http://analyzer.fc2.com/ -->

N.O.S. w/box (旧お気に入りモノ図鑑)

自分の好きなモノ、気になるモノを紹介していくブログです。

Campbell’s Health Shoe Punched Cap Toe 


Campbell’s Health Shoe の織りタグがついた Punched Cap Toe

デッドストックで、50年代のものと推定しています。

 IMGP6111.jpg

素材はキッドスキン。


IMGP6106_2014070213063137b.jpg

キッドスキン+タンカラー+キャップトゥ+白糸ウェルトの組み合わせは

私的にベストの組み合わせ。これがあれば生きていける。



IMGP6108_20140702130628aba.jpg

 

行きつけのビンテージ靴屋さんの店長さんが言っていました。

「ビンテージアメリカ靴好きは最終的にはキッドに行くんですよね」って。


IMGP6113.jpg



特に旧い年代のキッドスキンは独特の風合いがあって、魅力的です。




IMGP6109.jpg

 

Campbell’s Health Shoe というのはNYにあった老舗矯正靴店だったようで

ロゴのパテントも切れているので、かなり前になくなっている様子。

ここがどこかのメーカー(たぶん、あそこ)にOEM依頼したものでしょう。


IMGP6112.jpg

 

この独特なオーソペディック靴のフォルム。

悪く言えばアグリー、良く言えばファニー?


IMGP6110.jpg



とにかく足への負担をかけないように、という機能だけを追究した結果の

もので、計算されたデザインではないのでしょうけど、こういう機能美には

大変惹かれるものがあります。


IMGP6102.jpg

 

伏せ縫いされたソール面。


IMGP6101_20140702131124ba4.jpg 


滑り止め付きの波型ヒールが使われています。


IMGP6118.jpg

 

さまざまなサイズと幅を用意し、中敷調整や場合によってはヒールの高さの

調整まで行うオーソペディックシューズ専門店。

NYなんかにはいくつか残っているようなので、立ち寄ってみるのもいいかも

しれません。

IMGP6095.jpg 


Comment

Name - tomo  

Title - 

europeanblendさん。こんにちは。

なるほど、この前europeanblendさんが私のブログで言っていた事が良くわかります。メチャクチャ雰囲気がありますね!自分もeuropeanblendさんの助言通り、キャップを鏡面にして履いてみました。確かにハンサムになりました(^^)ありがとうございます。
キッドスキンは、オーソペディックシューズでよく使われるんですね。あの柔らかさと軽さ、納得です。勉強になりました。

またぜひ素晴らしい靴を期待しております^_^
2014.07.02 Wed 21:47
Edit | Reply |  

Name - 電池  

Title - 

お久しぶりです。

やはり白ウェルトステッチはたまりませんね。私はやっと少しキッドスキンに魅力を感じはじめました。しかし、手を出すのはもう少し先でしょうか…

この靴、アウトソールを見たら美しいフォルムを期待させますが、実際は愛嬌のある形となかなかおもしろいですね。

2014.07.02 Wed 21:48
Edit | Reply |  

Name - ybkr  

Title - 

こういう年代のレンガ色な靴ってカーフもキッドもツヤツヤで毛穴丸出しで肉々しい皺が入ってて何故か愛嬌ありますよね
縫いの細かい生成りの白糸もほんと好きです。もしかして製造時は真っ白だったのかもしれませんが。
例のJ.W.Carterもそんな感じのやつよく見ますね。
2014.07.02 Wed 22:33
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

tomoさん、こんにちは♪

> なるほど、この前europeanblendさんが私のブログで言っていた事が良くわかります。メチャクチャ雰囲気がありますね!自分もeuropeanblendさんの助言通り、キャップを鏡面にして履いてみました。確かにハンサムになりました(^^)ありがとうございます。

磨かれましたか(^_^) カーフとキッドの異素材コントラストも趣があって良いですよね。

> キッドスキンは、オーソペディックシューズでよく使われるんですね。あの柔らかさと軽さ、納得です。勉強になりました。

そうですね。見た目よりも強いですし、柔らかいので整形靴に最適かと。
でも、今こういうのないですから、昔のものが貴重ですね。

> またぜひ素晴らしい靴を期待しております^_^

ありがとうございます。
tomoさんのブログも楽しみにしています(#^.^#)
2014.07.02 Wed 23:15
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

電池さん、こんにちは☆

> やはり白ウェルトステッチはたまりませんね。私はやっと少しキッドスキンに魅力を感じはじめました。しかし、手を出すのはもう少し先でしょうか…

いずれキッドには行かれるかと(^^ゞ
昔のアメリカ靴ならではの素材ですし。

> この靴、アウトソールを見たら美しいフォルムを期待させますが、実際は愛嬌のある形となかなかおもしろいですね。

矯正靴なので、形はアグリーというか、独特ですね。
でもこれがまたたまらんのです。
電池さんもぜひこちらの世界へ(^^ゞ
2014.07.02 Wed 23:26
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

ybkrさん、お久しぶりです!
またコメントいただき、ありがとうございます(#^.^#)

> こういう年代のレンガ色な靴ってカーフもキッドもツヤツヤで毛穴丸出しで肉々しい皺が入ってて何故か愛嬌ありますよね

ybkrさんなら分かって頂けますよね(^_^)
そう、この艶とシワが何とも...

> 縫いの細かい生成りの白糸もほんと好きです。もしかして製造時は真っ白だったのかもしれませんが。
> 例のJ.W.Carterもそんな感じのやつよく見ますね。

たぶん、製造時も真っ白というより生成りだったかもしれないですね。
その後、Carterは無事手に入られたのでしょうか?(^_^)

Cartersを超えるキッドスキンをいまだに発見できません。
またよろしくお願いします。

2014.07.02 Wed 23:36
Edit | Reply |  

Add your comment