http://analyzer.fc2.com/ -->

N.O.S. w/box (旧お気に入りモノ図鑑)

自分の好きなモノ、気になるモノを紹介していくブログです。

Florsheim Punched Cap Toe (40s) 

プチ復活 (・・||||r

皆様、お久しぶりです(*゚▽゚*)

ずいぶんサボってしまい、申し訳ありませんm(_ _)m

少しずつまたやって行きたいと思います。

とりあえず、週1目標。。。

よろしくお願いたします。


今回はこれから。



florhseim 40s1


Florsheim Punched Cap Toe。

デッドではありませんが、40年代のものと思われます。


florsheim the rambler

florsheim the brookfield



おそらく The Brookfield かThe Rambler というシリーズのもの。

有名なThe Kenmoor 以外にも、Florsheim の昔の靴にはこういうモデル名が与えられていました。


IMGP5601.jpg


バルモラル+6アイレットのフレンチトゥで、たいへん美しいシルエット。


IMGP5599.jpg



白糸ウェルトにタンカラー、サイドのストンと落ちた切り返しステッチ。

ワタシ的には完璧です。



IMGP5606.jpg


丁寧に伏せ縫いされています。Florhseim でヒドン処理されているものは
割と旧いです。ざっくり40sまでと言って良いかと。詳しくはまだ検証中ですが。

※50s後半のペアで、伏せ縫いされたものを見かけました。
 この辺については引き続き検証していきたいと思います。


このように使用によって剥がれ、一部ウェルトが露出しているのを見ると
萌えますね(#^.^#)


IMGP5617.jpg


ミントコンディションではあったのですが、やはり履き口のところが割れてきていた
ので、いつものSTOMPさんに補強修理に出しました。

ついでにトゥにラバーも。単にかぶせてるのではなく、ツライチにしてくれています。

いつもはビンテージスティール埋め込みか、半円スチール打ち込みしてもらうんですが、
この靴は日常用にと思ったので。


IMGP5613.jpg


ユーズドだと普段履きするのに抵抗がないのが良いですよね。
これが箱付きデッドだと恐れ多すぎて、なかなか下ろす気になれない。

デッドストックをデッドストックしてることになるわけですが(^O^;)

まあ、貴重なデッドを後世に伝えるという使命を帯びている(ような気がする)
ので仕方がないですけど。。。


IMGP5596_20140503194530e02.jpg


70s、80s の「釘いっぱい」 インペリアルも最高ですが、
旧いドレスラインのフローシャイムにはまた別の魅力があります。

良い意味で「こじんまり」感があるのです。

この「こじんまり」感、良いドレスシューズの条件だと思うのですが、
この靴はそれを体現していると思います。


florsheim

Comment

Name - なおき  

Title - 

こちらにコメントさせて頂くのは初めてになりますでしょうか。復活お待ちしてました!
私のブログにもコメントありがとうございました。
相変わらず素晴らしい靴をお持ちですねー。
FlorsheimはImperialしか持っていないので、こういうImperial以前のナチュラルに上質な靴は憧れであります。何せ古いので自分のサイズが出ないのが難点ですね…。
これからも自分のペースで更新を続けていって下さると嬉しく思います。
それでは失礼致します。
2014.05.03 Sat 22:03
Edit | Reply |  

Name - Shoesadict  

Title - おめでとうございます

復活おめでとうございます。
私もコントをいただき嬉しく思っております。
休止中も度々足を運ばせて頂いていたので、新たな記事を拝読できることに心躍らせています。

おっしゃる通り、古いFlorsheimのドレスシューズは魅惑的ですよね。
私は慎重に比して足が小さく、ミニマルな内羽根の靴を履くと不自然に足が小さく見えてしまうため、着用する機会に恵まれませんが。
どうしても、ストームウェルとでコバの張ったペアの出番ばかりが増えてしまいます。
そうして私もデッドストックをデッドのまま眠らせる使命を全うしています(笑)

それではこれからもご指導のほど何卒宜しくお願い致します。
2014.05.04 Sun 05:13
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

> なおきさん

暖かいコメント、ありがとうございます。

いろんな靴に手を出してきましたが、結局昔のフローシャイムに着地してしまうの
かな、と思います。

現行品ではもちろんオールデン。

こう言い切ってしまうと話が終わってしまいますが(#^.^#)

なおきさんの特にサービスシューズに関する深い考察、読み応えがありました。

今後ともよろしくお願いします。
2014.05.04 Sun 11:40
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

>Shoesadict さん

たいへん元気の出るコメント、ありがとうございます(^O^)/

全体とのバランス、大事ですよね。靴やタイはあまり目立っちゃいけない、なんてことも
言われるんで、ご苦労、お察しいたします。

そう、デッドストック靴を「買って」るというより、「保護して」るという感覚ですね(*゚▽゚*)

私も周りの人にデッド靴をあげたり買わせたりしてるのですが、その人が惜しげもなく下ろして
いるのをみると、「履いちゃったんだ...」と思ったりします('∀`)

靴は履くものなんですけどね...

こちらの方こそ、いろいろ教えて下さい。

お互いアメリカ靴道に精進してまいりましょう(^O^)




2014.05.04 Sun 12:01
Edit | Reply |  

Name - なおけんた  

Title - 

復活おめでとうございます。
いや、ありがとうございます。
待っておりました。
40'S,50'Sのフローシャイムはすばらしいですね。
この時代のものはどれも品質がいいんですね。後年ブランドを細分化し、レギュラーラインの品質が落ちてくる中で、インペリアルやらロイヤルインペリアルやらのたいそうなネーミングを作ってきたのがよくわかります。
なかなか手に入らないものなんでしょうけど・・・

これからも楽しみにしております。
2014.05.04 Sun 13:29
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

> なおけんた さん

こんにちは。温かいコメントありがとうございます('∀`)

ブログいつも拝見しております。

なおけんたさん、なおきさん、Shoesadictさんのブログが再開の刺激になりました。

ですので、感謝すべきは私の方です。ありがとうございます。

フローシャイムはアメリカ靴の歴史を探る上で、もっとも参考になるブランドかと思います。

ただ、おっしゃるように、特に50s以前の箱付きデッドは見つけにくいメーカーです。

少しずつですが、再開していきますので、いろいろご教授下さい。

これからもよろしくお願いします。


2014.05.04 Sun 16:23
Edit | Reply |  

Name - Tim  

Title - 

ブログ復活おめでとうございます!
私はブログなど書いているわけではありませんが、古いアメリカのドレスシューズが好きで、ちょうどここにコメントされている皆さんのブログを、いつも楽しみにしています。
こちらのブログの復活、本当にありがたいです。今後とも楽しみにしております。
2014.05.04 Sun 18:35
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

> Timさん

嬉しいコメント、ありがとうございます(^O^)

楽しみにして下さる方がいらっしゃるのは、ブログを書く者にとってとても励みになります。

ここを、お三方のブログと共に、アメリカオールド靴ファンの交流の場にできれば、と思っております。

あまり頻繁には更新できないかもしれませんが、今後ともよろしくお願いします。
2014.05.04 Sun 19:08
Edit | Reply |  

Name - UsaMadeShoeHolic  

Title - 

初めてコメント致します。復活頂けて大変嬉しいです。以前から、靴購入の際や年代判別の折に度々参考にさせて頂いておりました。大変読み応えがあり、今後も貴重な情報提供を宜しくお願い致します。
2014.05.06 Tue 23:49
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

>UsaMadeShoeHolic さん

はじめまして。温かいコメント、ありがとうございますm(__)m

そう言っていただけると、思い切って再開して良かったです。

今後ともお気軽にコメント下さい。
2014.05.07 Wed 00:11
Edit | Reply |  

Add your comment