http://analyzer.fc2.com/ -->

N.O.S. w/box (旧お気に入りモノ図鑑)

自分の好きなモノ、気になるモノを紹介していくブログです。

Johnsonian のキャップトゥ(70s) 

IMGP4310.jpg




Johnsonian のキャップトゥ。
デッドストックで70s後半のものと思われます。



IMGP4294.jpg



素材はキッドスキン。
ヨーロッパの靴にもあるのかもしれませんが、こういう量産品に
使われていたという意味では、アメリカ靴ならではの素材かと。



IMGP4306.jpg




正直、50s~60sの古いものと比べると残念な感じが否めません。
作りがチープですし、キッドスキンの質感も今一歩、いや今三歩。

70sに入るとアメリカ靴のクオリティは緩やかに下降し始めるの
ですが、Endicott Johnson の場合はいきなりカクンと下がって
しまった感じがします。

もともと規模の大きな大衆靴メーカーでしたから、スニーカー等
と対抗上、コストダウンを早く進めざるを得なかったのでしょう。



IMGP4298.jpg




当時の価格も Florsheim や Weyenberg といった「やや高級な靴」
の半額以下。現代の日本に置き換えると、ロードサイドの靴屋さんで
いちばん高いリーガルが前者で、普通の棚に並んでいる手頃な価格帯
の革靴、という感じではなかったかと。
そう考えると、この2社と比べるのはそもそも無理があるかもしれません。



IMGP4293.jpg


Width が広いので、全体的にズングリしています。
ただキッドスキン素材ということもあって、独特の雰囲気を出している
ような気はします。


ej.jpg


その辺りが、かつて一時代を築いたE-J社の輝きの名残なのかもしれません。



Comment

Add your comment