http://analyzer.fc2.com/ -->

N.O.S. w/box (旧お気に入りモノ図鑑)

自分の好きなモノ、気になるモノを紹介していくブログです。

Dr. Locke Four-eyelet Overlay plugged (w/No.23) 

IMGP6544.jpg


Dr. Locke のオーバーレイプラッグ。60s頃のデッドストック。


IMGP6531.jpg

IMGP6543.jpg


インソールにはNo.23 と記載されています。


IMGP6532.jpg


じつはこれ、私の中で履き心地ランキング暫定1位の靴。
(室内の試し履きのみなので、一応暫定ということで)


IMGP6533.jpg



サイズが合ってることも大きいのですが、中のハーフインソールがカカトから
アーチ部分にかけて絶妙なフィット感をもたらしています。


IMGP6550.jpg


特に足裏に張り付く感じは特筆もの。


IMGP6554.jpg



恐るべし、Dr. Locke。



IMGP6535.jpg

IMGP6536.jpg



たぶん、この靴自体は内部表記や作りなどから Wright製 の可能性が濃厚。
例のバンプはありませんけど。


IMGP6537.jpg


旧いオールデンにも見られる Arch Cushion ヒールが使われています。


IMGP6543.jpg




Dr. Locke とは何者なのか?



Dr. Mahlon W. Locke(1880-1942) はカナダの医師。


lockeb.jpg

カナダ・オンタリオ州ウィリアムズバーグの小さな田舎町で診療所を開いてました。
関節炎に関心があったロック先生は、それが主に偏平足に起因することに注目。


dr-locke0005.jpg


足に手技を施すなどの独自のメソッドを用いた治療法を開発すると、これが評判を呼び
患者が押し寄せるように。 

資料をそのまま引用すれば、「1日に1500人を診察することもあった。
南極以外のあらゆる地域から、足の痛みに悩む人々がロック医師の治療を受けるために、
この小さな田舎町を訪れた」そう。


drlockepa.jpg


多分に誇張も含まれているでしょうが、この患者たち相手のみやげ物屋やホテルなどができ、
この「小さな田舎町」が活況を呈したのは本当のようです。


lockee.jpg


これがその「ロック先生の癒しの手」 

ちょっとコワい。。。


さしずめ「カナダの浪越徳次郎」といったところでしょうか。


namikoshi.jpg


ロック医師は多額の財をなします。それは診療所からのものよりも、主に彼のメソッドを応用した靴で。
これが Dr. Locke Shoes。 カナダはもちろん、アメリカでも広く事業展開していたようです。



lockead.jpg


本人が商売上手だったのか、彼の人気に便乗した企業などが接近したのかは分かりませんが。


drlockestore.jpg



広告は良いことしか書かないし、どことなく胡散臭いものも感じていたのですが、
実際履いてみると、これ本当に素晴らしい。疑ってゴメンなさい、ロック先生。


drlockestore2.jpg  drlockestore3.jpg



おそらくカウンセリング形式の販売方法で、基本となる靴にインソールやハーフインソールで
客に合ったフィッティングを行っていたのだろうと思います。多分これらにナンバーが振られて
いたんでしょう。 で、これはNo.23と。


IMGP6542.jpg


IMGP6549.jpg


もちろん現代でもコンピュータ計測によって、最適なインソールを作ってくれるところはありますが、
戦前からマニュアルかつアナログで、こういうものがあったことに驚きを禁じえません。


IMGP6529.jpg


Comment

Name - なおけんた  

Title - 

「No.23」というネーミングがかっこいいです。
中敷きのせり上がりはFoot-So-Portにもありますよね。
Wrightといい、Aldenといい、
矯正靴、履き心地重視の靴はみな似てくるんですね。

それにしても素晴らしい靴をお持ちですね。
2014.08.28 Thu 23:05
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

なおけんたさん、こんばんは。

> 「No.23」というネーミングがかっこいいです。
> 中敷きのせり上がりはFoot-So-Portにもありますよね。
> Wrightといい、Aldenといい、
> 矯正靴、履き心地重視の靴はみな似てくるんですね。

そうですね。オーソペディック系の靴はアーチ部を持ち上げる何らかの
工夫がなされてる場合が多いと思います。
それぞれに微妙に異なるアプローチが感じられて、これはこれで興味深いです。

> それにしても素晴らしい靴をお持ちですね。

ありがとうございますm(_ _)m
なおけんたさんは色々な靴を見てらっしゃいますから、そういう目が肥えておられる
方にお褒めいただくと尚更嬉しいです(^_^)

店主さんがまたお話したがっていましたよ。
今度は私も一緒にお話できたらと思います。
2014.08.28 Thu 23:25
Edit | Reply |  

Name - なおけんた  

Title - 

>店主さんがまたお話したがっていましたよ。
>今度は私も一緒にお話できたらと思います。

以前も申しあげましたが、12月に福岡(実際には久留米ですが)に行くので、その時都合がうまく合えば3人で一緒に話ができそうですね。
2014.08.29 Fri 07:56
Edit | Reply |  

Name - tomo  

Title - 

お久しぶりです。
これも良いですねー。こんな素晴らしい靴を所持されているのが羨ましいです。
自分もALDENのキッドスキンのモディファイドラストの靴を履くようになって、そのはき心地の良さの虜になり、今は古靴というよりもALDENのいろいろなラストの靴を収集し始めました。トゥルーフレア、トゥルースクエアと面白いように自分の足に合ってますますはまっています。
今は如何に歩きやすいか、痛みが出ないかが優先で、それにデザインや作りの良さが次、そして入手のしやすさ、価格の順に考えて靴を購入しています。そう考えるとやっぱり最近のALDENのカーフ(中古)なんですが、こんな良いペアを見てしまうと、またムクムクと古靴探究心が。。。。
2014.08.29 Fri 12:38
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

なおけんたさん

> 以前も申しあげましたが、12月に福岡(実際には久留米ですが)に行くので、その時都合がうまく合えば3人で一緒に話ができそうですね。

ええ、是非。
予定があうと良いですね(^_^)
楽しみにしています。
2014.08.29 Fri 15:02
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

tomoさん、こんにちは。

> これも良いですねー。こんな素晴らしい靴を所持されているのが羨ましいです。

お褒めいただき、ありがとうございます。
RW104が朽ち果てたら、5足くらいでローテーションを組もうと思っているのですが、
これはその筆頭にしたいと思っています。

> 自分もALDENのキッドスキンのモディファイドラストの靴を履くようになって、そのはき心地の良さの虜になり、今は古靴というよりもALDENのいろいろなラストの靴を収集し始めました。トゥルーフレア、トゥルースクエアと面白いように自分の足に合ってますますはまっています。

私も初オールデンはトゥルースクエアでした。Foot Balanceラインのオールデンは本来、健康靴なので古くからオールデンに製作依頼している老舗矯正靴店なんかのネームが付いているものが多いですよね。いつかNYのMOULDED SHOESあたりに行って、Ground Gripperの古い在庫(あればですが)から自分に合うものを見つけたいです。

> 今は如何に歩きやすいか、痛みが出ないかが優先で、それにデザインや作りの良さが次、そして入手のしやすさ、価格の順に考えて靴を購入しています。そう考えるとやっぱり最近のALDENのカーフ(中古)なんですが、こんな良いペアを見てしまうと、またムクムクと古靴探究心が。。。。

Wright、FSP、Alden、Dr. Scholl、Weyenberg Massagic そしてこの Dr.Locke とどれも歩きやすさ、履き慣らしやすさがウリで、そこに当時の良質な革や作りが加わってるところが魅力的ですよね。
現行品だとほぼオールデンかアレンになってしまいますけど、WrightやFSPの80sあたりなら、探せばまだ買えるんで、まだお持ちでなければ是非試していただきたいです。インソールやコルクの沈み込みのこともあるので、できればデッドをオススメいたします(^_^)
2014.08.29 Fri 15:35
Edit | Reply |  

Name - tomojin329  

Title - 

お久し振りです。
こちらのメーカー、茶の編み込みタイプと黒のストレートチップが出ていて気になっていたところでした。どちらも自分サイズではないのでスルーしてましたが・・・。

最近WEYENBERGの4重ステッチを手に入れ(また同じようなスタイルですが・・・)
サイズは小さいのですがギュッと閉まる感覚とインソールの履き心地にハマりWEYENBERGも集め出しています。

2014.09.02 Tue 22:23
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

tomojin329 さん、こんばんは。

> こちらのメーカー、茶の編み込みタイプと黒のストレートチップが出ていて気になっていたところでした。どちらも自分サイズではないのでスルーしてましたが・・・。

おそらく Dr M.W.Locke と筆記体で表記されているものは古い(50s以前?)と思われます。
当然ながらカナダ製もあるかと。インソールが入っている分、ハーフサイズくらい小さめ
の感触です。参考にして頂ければ(^_^) 合うものが手に入るといいですね。


> 最近WEYENBERGの4重ステッチを手に入れ(また同じようなスタイルですが・・・)
> サイズは小さいのですがギュッと閉まる感覚とインソールの履き心地にハマりWEYENBERGも集め出しています

おお、それは是非拝見したいです(^O^)/
あくまで個人的意見ですが、Florsheim と Weyenberg はアメリカ旧靴を語る上で外せないメーカーだと
思っております。ちなみに Weyenberg なら年代判定可能ですので、お役に立てるかと思います。
お気軽にお尋ねくださいませ(^_^)
2014.09.02 Tue 23:46
Edit | Reply |  

Name - -  

Title - 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
2014.09.03 Wed 21:21
Edit | Reply |  

Add your comment