http://analyzer.fc2.com/ -->

N.O.S. w/box (旧お気に入りモノ図鑑)

自分の好きなモノ、気になるモノを紹介していくブログです。

Chippewa の 6inch Height Work Shoe 

「アメリカ製ブーツ祭り シーズン4」 第3回



IMGP5356.jpg


チペワの6インチワークブーツ。
デッドストックで、50年代末期~60s前半のものと推定。



IMGP5364_20111102013623.jpg


ブラックに近いですが、濃い目のバーガンディという感じの色合い。



IMGP5334.jpg


素材はおそらくホースハイド。
厚みもさることながら、油分が多く、しっとりしています。
やはり昔の馬革は格別です。



IMGP5372.jpg


IMGP5373.jpg


IMGP5375.jpg



ソールの作りも若干高級感があり、なかなか色気が感じられます。



IMGP5347.jpg



オレンジステッチ。この手のブーツによく見られるディテールです。



IMGP5376.jpg


この刺繍縄タグは結構古いと思われます。
個人的な見解ですが、レッドウィングの紺タグに相当する時代
のもので、60年代半ば辺りまでのものと認識しています。



chippewa1947ad.jpg



50sまでと言う人が多いですが、もう少し後の時代まで使われ
ていたような気がしています。RWと違い、サンプル数が少ない
ので正確なところは言えませんが…。




chippewa.jpg



Chippewa Shoe Mfg Company は1901年、Wisconsin州 Chippewa Falls
にて創業。当初から林業従事者のためのロガーブーツを製造、第1次
世界大戦時、ヨーロッパでのブーツ需要の増大に伴い発展を遂げました。
1930年代には、チペワのブランドイメージであるエンジニアブーツを発売。


chippewa1940s.jpg


アウトドアレジャーが盛んになった1950年代にはさまざまな用途のワーク
ブーツやレジャーブーツを手がけていました。

1984年に Justin社の傘下に入りましたが、現在でもアメリカメイドのワーク
ブーツを生産し続けているのは周知のとおりです。



IMGP5361.jpg


このブーツ、残念ながら NOS / without BOXだったので、当時の箱も
是非見てみたいところです。

Comment

Name - bowl  

Title - 3拍子揃った逸材

50s・馬革・チペワの縄タグで十分すぎるほど目の保養になります。また、特にこれは好きですね。ベーシックなデザインで普遍性がありますし、ソールのレザーも写真でも良いものだなと思います。こんな素晴らしいブーツを見られるなんてここは最高です。こんな素晴らしいブーツをいつかは自分も履きたいです。
2011.11.02 Wed 02:24
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: 3拍子揃った逸材

bowlさん、過分なお言葉ありがとうございます。
bowlさんのような同好の方に見ていただいて
ブーツもさぞかし幸せだろうと思います('∀`)

あの店の社長さんによれば、10年くらい前までは
30s、40sのブーツがゴロゴロとは言わないまでも
ちょくちょく見つかっていて、かなりの数売った
そうなので、多分日本のどこかには凄いブーツが
たくさん眠っているんだと思います。

実は九州にたくさんあったりするかも、です。(#^.^#)
2011.11.02 Wed 18:06
Edit | Reply |  

Name - -  

Title - 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
2011.12.04 Sun 12:52
Edit | Reply |  

Add your comment