http://analyzer.fc2.com/ -->

N.O.S. w/box (旧お気に入りモノ図鑑)

自分の好きなモノ、気になるモノを紹介していくブログです。

バンドカラーのプルオーバーシャツ 

IMGP0960.jpg


かなり古いスタイルのバンドカラーのプルオーバーシャツ。
ペザントシャツ、ファーマーシャツと呼ばれるものだと思います。



IMGP0982.jpg


リプロダクト品でなければ、おそらく1920〜40年代くらいのもの。
着丈がすごく長くて、181cmの私が着ても膝近辺まであります。



shirts.jpg


「タイタニック」でディカプリオが、「バック・トゥー・ザ・フューチャー III」
ではマイケル・J・フォックスが似たようなシャツを着ているのが確認できます。

「タイタニック」の時代設定が1912年、「B・T・T・F III」が1885年。
ディカプリオは貧しい青年の役どころですし、マイケルはドクから渡された当時の
普段着、という感じですから、たぶん庶民用のありふれたものだったのでしょう。



IMGP0978.jpg


素材はコットン、もしくはコットンリネン。
なめらかで、かなり独特の風合いがあります。


IMGP0983.jpg

IMGP0992.jpg

最大の特徴は、この襟元と後首のボタンホール。
これはカラーを付けるためのものと考えられます。
昔のシャツは、普段は作業着やパジャマとして、正装のときは衿を付けて、と
一枚二役をこなしていたようです。
日本でも昭和30年代くらいまでは、このようなデタッチト・カラーのシャツ
があったみたいですね。



IMGP0952.jpg

IMGP0998.jpg


前身頃部分とカフス部分にはジャガード織りの別布があしらわれています。
これもなかなか立体的で、凝ったつくりです。


IMGP1002.jpg

IMGP0973.jpg


後身頃が長い、いわゆるダックテールになっていて、マチで補強されています。



IMGP0980.jpg


この前立ての下に付いているチンストのようなものは、おそらくパンツのボタン
と接合させるためのもの。当時のパンツの股上はおそろしく深かったんですね。



IMGP0965.jpg



古着というよりはアンティークに近いかもしれません。
衿も付けてみたいので、今度オーダーシャツ屋さんに相談しようかと思っています。

Comment

Add your comment