http://analyzer.fc2.com/ -->

N.O.S. w/box (旧お気に入りモノ図鑑)

自分の好きなモノ、気になるモノを紹介していくブログです。

Bondshire のウェリントンブーツ 

アメリカ製ブーツ祭り シーズン4。

今シーズンの第1回目はこれ。



IMGP5143.jpg


Bondshire のプルオンブーツ。
デッドストックで、1960年代のものと推定しています。




IMGP5141.jpg



アメリカでこういうタイプのブーツは、ローパーとか、RWではペコス
などと呼ばれ、主に農場等での作業用として普及してきましたが、
このブーツに関しては、おそらく日常用に作られたものと推察して
います。



bondshire.jpg


Bondshire はウィスコンシンの Weinbrenner社が持っていたライン。
1892年創業の同社は、現在でも Thorogood ブランドを中心とする
ワークブーツメーカーとして存続していますが、60年代あたりまでは
このBondshire名義で主に紳士用のドレスシューズも手がけていました。



bondshire40s.jpg


たまに Bondshire の50s付近のドレスシューズを見かけますが、どれも
素晴らしいクオリティで、Florsheim や Weyenberg などの高級大衆靴と
ほぼ同等のレベルにあるものが多いと感じます。

以前、通りがかりの古着屋さんに50年代のBondshireが置いてあって、
店員さんが「高級靴ブランドだったんでしょう」と解説してくれましたが、
確かにそう思えるくらい、この当時のアメリカ大衆靴はレベルが高かった
と思います。



IMGP5146.jpg


さて、このブーツ。
形的にはシンプルなので、とりたてて何ということもないのですが、
やはり革がしなやかで、味わい深いものがあります。



IMGP5157.jpg



作りも粗雑なところがあまりなく、それゆえ、全体的に引き締まった
ドレッシーな雰囲気になっています。



bondshiresole.jpg


ソールはたぶん合成樹脂系のもの。この辺も60sらしい。



IMGP5150.jpg


ワークブーツ系ともウェスタンブーツ系ともまた違う、プルオンタイプの
ブーツというところが面白いと思います。

Comment

Name - bowl  

Title - 

待ってましたブーツ祭り!
私がこのサイトにはまったのもブーツ祭りからなので、今年も楽しみにしています。
2011.10.30 Sun 03:13
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

bowlさん、こんにちは。

楽しみだなんて、恐縮です。ありがとうございます。
本当に好き勝手に書いてるだけなので、ご期待に添えるかどうか…。

19世紀のフローシャイムとか、30年代のホースハイドのデッドなんか
は出てきませんので、ご了承くださいませ(#^.^#)
2011.10.30 Sun 19:34
Edit | Reply |  

Add your comment