http://analyzer.fc2.com/ -->

N.O.S. w/box (旧お気に入りモノ図鑑)

自分の好きなモノ、気になるモノを紹介していくブログです。

Red Wing 915-2 

「アメリカ製ブーツ祭り シーズン4」 第4回。



IMGP5448.jpg


レッドウィング915-2。
1984年製のデッドストックで、PT83アプルーブド。



IMGP5451.jpg


鉱山労働者用のセーフティブーツで、スチールトゥ仕様。
少なくとも60年代から作られていて、89年製まで見たことがあるので、
おそらくその辺りでディスコンになった模様。

ただ同系統のキャップトゥブーツはその後も生産されていて、
90年代には4415、そして現在のアイアンレンジ・シリーズへと引き
継がれています。


IMGP5459.jpg



分厚いオイルドレザーに、ポッコリのスチールトゥ。
歴代のRWモデルの中でも屈指の力強いフォルムが特徴。



IMGP5445.jpg



この80sの915は深めのブラウンカラーで、端的に言えば焦げ茶色。
60s、70sの915は薄めの茶色が多いような気がします。

ただこの辺の染色具合に関しては、昔のRWはかなりアバウトで、
同時期、同品番でもかなり差がありますね。

作業靴ですから気にしなかったのでしょうが、中には期せずして
絶妙な2トーンになってるものもあったりして、逆に面白いです。




IMGP5457.jpg



ソールはレッドウィングの耐油コードソール。
基本的に915のソールはこれですが、旧いモノはコードソールの
白い繊維が目立つものが多いように思います。



redwing_915_60s_0828_01.jpg


また、60s のSafety Wing時代のものはヒールのレッドウィングマークが
文字通り赤だったり、



redwing 915.85


80sの一部には Neoprene の別バージョンが使われていたりします。



IMGP5453.jpg


昔の安全ブーツで、ファッション性など全く狙っていないのですが、
そんな部分にワークブーツとしてのリアリティを感じます。


Comment

Name - bowl  

Title - キャップトゥ好き

私はキャップトゥに惹かれます。
70年代の色が薄い茶にキャップトゥが以前オークションで出ていまして、買うか相当迷いました。
結局、買わなかったのですが、現物を見たら買わずに入られないかもしれません。
記事に書いている60年代のセーフティウイングも是非拝見したいですね。
2011.11.11 Fri 19:40
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - 

bowlさん、こんにちは。

記事のセーフティウィングの写真はwebから拾ってきた
もので、現物は所有してないんです(^^ゞ ごめんなさい。

60s、70sの915は意外と出てこないですよね。
私もあの色、好きです。

RWのセーフティラインのモノはデザインに必然性が
あって、惹かれるものがあります。
2011.11.13 Sun 19:11
Edit | Reply |  

Add your comment