。

こういったブーツ、自分はど真ん中なので、手に入れる事が出来るeuropeanblendさん、本当に羨ましいです。いいですねー。個人的にはアメリカというよりイギリスという感じに見えます。

私のSHAW、覚えていてくださったんですね。あれ、毎週休日に履いています。軽いし、磨くと良く光るし、柔らかいし、どれも気に入ってます。服装に合わせるのが難しいかと思ったのですが、ジーンズを短くロールアップして合わせると特に違和感ないようです。というか、それは個人の好みですね^^

あのSHAWですが、この前、某雑誌の街角スナップでパチリとしてもらいました。ボツにならなければ良いんですが(笑)

2014.10.16 Thu 18:15
Edit | Reply |  

Name - Mi  

Title - 

europeanblendさん、皆さん、こんにちは。

アメリカ製ブーツ祭り、再開心待ちにしておりました。
今回のナンブッシュも素晴らしい! まさに“プーフェクト!!”ですね!

年代判定は確かに難しそうですが… 個人的には余り古いのも今ひとつと思っていますので(笑)、
40年代から50年代初頭だとすればむしろ絶頂期のアメリカ靴と言っていいのではと思います。

>電池さん
普段使いされるのでしたら、白タグのステイシーも候補になるかもしれません。
入手も比較的容易で、古っぽいデザインもありますし…実は私も白タグキッドスキン履いています、安かったです(笑)。
デキはジョンマーのアリストクラフト80年代よりさらに落ちますが、雰囲気だけはあります(笑)。



2014.10.16 Thu 19:39
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

tomoさん、こんばんは。

> こういったブーツ、自分はど真ん中なので、手に入れる事が出来るeuropeanblendさん、本当に羨ましいです。いいですねー。個人的にはアメリカというよりイギリスという感じに見えます。

キッドスキンのアンクルブーツ、こうやって文字にしただけでもトキメキます(^^;
確かに、アドの“English Toe”モデルと酷似していて、おっしゃるとおりだと思います。

> あのSHAWですが、この前、某雑誌の街角スナップでパチリとしてもらいました。ボツにならなければ良いんですが(笑)

それはスゴイ!ヽ〔゚Д゚〕丿 ひょっとして2ndですか!?はたまた F&E?
こっそり教えて下さい(^_^)
2014.10.16 Thu 23:15
Edit | Reply |  

Name - なおけんた  

Title - 

キッドスキンのこのしわくちゃ感がいいですね。
しわくちゃで艶があるからいいんですね。
そして、つるつるのトゥとの対比・・・・個人的にはこの部分が一番印象に残ります。
私はまだ持っていないので・・・・・
い、いかんいかん、また物欲が頭をもたげてきた。
2014.10.16 Thu 23:33
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

Miさん、こんばんは。

> アメリカ製ブーツ祭り、再開心待ちにしておりました。


ありがとうございます。そう言っていただけると更新意欲が湧きます(^_^)


> 今回のナンブッシュも素晴らしい! まさに“プーフェクト!!”ですね!

一時期何かに取り憑かれたかのように、この辺ばかり集めていました。
このようなアタリも引きましたが、ハズレも多々。。。(^^;


> 年代判定は確かに難しそうですが… 個人的には余り古いのも今ひとつと思っていますので(笑)、
> 40年代から50年代初頭だとすればむしろ絶頂期のアメリカ靴と言っていいのではと思います。

何せ20s30sの確証があるブーツを所有してないので、全くの勘です(^^;
確かにあまり古いモノだと革表面の崩壊が起こりやすいですよね。
私もこれ経年変化かと思ってましたが、Miさん以前おっしゃってたように製法の違いのような気がします。

Weyenberg や FSP、RW のように年代判定が確実なモノはいいのですが、この手のキッドスキンブーツ
は難しいです。特に Carter'sなんか作りがテキトー過ぎて、旧いのか新しいのか分からない(笑)

1000マイルのオリジナルなんかは出てきませんので、ヒマつぶしにでもご覧いただければ幸いです(^^;


2014.10.16 Thu 23:40
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

なおけんたさん、こんばんは。

> キッドスキンのこのしわくちゃ感がいいですね。
> しわくちゃで艶があるからいいんですね。

そうですね、独特のシワと透明感がもう何とも...(笑)


> そして、つるつるのトゥとの対比・・・・個人的にはこの部分が一番印象に残ります。

トゥがカーフのもあるし、コードバンのも、もちろんそのままキッドのもあります。
こればっかしは届いてみないと、画像では確認しづらいです。


> 私はまだ持っていないので・・・・・
> い、いかんいかん、また物欲が頭をもたげてきた。

コードバンは何だかんだ言ってまだ買えますけど、良質なキッドは旧靴でしか手に入らないと
思うので... (と煽ってみる 笑)
「最終的には皆さんキッドに行かれます」と言ったのは例のお店の方です(^_^)
2014.10.16 Thu 23:48
Edit | Reply |  

Name - 電池  

Title - 

>europeanblendさん
返信ありがとうございます。

>tomoさんも所有されてるSHAW とか、黒タグ時代の Stacy Adams、それにFSP あたりでしょうか。
意外と見つからないので、私なんかはデッドであればメーカーに関係なく唾つけます(^^;
現行だとオールデンがたまに作る程度ですね。

私も気に入る物はメーカー問わず試してみます。まずはキッドスキンの見分け方をマスターします…。情報ありがとうございます。

>Miさん

>普段使いされるのでしたら、白タグのステイシーも候補になるかもしれません。
入手も比較的容易で、古っぽいデザインもありますし…実は私も白タグキッドスキン履いています、安かったです(笑)。

アドバイスありがとうございます。ステイシーの白タグはクオリティは程々ですが雰囲気が良いのですね。一足目には入手のし易さ、低価格ということから候補になりますね。ありがとうございます。

お二方ともいつもありがとうございます。私も早くキッドスキンを入手しお仲間に入りたいところです。
2014.10.17 Fri 22:21
Edit | Reply |  

Add your comment