http://analyzer.fc2.com/ -->

N.O.S. w/box (旧お気に入りモノ図鑑)

自分の好きなモノ、気になるモノを紹介していくブログです。

Florsheim 3-eyelet Front Seam Blucher (The Lucerne) 

IMGP6580.jpg


Florsheim 3eyelet Front Seam。
品番20616。 The Lucerne シリーズのワンモデル。
デッドストックで、69年製(?)


florsheim lucerne 1960-2


広告なんかを調べると、58年〜60年にかけてこのThe Lucerneシリーズ
がフィーチャーされていますが、網ヒールではなく、表記もアルファベット2文字
なので69年、と。 でも59年の可能性も。。。 やっぱりフローシャイムの年代判別は難しいですね(´・_・`)


florsheim lucerne 1960


Lucerne とは、スイスの観光地ルツェルンのことでしょうか。


IMGP6578.jpg


この時代、アメリカのスーツも英国中心から、アイビー・ルックや
ヨーロッパ調のコンチネンタル・ルックへ広がりを見せたので、紳士靴もこういう
デザインを取り入れていったのでしょう。


IMGP6584.jpg

IMGP6589_2014090116454457f.jpg


色目の多様化もこの late50s〜60s のアメリカ靴の特徴。
Florsheim ではBlack Jade や Perfecto Brown 、60s後半になると茶色に緑を混ぜた
Weathered Moss や Forest など次第に色の広がりを見せていきます。


IMGP6591.jpg

IMGP6592_20140901164547eae.jpg



Florsheim と言えば、ロングウィングチップの Kenmoor と コブラバンプ がブランドアイコン
として有名ですが、「アメリカ靴らしさ」という点では、50s60sのフローシャイムがいちばん
分かりやすいのではないかと思います。 時代の流行を敏感に反映しているという意味で。



IMGP6596.jpg

同時期の SHAW(上) と並べて見ると、やはり Florsheim の方がキレイに整っているように
感じます。 (価格帯も違うので直接比較はできないですけど、、、)


IMGP6595.jpg


この「こじんまり」感、個人的に昔のフローシャイムの良さだと思います。


IMGP6599.jpg



Comment

Name - なおき  

Title - 

こんにちは。
これ、革ピッカピカですねー。
当時のフローシャイムはまだガラスレザーとか使っていなかったと思うので、普通の表革でこれでしょうか。すごいクオリティ高そうですね。

このモデル、一時期ebayに状態のいいマイサイズがずーっとあったんですが、「30〜40s」とかフカしまくって凄い高い値段付けてて案の定全く動いてませんでしたね(笑)
インソールの「PED-FREX」のパテントがそれ位に取られたから…みたいなこと書いてた気がしますが。
流石にこれじゃ売れんと思ったのか、そこからかなり値下がって、でもまだImport Charges付くからもうちょい様子見るかとか思ってたら売れちゃったようです。
ちょっと惜しいことしたかな…
2014.09.01 Mon 18:09
Edit | Reply |  

Name - 電池  

Title - 

お久しぶりです。

「こじんまり」いいですよね!
私も50sのフルブローグのようなこじんまりした靴を集めたいと思っています。正当な良い靴という印象です。

私は50s辺りが多様性と品質のバランスが1番好きかもしれません。正当なフルブローグもあれば、メッシュスペクテイターやUウイングなど…本当に面白い!現代よりも多様に感じるところもあります。
2014.09.01 Mon 22:14
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

なおきさん、こんばんは。

> これ、革ピッカピカですねー。
> 当時のフローシャイムはまだガラスレザーとか使っていなかったと思うので、普通の表革でこれでしょうか。すごいクオリティ高そうですね。

ラッカーなのかどうか分かりませんが、何らかの表面加工はなされていると思います。
ただ、70sの似たような加工された革より弾力があって、質は良い印象です。
自分で上げたSHAWとの比較写真を見て思ったのですが、アッパーのステッチなんかも
より細かく、これが全体のまとまり感に反映されているような気がします。

> このモデル、一時期ebayに状態のいいマイサイズがずーっとあったんですが、「30〜40s」とかフカしまくって凄い高い値段付けてて案の定全く動いてませんでしたね(笑)
> インソールの「PED-FREX」のパテントがそれ位に取られたから…みたいなこと書いてた気がしますが。

本当にあちらの方はいろいろフカしてくれますよね(^^;
あんまり製造年代とかに関心がない人が多いようです。
仕入れ時の話を聞いても、「うん?年代?50年代くらいかな。そんなこと別にいいだろ。良い靴だよ。」
てな感じみたいです(笑)やはり文化の違いなんでしょうかね。
私たちは年単位、どうかすると月単位で知りたいですもんね。

> 流石にこれじゃ売れんと思ったのか、そこからかなり値下がって、でもまだImport Charges付くからもうちょい様子見るかとか思ってたら売れちゃったようです。
> ちょっと惜しいことしたかな…

この20686、呪われてるかと思うくらい(笑)最近立て続けに古着屋さんで目にしました。
オクでも似たような同年代のモノはよく見かけるので、意外とロングセラーだったのかもしれませんね。

あ、それと、例のブリッジさんのアレンのデッドですが、めでたく購入できました。
なおきさんの情報提供のおかげです。ありがとうございましたm(_ _)m

2014.09.01 Mon 23:09
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

電池さん、こんばんは。

> 「こじんまり」いいですよね!
> 私も50sのフルブローグのようなこじんまりした靴を集めたいと思っています。正当な良い靴という印象です。

何かこう「ギュッ」と凝縮されたというのか、うまく言えないんですが、多分古い靴を多数ゲットされた
電池さんならお分かりになると思います(^_^)


> 私は50s辺りが多様性と品質のバランスが1番好きかもしれません。正当なフルブローグもあれば、メッシュスペクテイターやUウイングなど…本当に面白い!現代よりも多様に感じるところもあります。

おお、それがもう分かられたとは! 電池さんはマニアじゃなかった、アメリカ旧靴愛好家として
着実な進歩を遂げられていると思います(^_^) で、最終的にはキッドに行かれるのかな、と。
諸先輩方もみんなそのようですし。「コードバンに始まりキッドに終わる」みたいな(笑)
私のように「どこで道間違えたんかのう。。。」とならないで下さいね(^^;
2014.09.01 Mon 23:20
Edit | Reply |  

Name - yuki-eleanor  

Title - 

europeanblendさん、こんにちは!

毎度のことながら、素晴らしいペアをお持ちですね。今の私の気分にドンズバです(笑)
アメリカ古靴にハマり出した当初は、この手のデザインは、どこか女性っぽくて、あまり好きではなかったのですが、最近になって当時の流行や世相が色濃く反映されていて、紳士靴のデザインの幅を広げる契機となった一足なのではと思うようになりました。

ロングノーズ気味なデザインは昨今のトレンドからは、外れているのでしょうけど、この手の靴を今のファッションに取り入れたら、新鮮ですよね、きっと。

その当時、各社ADから、こういう類のデザインの靴が多くリリースされていたのが確認できますが、改めて、こう比較して見ると、レギュラーラインと言えど、当時のフローシャイムのクオリティは、目を見張るものがありますね。

ああ、同じペアが欲しいくらい羨ましいです……(笑)
2014.09.02 Tue 03:03
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

yuki-eleanor さん、こんにちは。


> アメリカ古靴にハマり出した当初は、この手のデザインは、どこか女性っぽくて、あまり好きではなかったのですが、最近になって当時の流行や世相が色濃く反映されていて、紳士靴のデザインの幅を広げる契機となった一足なのではと思うようになりました。


もう、おっしゃる通りだと思います。
アメリカがいちばん輝いていた時期というか、自信に満ちていた頃ですよね。
私も最初、質実剛健な「アメリカ靴」のイメージとは違っていて、敬遠してた時期もあったのですが、
これはこれで「もうひとつのアメリカ靴らしさ」なのだと気付いてからは虜になりました(^_^)
みんな大体同じようなルートをたどるようです。旧アメリカ靴愛好家の第2段階、と(笑)



> ロングノーズ気味なデザインは昨今のトレンドからは、外れているのでしょうけど、この手の靴を今のファッションに取り入れたら、新鮮ですよね、きっと。


友人がこの時代の Florsheimや SHAW,Weyenberg のUチップを日常的に履いているのですが、
彼は背が高いこともあって、見事にハマってます。
私以外、あまり褒めませんけど(^^; さりげなくて、最高にカッコイイと思います。


> その当時、各社ADから、こういう類のデザインの靴が多くリリースされていたのが確認できますが、改めて、こう比較して見ると、レギュラーラインと言えど、当時のフローシャイムのクオリティは、目を見張るものがありますね。


SHAW も当時の値段の割には(おそらくフローシャイムの半額〜7割程度)良くできていると思うのですが、
Florsheim 相手だと分が悪いですね。

で、愛好家第3段階まで行くと、SHAW のようなB級メーカーも集めたくなるんです(^^;
(値段の割に)「頑張ったね」「えらいね」って褒めてあげたくなる(笑)

自分で書いてて分かりました。私はここで道間違えたんだな。。。


> ああ、同じペアが欲しいくらい羨ましいです……(笑)


この辺、意外と古着屋さんでもよく見かけますし、オクでもたまにあるんで、是非。
で、そのあとは第3段階へ。。。(^^;
2014.09.02 Tue 12:07
Edit | Reply |  

Add your comment