http://analyzer.fc2.com/ -->

N.O.S. w/box (旧お気に入りモノ図鑑)

自分の好きなモノ、気になるモノを紹介していくブログです。

METZ SHOES のプレーントゥ 

IMGP1382.jpg



METZ SHOESという表記が入った内羽根プレーントゥ。
ホールカット風のデザインで、なかなか洒落てる。

デッドストックで、1940年代後半から50年代前半のものと推定されます。



IMGP1400.jpg



かなり年季のはいった箱も付いてて、時代を感じさせます。
ロゴもかなりクラシカルな雰囲気。



IMGP1389.jpg


ソールには”Smith Synchro-Flex”の刻印があり、何やらたくさんパテント表記が見えます。



british walkers



いろいろ調べてみたところ、この靴はシカゴにあった J P Smith Shoe Company
というメーカーのものと判明。
ここは”British Walkers”というブランドを持っていたことで知られています。
これは1948年のアド。


"METZ SHOES"はシカゴの靴屋さんだったみたいで、1900年から中心街に店を
構えていたようです。

おそらくここが J P Smith社に作らせたものでしょう。


ところで、この”Smith Synchro-Flex”ですが、古い広告に詳しい説明がありました。


smith2.jpg


これは1938年1月22日の“ Pittsburgh Post-Gazette“紙に掲載されたもの。
図と説明をみると、スチールシャンクの一部をバネ状に成型し、前方の小さな
クッションと連動するしくみだったようです。

70年以上も前にこんな靴があったとは驚きです。



IMGP1390.jpg



この時代のアメリカ靴にしては珍しくDove型のゴムヒールが使われています。
“CUSTOM”の表記もあり、結構上級の靴だったと思われます。


055.jpg


スーツやシャツもそうですが、英国をルーツにしつつ、そこに大胆な合理性を加えている
のが、この時代のアメリカ文化の面白いところ。
とりわけ50~60年代のアメリカ靴には国としての「勢い」みたいなものを感じます。


Comment

Add your comment