http://analyzer.fc2.com/ -->

N.O.S. w/box (旧お気に入りモノ図鑑)

自分の好きなモノ、気になるモノを紹介していくブログです。

DOUBLEWEAR SHOE COMPANY CATALOGUE (1952 SS) 

ミネソタ州ミネアポリスにあった DOUBLEWEAR SHOE COMPANY。
セールスマンによるカタログ販売が主体のメーカーだったことは古いアドで分かるのですが、
その実態はイマイチ不明。

ただし、以前のRW社への問合せにより、少なくともブーツの一部はRW社のOEM品と判明しています。

今回、1952年のカタログが部屋から出てきましたので(^^;
アメリカ旧靴ファンの皆様にシェアさせていただきます。

今は(おそらく)もう存在しないメーカーのものなので※著作権云々は問題ないでしょうが、
念のため数日間の期間限定アップとさせてください。

50s初期のアメリカ靴の意匠が大体揃っていて面白いと思います。
今回短靴、次回はブーツを掲載予定です。
お早めに保存ください。(サムネイルクリックで大きくなります)

※著作権者である法人が解散し,その法人を承継する者がいない場合,著作権は消滅します(著作権法62条1項2号) <http://www.kigyou-houmu.com/700_qa/700001/  より引用>





scan-004.jpg

scan-003.jpg

scan-001.jpg

scan-002.jpg

scan-006.jpg

scan-007.jpg

scan-008.jpg

scan-009.jpg

scan-010.jpg

scan-011.jpg


Comment

Name - Tim  

Title - 

europeanblendさんこんにちは
素晴らしい資料をありがとうございます。
こうしてみると、アッパーのステッチを三重四重に縫うのは、当然だったんですね。
コバのステッチの間隔も細かいものと大まかなものがあって、うわさどおり使い分けていたのもよく分かりますね。
968のデザインは異彩を放っているように見えます(^^;)
しかしこんな貴重なものが出てくるなんて、どんな部屋・・・
2014.07.15 Tue 19:03
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

Timさん、こんにちは(^_^)

> こうしてみると、アッパーのステッチを三重四重に縫うのは、当然だったんですね。
> コバのステッチの間隔も細かいものと大まかなものがあって、うわさどおり使い分けていたのもよく分かりますね。

こういう大衆靴でさえ、ここまで丁寧なので、良い時代ですよねえ。
まさにアメリカ靴の全盛期、という感じです。

> 968のデザインは異彩を放っているように見えます(^^;)

Timさんもそう思われますか。そのThe St Pete、Cushioned Sandalって書いてありますね。
こんなの見たことないです。

> しかしこんな貴重なものが出てくるなんて、どんな部屋・・・

以前何かに取り憑かれたようにアメリカ靴関連のものを集めた時期がありまして、
そのためにデッカイ物置まで買いました←バカ(๑≧౪≦)
USPSの箱に入ったままのもチラホラあって、正直自分でも把握できていません(^^;
もう買わないぞ、と何度か決意したのですが、つい...(笑)。
2014.07.15 Tue 20:11
Edit | Reply |  

Name - なおけんた  

Title - 

この時代のカタログっていいですよね。
「絵」で描かれた方が趣があります。多少実際の靴と雰囲気が違うときもありますがご愛嬌。

私は個人的には856・857が好きですね。やはりシボ革・・・・。
977あたりのデザインは今はあまり見ないのでかえって新鮮です。これが本当のUチップと誰かが言っていたような気がします。
2729は先日私がオーダーしたCITTAの靴に似ています。ただし、本人の足が幅広甲高なためにシルエットは似ていません。
2014.07.15 Tue 21:28
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

なおけんたさん、こんばんは♪

> この時代のカタログっていいですよね。
> 「絵」で描かれた方が趣があります。多少実際の靴と雰囲気が違うときもありますがご愛嬌。

ですね(^_^) weyenbergに付いてる例のリーフレットの絵も好きです。
あれ、コンプリートしたいです。

> 私は個人的には856・857が好きですね。やはりシボ革・・・・。

あの超絶 The Viking (って勝手に決め付けてますが 笑)そっくりですね。
あれを超える靴はそうそうないかと(^_^)


> 977あたりのデザインは今はあまり見ないのでかえって新鮮です。これが本当のUチップと誰かが言っていたような気がします。

この意匠、フローシャイムでは“U-wing”と呼んでたようです。
JARMAN なんかにもあります。どこかオリジナルか分かりませんが、
各社とも出していたんでしょうね。

> 2729は先日私がオーダーしたCITTAの靴に似ています。ただし、本人の足が幅広甲高なためにシルエットは似ていません。

なおけんたさんのページで初めて知ったのですが、CITTAさん良さそうですね。
地元デパートに入ってるジョンロブのオーダー靴、見せてもらったことあるのですが、
それはそれはため息モノでした(>_<)
数年前の話ですが、お値段聞いたら、1足50万からで、2足からお願いしています、
とのことでした。クルマ買える...(๑≧౪≦)
2014.07.15 Tue 22:08
Edit | Reply |  

Name - tomojin329  

Title - 

europeanblendさん

お久し振りです。
凄いです!永久保存させて頂きますm(__)m
靴も魅力的で見ているだけで楽しめますね🎶

>こういう大衆靴でさえ、ここまで丁寧なので、良い時代ですよねえ。
まさにアメリカ靴の全盛期、という感じです

この年代に触れてしまうともう戻れない所に来てしまいますね^^;
私はもう完全に呑み込まれてしまったので、部屋の荷物を移動するなりして靴の保管場所を確保しないと・・・
2014.07.17 Thu 00:44
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

tomojin329 さん、こんにちは(^_^)

喜んでいただけたようで、嬉しく思います。

少々マニアックな意見かもしれませんが、私はこのような大衆靴に
アメリカ靴の魅力を感じています。
あまり高級なものだと英国靴っぽくなってしまいますし。

この富山の薬売りのようなカタログ販売のシステムも興味深いです。
ネット販売のハシリというのでしょうか。


> この年代に触れてしまうともう戻れない所に来てしまいますね^^;

そうですね(^^; 50sはどのブランドも魅力的ですから。
普段使いの肩肘張らないビンテージとしては60s70s80sも良いと思いますし、
たぶんグルグル回るんだと思います。
私はすでに5周目くらいです(^^;

そろそろプラットフォームシューズも良いかな、と 笑


> 私はもう完全に呑み込まれてしまったので、部屋の荷物を移動するなりして靴の保管場所を確保しないと・・・

これが私たちのいちばんの問題ですよねえ(´Д` )
物置にエアコン付けたいと言ったら家族に呆れられたし(^^;



2014.07.17 Thu 12:48
Edit | Reply |  

Add your comment