http://analyzer.fc2.com/ -->

N.O.S. w/box (旧お気に入りモノ図鑑)

自分の好きなモノ、気になるモノを紹介していくブログです。

Johnsonian のフルブローグ 

IMGP2427.jpg




Johnsonian のバルモラル・ブローグシューズ。
デッドストックで、これはかなり旧いものと推定しています。



IMGP2422.jpg



独特の円形ブローグデザインが目を引きます。
これは1930年代に流行した、アールデコの影響を受けていると思われます。



IMGP2419.jpg

IMGP2400.jpg



ブローギング自体も立体的で、革質も素晴らしく、仕上げの荒さは若干ある
ものの、大衆靴であったことを考えると、驚異的とも言えるデキの良さです。


Johnsonian は Endicott-Johnson社が持っていたドレスシューズライン。
1899年創業のE-J社は、戦前から5、60年代にかけてアメリカ最大級の規模
を誇ったシューメーカー。

創業者のひとり、ジョージ・フランシス・ジョンソンは「スクエア・ディール」
という革新的な経営手法の提唱者として知られ、従業員向けの学校や病院、
レクレーション施設を建設するなど、労働者のモチベーションを上げるための、
さまざまな福利厚生の充実を図りました。20世紀初頭の話ですから、かなり
先進的な思想の持ち主だったと言えるでしょう。

このE-J社の「スクエア・ディール」はIBM創業者のトーマス・ワトソン・シニア
にも多大な影響を与えたとされます。IBMの福利厚生の充実ぶりは外資系の中で
飛びぬけている、と言われますが、そのルーツは実はE-J社にあったわけですね。



IMGP2404_20100620041755.jpg


話がそれましたが、この靴の年代を考証するために、4、50年代のJohnsonian の
広告を年代順にまとめてみました。



1948



これは1948年のJohnsonian のアド。
ロゴの下に‘The Smartest Shoes On The Square’のキャッチコピーが
入っていて、貴族風のおじさんの横顔が見えます。


1951


1951年のアド。この頃から‘GUIDE STEP’という新構造が大きく
フィーチャリングされるように。



1953

 
1953年。




1958


1958年のもの。肖像画が消え、代わりに‘EJ’マークが見られます。
コピーも“A Famous Family Name In Shoes”に。




1959


1959年。コピーが“The Famous Family Name In Shoes”に。



従って、これらをまとめると、

1 “GUIDE STEP”シューズは50年代以降。
2 「肖像画」が入るのは58年あたりまで。
3 “EJ”マークが(主に箱に)入るのは58年以降。

もちろん広告だけでは確定できないですが、目安にはなるかと。




IMGP2406.jpg


IMGP2396.jpg



この靴に関しては、

1 「肖像画」が入っている=58年以前。
2 “GUIDE STEP”ではない=51年以前?
3 JOHNSONIAN の“J ”が50sにはない、クラシックな飾り字体である

などの理由から、少なくとも50s初期、もしかすると40s、と思っています。




1941


これは40s初期のJARMAN社の広告。
ここにもかなり自由な感じのブローグ靴が載っていますね。
当時はこんな感じにアレンジされたブローグシューズが流行って
いたのかもしれません。
それにしても広告を見ているだけで、ヨダレもんです(^ - ^;



IMGP2397.jpg


こんなのを見ると、靴に関しては昔の方がぜいたくなように思います。
iPadやハイブリットカーと引き換えに、私たちが失ったものなの
かもしれません。


Comment

Add your comment