http://analyzer.fc2.com/ -->

N.O.S. w/box (旧お気に入りモノ図鑑)

自分の好きなモノ、気になるモノを紹介していくブログです。

Allen Edmonds The Burberry (50s) 

Allen Edmonds は言わずと知れたアメリカ靴の雄。
日本では Alden人気の裏に隠れがちですが、アメリカでの知名度はおそらく Allenの方が上。

最近ではFSPを「オールデンと双璧」なんて呼ぶ向きもありますが、個人的にはやはり今の
アメリカ靴界においてオールデンと比肩されるメーカーはアレンかと。

で、旧いアメリカ靴は今より良かった、という金科玉条に則れば、旧いアレンを探したくなります。


IMGP6510.jpg


IMGP6489.jpg

これは最近見つけた割と旧いアレン。


IMGP6496.jpg

3アイレット・オーバーレイブラグドで、品番7366。
モデル名は“The Burberry”


IMGP6485.jpg


この1956年のカタログに掲載されています。

allen edmonds1956-burberry

革はBurnt Briar Crushed Calf とあります。


allen edmonds1956-burberry2


細かいシボが入った特徴的な革で、見た目よりも柔らかく、しなやかです。


IMGP6491.jpg


目付部分や出し縫いの細かさは、さすがに50sアレンといったところ。


IMGP6488.jpg

この Burnt Briar と名付けられた焦げ茶色も、なかなか趣深い。


IMGP6499.jpg

IMGP6501.jpg


アレンロゴ入りのゴムヒールではなく、BF Goodrich社のVogue ヒールが
装備されています。以前見た50sアレンのデッドもこのヒールだったので、
おそらくオリジナルかと。


IMGP6495.jpg



Allen Edmonds は 1922年、Elbert W Allenにより、ミシガン湖岸のウィスコンシン州ベルギー
(Belgium,Wisconsin)にて創業。当初の社名は“Allen-Spiegel Shoe Company”。
1928年、Bill Edmonds が経営に参加し、Allen-Edmonds となりました。



IMGP6513.jpg


この靴の製造年代ですが、おそらく52年〜57年の間であろうと思われます。

Allenのカタログはここで1956年以降のものを見ることができます。


IMGP6512.jpg

このカタログ内でロゴの変遷を検証すると、56-60年代初頭までは筆記体のAllen- Edmonds
60s初頭〜80s初頭までが斜体字Allen-Edmondsとなります。

'56 Catalogue Cover
allen edmonds1956

'63 Catalogue Cover
allen edmonds1963

'74 Catalogue Cover
allen edmonds1974

'80 Catalogue Cover
allen edmonds1980

'81 Catalogue Cover
allen edmonds1981





では、それより古い時代はどうだったか、というと、
50年代初頭までは、筆記体でハイフンなしの“Allen Edmonds”表記であること
が古いアドから確認できます。

'49AD
allen edmonds1949



上記ロゴの変遷をまとめると、

Allen Edmonds(筆記体)→ざっくり40s(以前)
Allen-Edmonds(筆記体)→ざっくり50s
Allen Edmonds(斜体字)→ざっくり60s70s

となります。広告の字体と実際の靴に入るものが同じとは限りませんが、
一応の目安にはなるかと。


IMGP6480.jpg



もっともアレンは、本社のカスタマーサービスに聞けば製造年代を教えてくれるようですから、
そちらの方が正確かつ手っ取り早いでしょう。


IMGP6484.jpg




皆さんご存知かと思いますが、この頃のアレンのプロモーションムービー。
(タイトルには40sと書かれていますが、おそらく50s頃と思われます)



後に靴に入る斜体字ロゴ自体はこの頃からあったんですね。もしくは過渡期か。


製造工程が写ってるこのVチップ、The Brentwood というモデル。

theshoeoftomorrow.jpg


allen edmonds1956-bretwood

allen edmonds1956-brentwood

これ、欲しい!(>_<)


shoeof.jpg


最後に出てくる50sの靴箱の山。
これがそのままどっかの倉庫にあったら。。。
いろんな意味で多摩蘭坂、じゃなかった、たまらん光景ですね(^^;


Comment

Name - なおけんた  

Title - 

私,アレンはオールデンより先に購入しました。最初に手に入れたコードバンはアレンのマックネイルです。そういう意味でも私にとっては大事なシューメイカーです。
アレンはebayで非常に多く出品されていますが,古いものはあまり見かけませんよね。
古い個体をぜひ入手したいと思っていますが…。
古靴の世界で,オールデンやフローシャイム,FSP,ネトルトンなどがもてはやされている割には,アレンのことがあまり語られません(今もそうですけど)。私がそういう話を目にしないだけかもしれませんが。今も昔もいい靴だと思うんですけどね。筆記体または斜体のアレンをぜひ手に入れたいものです。
2014.08.25 Mon 12:28
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

なおけんたさん、こんにちは。

> 私,アレンはオールデンより先に購入しました。最初に手に入れたコードバンはアレンのマックネイルです。そういう意味でも私にとっては大事なシューメイカーです。

MacNeil、オールデンやインペリアルなんかと比べても遜色ないと思うんですが、何故か
日本ではイマイチ人気ないですよね。どうしてだろう。。。

> アレンはebayで非常に多く出品されていますが,古いものはあまり見かけませんよね。
> 古い個体をぜひ入手したいと思っていますが…。

確かに80s90sはゴロゴロしてるんですが、50s以前はなかなか出てこない印象ですね。
でも出てくるときには一気に出てくるのがebayですから。。。
アレンに関しては、アメリカの方が知名度があるからか、何となくヤフオクの方がオトクな
気がします。ebayよりも程度が良いのが多いですし。

> 古靴の世界で,オールデンやフローシャイム,FSP,ネトルトンなどがもてはやされている割には,アレンのことがあまり語られません(今もそうですけど)。私がそういう話を目にしないだけかもしれませんが。今も昔もいい靴だと思うんですけどね。筆記体または斜体のアレンをぜひ手に入れたいものです。

アレンが語られないのはアメリカ旧靴七不思議のひとつですねえ。
かく言うワタシも今まであまり話題にしてこなかったワケですが(^^;
他メーカーと比べて、アイコンとなるようなものがないのが一因かも。

ネテルトン=高級ブランド、フローシャイム=Vクリート、J&M=大統領御用達
FSP=オールデン並みの履き心地、そしてオールデン=コードバン、モディファイドラスト。

でも、今後もアメリカ旧靴ブームが続くなら、確実に目を向ける人も増えていくと思います。



2014.08.25 Mon 15:14
Edit | Reply |  

Name - 電池  

Title - 

お久しぶりです。
アレンもいいですよね。
私も60s前後のアレンを探していますがなかなか見つかりません。アレンはオーバーレイ、エプロンフロントのデザインが多いように感じます。上記のデザインが少し苦手で余計に見つかりません…笑

本社に問い合わせると年代が分かるとは知りませんでした。
現行でもスペクテイターやUウイング、6アイレットなど展開しているだけはありますね。



別件ですが、以前florsheimのtopperの箱を見て頂いきましたが、topperとはどのような靴か御存知ですか?検索するとキャップトウが出てきます。よろしければご教示お願いします。

2014.08.25 Mon 16:17
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

電池さん、こんにちは。

> アレンもいいですよね。
> 私も60s前後のアレンを探していますがなかなか見つかりません。アレンはオーバーレイ、エプロンフロントのデザインが多いように感じます。上記のデザインが少し苦手で余計に見つかりません…

MacNeilとかMcAllister あたりの70sだとチラホラ見かけますが、布タグの旧い時代のものはそれ自体なかなか出てこないですね。でも、出てきたときは割と安く買える気がします。


> 本社に問い合わせると年代が分かるとは知りませんでした。
> 現行でもスペクテイターやUウイング、6アイレットなど展開しているだけはありますね。

実はこの靴ではないのですが、一度問い合せたことがあります。
ただ斜体字アレンを1995年製、と回答してきました(^^;
“COMB”の次の数字で判断しているようですが、旧いモノにはここに数字がないんです。
そのことを言ったら「分からない。その数字をデータベースと照合しているだけだから」と。

向こうの靴好きスレにあった話では、問い合わせに対して古いモノでもきちんと回答があった
らしいので、メール送った先がいけなかったのか、担当者がアレだったのかもしれません。


> 別件ですが、以前florsheimのtopperの箱を見て頂いきましたが、topperとはどのような靴か御存知ですか?検索するとキャップトウが出てきます。よろしければご教示お願いします。

確かやや先細りのキャップトゥだったような気がします。
2014.08.25 Mon 17:35
Edit | Reply |  

Name - tomojin329  

Title - 

お久し振りです。アレンは56年~現在までカタログをデータとして持っていて、かつ公開している事が凄いなと。FLORSHEIMもカタログの保管等しておいてくれれば良かったのにとつくづく感じます。

>布タグの旧い時代のものはそれ自体なかなか出てこないですね。

昔どこかのBLOGでSKOSを見た事があります。個人的にはアレンの場合、古いペアを検索で探し難い気もします。なのでついつい探すのを後回しにしがちで^^;

BF Goodrich社のVogue ヒールがオリジナルだったんですね。てっきりロゴ入りがオリジナルかと思っていました。

2014.08.25 Mon 20:47
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

tomojin329 さん、こんばんは。

> お久し振りです。アレンは56年~現在までカタログをデータとして持っていて、かつ公開している事が凄いなと。FLORSHEIMもカタログの保管等しておいてくれれば良かったのにとつくづく感じます。

まったくもってその通りですよねえ(^_^)
そしたら私たちもこんなに時間を割いて苦労することないのに。


> 昔どこかのBLOGでSKOSを見た事があります。個人的にはアレンの場合、古いペアを検索で探し難い気もします。なのでついつい探すのを後回しにしがちで^^;

以前大阪の有名店へ行った時に70sアレンの箱付きデッドが数足あって感動した覚えがあります。
70sでも希少なわけですから、この動画の50sデッドともなるとそれはもう。。。(>_<)
ユーズドならもっと出てきても良いと思うんですが、、、

> BF Goodrich社のVogue ヒールがオリジナルだったんですね。てっきりロゴ入りがオリジナルかと思っていました。

少なくとも布タグのゴムヒール仕様のものには、よくこのBF GoodrichのVOGUEヒールが付いてるのを見かけます。
https://www.etsy.com/listing/49397951/vintage-allen-edmonds-mens-leather-shoes
http://blogs.yahoo.co.jp/masakousu/43705140.html
http://haole.seesaa.net/upload/detail/image/062_R-d2c00.JPG.html

単に古いからかもしれませんが、これ加水分解しやすい気がするんですよ。
2014.08.25 Mon 21:28
Edit | Reply |  

Name - なおけんた  

Title - 

全く関係ないはなしなんですが、このページに載っているフローシャイム、たぶん、カナダ製です。

https://www.etsy.com/jp/listing/160126798/mens-brown-derbys-60s-mens-dress-shoes?ref=favs_view_3

これはいつごろのものでしょうか。
ヒールは穴あきです、が、ライニングの文字は白ですよね。
革はなかなかよさそうですが・・・・・。
2014.08.25 Mon 23:12
Edit | Reply |  

Name - yuki-eleanor  

Title - 

europeanblendさん、お久しぶりです!

やはり、旧アレンもお持ちだったのですね、しかも織りタグ期のものを!
今まで、アレンは話題に登らなかったので、 europeanblendさんのお眼鏡には適わないのかなと思ってました(笑)

個人的には、豊富なデザインと矯正靴メーカーとは違ったアプローチで履き心地を追求する面白いメーカーで好きなのですが…

私も斜体ロゴ期のペアである
”The Newport”品番:7312
を持っているのですが、ウェルトの目付けの丁寧さやピッチの細かさは、素晴らしい出来栄えです。
ちなみに、トップリフトは、ハイフンありの筆記体ロゴの純正ラバーリフトが付いています。

アレンの場合は、一部のモデル(確か、マックニールは付いていた気がします…)では、オウルズアイクリート付きのレザーリフトが採用されていますが、それ以外は、ほとんどがラバーリフトなので、他社メーカーと比べてチープな印象を受けるのかもしれませんね…
もちろん、実用性を重視してのことだということは、重々理解しているのですが(笑)
2014.08.25 Mon 23:22
Edit | Reply |  

Name - marumono  

Title - 

こんばんは。

また楽しい記事をありがとうございます。カタログこんなに見られるんですね。現存しているだけありますね。
釘を含め金属を使わずに作られているということで、その履き心地にとても興味があります。
少なくともネット上では程度の良い古い年代のものが少ない気がします。
買った人が気に入って履いている率が高いのでしょうかね?

最近好きなV-tipの靴が多く、斜体ロゴにめぐり合わないかな~と思っています。
一つebayにあるのですがウィズがAA、、、せっかくの履き心地ならジャストサイズでと我慢しています。
2014.08.25 Mon 23:27
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

なおけんたさん、こんばんは。

> 全く関係ないはなしなんですが、このページに載っているフローシャイム、たぶん、カナダ製です。
> https://www.etsy.com/jp/listing/160126798/mens-brown-derbys-60s-mens-dress-shoes?ref=favs_view_3

まず間違いなく、カナダ製ですね。チラッと made in Canadaらしき表記も見えますし、
ロゴもこんな感じだったと思います。

> これはいつごろのものでしょうか。
> ヒールは穴あきです、が、ライニングの文字は白ですよね。
> 革はなかなかよさそうですが・・・・・。

う〜ん、これは微妙ですねえ(´-`)
金文字フローシャイムは70s以降だと思っているんですが、カナダは別かもしれないし。
これ、ソール厚いですね。
確かカナダ製のフローシャイムは60年くらいから始まってたと思います。
Intercoがカナダで一番大きい靴会社を買い取ったらしいです。

普通に考えれば70s後半あたりかと。
あんまり自信はないですけど。。。(^^;

2014.08.26 Tue 00:07
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

yuki-eleanor さん、こんばんは。お久しぶりです(^_^)

> やはり、旧アレンもお持ちだったのですね、しかも織りタグ期のものを!
> 今まで、アレンは話題に登らなかったので、 europeanblendさんのお眼鏡には適わないのかなと思ってました(笑)

そうですね(笑)。行きつけのお店にアレンのデッドがなかったのが要因かと。
アレンはデッドで出にくいメーカーのようです。


> 個人的には、豊富なデザインと矯正靴メーカーとは違ったアプローチで履き心地を追求する面白いメーカーで好きなのですが…

正統派ですよね。コルクの沈みでフィットさせるという。

> 私も斜体ロゴ期のペアである
> ”The Newport”品番:7312
>を持っているのですが、ウェルトの目付けの丁寧さやピッチの細かさは、素晴らしい出来栄えです
> ちなみに、トップリフトは、ハイフンありの筆記体ロゴの純正ラバーリフトが付いています。

ほう、そのようなトップリフトが付いているんですね。
60sでしょうか。


> アレンの場合は、一部のモデル(確か、マックニールは付いていた気がします…)では、オウルズアイクリート付きのレザーリフトが採用されていますが、それ以外は、ほとんどがラバーリフトなので、他社メーカーと比べてチープな印象を受けるのかもしれませんね…
> もちろん、実用性を重視してのことだということは、重々理解しているのですが(笑)

確かに手持ちのMacNeilにもオウルクリート仕様とラバー仕様があります。
旧いMacNeilの鋭角に切れ込んだラストも好きです。
アレンが今イチ日本で人気ないのは、ちょうど国産の上級靴と価格帯がかぶっているから
でしょうか。。。やっぱり縫製の丁寧さは国産に分がありそうですし。
オールデンの個人輸入は皆さんやってますけど、アレンは関税かかると旨みもないですし、
かと言って国内定価で買うのも。。。という感じなのでしょうね。
ワタシの思考ルートですが(^^;
2014.08.26 Tue 00:35
Edit | Reply |  

Name - なおき  

Title - 

布タグ時代のアレン、いいですねー。
tomojinさんとこの見た時も思いましたけど、この頃のアレンの出し縫いの細かさは異常ですね(笑)
アレンは変にAldenと並ぶ位置にいるせいで評価が低い気がしますね。
だったら人気のある方がいいや、みたいな…
現行のは何かちょっと野暮ったい感じもありますしね…。

そうこう言ってたらちょうど、BRIDGEにアレン入ってますね。
http://bridge099.exblog.jp/22330113/
この一番下のとか良さそうです。
斜体ロゴ時代のBrentwoodな気がしますね。
デッドでこれならお買い得かと…
2014.08.26 Tue 00:51
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

marumono さん、こんばんは。

> 少なくともネット上では程度の良い古い年代のものが少ない気がします。
> 買った人が気に入って履いている率が高いのでしょうかね?

少ないですねえ。今買えないブランドではないし、オールデンのようにブランドの
神通力があるメーカーでもないので、エアポケットなのかもしれません。
デッドが少ないのは早くから自前のリテールストアを展開してたからみたいですね。


> 最近好きなV-tipの靴が多く、斜体ロゴにめぐり合わないかな~と思っています。
> 一つebayにあるのですがウィズがAA、、、せっかくの履き心地ならジャストサイズでと我慢しています。

記事に書いた Brentwood、ネストさんが以前70sの箱付きデッドを入れてました。
http://www.nestclothingstore.com/2009/09/10/111531/
これカッコイイですよねえ(^_^)

お金をかけずに時間をかけて探すのが旧靴趣味の醍醐味とも言えますから、
サイズには妥協せずに選びたいですよね。って私が言っても説得力ゼロですが(^^;
2014.08.26 Tue 00:52
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

なおきさん、こんばんは。

> アレンは変にAldenと並ぶ位置にいるせいで評価が低い気がしますね。
> だったら人気のある方がいいや、みたいな…
> 現行のは何かちょっと野暮ったい感じもありますしね…。

おっしゃる通りだと思います。
Gatsby Collection のようにカッコイイのも作れるのに、もったいないですよね。

> そうこう言ってたらちょうど、BRIDGEにアレン入ってますね。
> http://bridge099.exblog.jp/22330113/
> この一番下のとか良さそうです。
> 斜体ロゴ時代のBrentwoodな気がしますね。
> デッドでこれならお買い得かと…

わあお!これがあるからブリッジさんは。。。
今BrentwoodはUチップになってしまってるんで、これは買いですねえ(>_<)
なおきさん、素敵な情報ありがとうございます!
2014.08.26 Tue 01:10
Edit | Reply |  

Name - marumono  

Title - 

お返事ありがとうございます。

リテールストアがメインになればデッドストックにならないですもんね。納得です。

nestさんは仕入れが凄いですね。見てるだけでも楽しめます。そしてBRIDGE さんも!
Allenはsplit-toeなのがたくさんあって、マークしてるこいつはモデル名がわからないんです。ご存じでしょうか ?
http://m.ebay.com/itm?itemId=261499061008

あと、上のなおけんたさんのカナダ製フローシャイムに便乗して、、、ここにもあり、迷ってます。
http://auction.rakuten.co.jp/item/11731357/a/10002924
出品者の方が定価で購入と書かれてるのでそんなに古くはないのかもしれませんが質が良さそうです。
カナダ製は新しい年代でも品質キープされてたのかも?

欲しいものだらけです。。。

2014.08.26 Tue 10:54
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

marumonoさん、こんにちは。

> Allenはsplit-toeなのがたくさんあって、マークしてるこいつはモデル名がわからないんです。ご存じでしょうか ?
> http://m.ebay.com/itm?itemId=261499061008

“tom,dick and harry”かと思います。
http://issuu.com/allenedmonds/docs/1974-catalog

「猫も杓子も」という慣用句ですね。

> http://auction.rakuten.co.jp/item/11731357/a/10002924
> 出品者の方が定価で購入と書かれてるのでそんなに古くはないのかもしれませんが質が良さそうです。

なおけんたさんからも聞かれて、まじまじと観察しました。
パッと見70sに見えるんですが、よく見るとソールの作り込みは重厚ですね。
Intercoが買収したカナダの会社というのは、調べたら Savage Shoe Coというメーカーでした。
カナダ最大ではなくて、「最大級」でした。
このファクトリーで製造された可能性が高いので、おっしゃるように本国仕様に比べてクオリティが維持されたのかもしれませんね(^_^)
2014.08.26 Tue 12:17
Edit | Reply |  

Name - marumono  

Title - 

早速ありがとうございます。
「猫も杓子も」ですか!
慣用句を冠しているなんてこれまたモノ好き魂をくすぐるネーミングですね。

「どんな人にもおすすめ」て感じでしょうか?
Issueでカタログを順番に見たところ、68年で登場し77年まで載っていました。
途中まで同じtom,dick and harryでローファーやウイングチップも展開していたみたいですね。
程度も良さそうなので気になります。

カナダ製のflorsheimにはそんな背景があったんですね。
ebayにも数点しか出品されていないので数はかなり少なそう。品質も高いとなると惹かれてしまいますね。

色々と勉強になりました!ありがとうございます。
2014.08.26 Tue 20:24
Edit | Reply |  

Name - yuki-eleanor  

Title - 

europeanblendさん、お返事、ありがとうございます。

>ほう、そのようなトップリフトが付いているんですね。
>60sでしょうか。

私の所有している”The Newport”は、63年のカタログの15ページに記載されているものです。
(http://issuu.com/allenedmonds/docs/1963-catalog)
また後年にも、同じ名称で、デビューしていますが、モカの縫製が若干簡略化されている(ピンキングが無くなっている)みたいですね。
たまたまSuper 8 Shoes さんで、販売されていました。(http://www.t-8intl.com/ds/ds1017.html)

>確かに手持ちのMacNeilにもオウルクリート仕様とラバー仕様があります。
>旧いMacNeilの鋭角に切れ込んだラストも好きです。

やはりそうでしたか。同じモデルでも年代によって、差異があるのでしょうね。
私も旧アレン特有の攻め込んだラスト好きです!実際履いてみると、土踏まずをサポートしてくれる印象がありますし。

>アレンが今イチ日本で人気ないのは、ちょうど国産の上級靴と価格帯がかぶっているから
でしょうか。。。やっぱり縫製の丁寧さは国産に分がありそうですし。
>オールデンの個人輸入は皆さんやってますけど、アレンは関税かかると旨みもないですし、
かと言って国内定価で買うのも。。。という感じなのでしょうね。

確かに、価格帯が中途半端なところが不人気の要因かもしれませんね。革靴に3万までが限度って人には、高いですし、靴が好きで、値段は惜しまないって人は、グリーンやロブとかのランクにシフトするような感じが…。

”Brentwood”、カッコイイですよねー。私もアレンのなかで好きなペアの一つです。
以前斜体ロゴ期の”Brentwood”を見つけたのですが、少し前に別のペアを買ったばかりだったので、躊躇していたら、あっと言う間に売れてしまいました…

ちなみに、そのペアは後に、古靴好きの友人が購入するっていうオチがあって、驚きましたが(笑)
2014.08.27 Wed 01:37
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

marumonoさん、こんにちは。

> 「どんな人にもおすすめ」て感じでしょうか?
> Issueでカタログを順番に見たところ、68年で登場し77年まで載っていました。
> 途中まで同じtom,dick and harryでローファーやウイングチップも展開していたみたいですね。

この「猫も杓子も」ラインを揃えておけば、一通りのラインナップが揃ったワケですね。
歴代カタログ見てると、アメリカ靴の流行の変遷がよく分かりますね。
日本のギョーザ靴の原点みたいなものもあって、それはそれで興味深いです(^^;


> カナダ製のflorsheimにはそんな背景があったんですね。
> ebayにも数点しか出品されていないので数はかなり少なそう。品質も高いとなると惹かれてしまいますね。

60年のカナダの新聞広告に「もうNYまで行かなくていい。ついにあのフローシャイムがカナダで生産開始」みたいなことが書いてありました。
私も興味が出てきましたので、手に入れられたらご紹介下さいね(^_^)
2014.08.27 Wed 13:29
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

yuki-eleanor さん、こんにちは。

> 私の所有している”The Newport”は、63年のカタログの15ページに記載されているものです。
> (http://issuu.com/allenedmonds/docs/1963-catalog)
> また後年にも、同じ名称で、デビューしていますが、モカの縫製が若干簡略化されている(ピンキングが無くなっている)みたいですね。

なるほどなるほど。これはたいへん勉強になります。
筆記体ロゴがヒールに使われてるので、やはり斜体字への移行期となりますね。


> やはりそうでしたか。同じモデルでも年代によって、差異があるのでしょうね。
> 私も旧アレン特有の攻め込んだラスト好きです!実際履いてみると、土踏まずをサポートしてくれる印象がありますし。

MacNeilなんかのアーチサポートって、独特ですよね。
あれも良い働きをしていると思います。

> 確かに、価格帯が中途半端なところが不人気の要因かもしれませんね。革靴に3万までが限度って人には、高いですし、靴が好きで、値段は惜しまないって人は、グリーンやロブとかのランクにシフトするような感じが…。

おっしゃる通りだと思います。普通の勤め人の経済感覚としては靴は3万までですよねえ。
それでもかなりこだわっている方かと。
σ(゚∀゚)なんかは完全にその経済感覚が崩壊しているワケですが(^^;

「仁義なき戦い」で、「わしらどこで道間違えたんかのう」という有名なセリフがあるんですが、
旧いアメリカ靴の箱の山を見てると、思うんですよ、「どこで道間違えたんかのう」って(笑)


> ちなみに、そのペアは後に、古靴好きの友人が購入するっていうオチがあって、驚きましたが(笑)

さすがにお友達だけあって気が合うという。。。(笑)
近くにいる人が欲しい靴を買うと、うらやましい半面、その靴を身近で眺められる幸せも得られますよね。
2014.08.27 Wed 13:55
Edit | Reply |  

Name - かや  

Title - 

なおきさんのアレンエドモンズの記事から飛んできました笑

筆記体のアレンエドモンズが欲しいのですがなかなか姿を現してくれません。同じ時代の他メーカーの靴は多く所有していますが、アレンエドモンズに関してはなかなか出てこないんですよね…。
珠数が少ないわけじゃないとは思うのですが、なぜなんでしょう?

ちなみにyuki-eleanorくんの言っているBrentwoodですが、僕が颯爽と購入しました笑
ここで紹介しているやつです。
http://shukaya.blogspot.jp/2013/12/16allen-edmonds-brentwood.html
2014.11.24 Mon 23:40
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

かやさん、こんばんは。

> なおきさんのアレンエドモンズの記事から飛んできました笑

なんか、なおきさんが禁を破ってますね(^_^) よしよし。


> 筆記体のアレンエドモンズが欲しいのですがなかなか姿を現してくれません。同じ時代の他メーカーの靴は多く所有していますが、アレンエドモンズに関してはなかなか出てこないんですよね…。
> 珠数が少ないわけじゃないとは思うのですが、なぜなんでしょう?

デッドが出にくいのは当然としても、ユーズドならもっと出てきてもいいはずですよね。
たぶん、フローシャイムなんかと違って、現行でもクオリティを保ってるからじゃないですかねえ。
それにそこそこ値段もリーズナブルですし。好き好んでユーズドを買う理由がない、というか。
私たちにはあるんで(笑)、出して欲しいですよね、布タグ。

> ちなみにyuki-eleanorくんの言っているBrentwoodですが、僕が颯爽と購入しました笑
> ここで紹介しているやつです。
> http://shukaya.blogspot.jp/2013/12/16allen-edmonds-brentwood.html

さきほど拝見しました。
私もなおきさんの紹介でブラウンのものを購入しましたが、これ良いですよね。
トゥの縫い目の長さ、エラーコインみたいで、逆レアですね(^_^)
マニア愛好家にはたまらん。
一粒で二度美味しいですね。
2014.11.25 Tue 01:24
Edit | Reply |  

Name - マサキ  

Title - 

europeanblend さん、はじめまして。
マサキと申します。

なおけんたさんのブログにはたま~にコメントさせてもらったりしているのですが
europeanblend さんのブログも毎日欠かさずチェックさせてもらってます。

アレンは私も好きなメーカーの1つです。
といっても80年代を1足持っているだけですが(^^;)
で今回、eBayでスペクテイターを探していたら、斜字体のアレンを発見したので
落札してみました。(安かった!)

こちらです。

http://www.ebay.com/itm/111534773084

実際届いてみないと、どの程度のものかわかりませんが
改めてこちらの記事を再読し、気分を盛り上げています(笑)

2014.12.04 Thu 20:17
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

マサキさん、はじめまして。いらっしゃいませ(^_^)


> なおけんたさんのブログにはたま~にコメントさせてもらったりしているのですが
> europeanblend さんのブログも毎日欠かさずチェックさせてもらってます。


ありがとうございます(^_^) 
そう言って頂けると励みになります。


> アレンは私も好きなメーカーの1つです。
> といっても80年代を1足持っているだけですが(^^;)
> で今回、eBayでスペクテイターを探していたら、斜字体のアレンを発見したので
> 落札してみました。(安かった!)
> こちらです。
> http://www.ebay.com/itm/111534773084


これはお買得でしたね! 
Broadstreet の1980年製でしょうか。


> 実際届いてみないと、どの程度のものかわかりませんが
> 改めてこちらの記事を再読し、気分を盛り上げています(笑)

お気持ちよく分かります(^_^)
待ってる間がいちばん楽しくて、ヤキモキしますよね。
届いたら、感想を聞かせてください。
2014.12.05 Fri 00:15
Edit | Reply |  

Add your comment