http://analyzer.fc2.com/ -->

N.O.S. w/box (旧お気に入りモノ図鑑)

自分の好きなモノ、気になるモノを紹介していくブログです。

JOHNSTON & MURPHY のフルブローグ 

IMGP7389.jpg

Johnston & Murphy のフルブローグ。
70年代初期のデッドストック。

IMG_0081.jpg

これは同社のトップグレードである"Aristocraft"のもの。
インナー表記が手描きなことから、その中でも、後に"HAND MADE"
と呼ばれたラインものと思われます。

トヨタで言えば、クラウンに対するセンチュリーのようなものでしょうか。

IMGP7452.jpg

J&M社は、1971年以来、自前のリテールストアを全米に展開して
いて、一般の小売店にあまり卸していなかったようなので、ユーズド
はともかく、この頃のデッドストックはなかなか出てこないですね。

IMGP7419.jpg

実は、届くまであまり過度な期待はしてなかったのです。
ところが、これが想像以上にすばらしいクオリティ。

IMGP7392.jpg

特に革がしなやかでプリプリしてます。
J&M社の同時代のAristocraftモデルは他にも所有していますが、
あきらかに別物、といった感じです。

IMGP7401.jpg

コバの張り出しも控えめで、流麗なシルエット。
アメリカ靴に見られがちな粗野な感じがありません。

IMG_0072.jpg

ソールはヒドンチャネル仕上。トップリフトの楔形ラバーはオサリバン社製。

IMG_0079.jpg

手描きのインナー表記。"458"はスタイル番号、"206"が製造年月を表して
いると推察しています。とすると、1972年6月でしょうか。

IMGP7442.jpg

...と勝手に製造年を推理して楽しんでいたら、箱に答がありました。
マジック書きででっかく"1972"と(笑)。

IMGP7445.jpg

たぶん、これを仕入れたショップが書き足したもので、これを鵜呑みにして
いるわけではありませんが、おそらく正解でしょう。
当時の値札も貼ってあって、うっすら$59と読めます。
この価格から考えても妥当な推理かと。

IMGP7408.jpg


ちなみに、この"HAND MADE"ライン、その後も1980年から90年代後半
まで存在していたようで、こちらはより古いラストが使われている様子。
この頃になると、この仕様のものは主に受注生産のラインとして細々と作ら
れていたのだと思います。

IMGP7418.jpg

「大統領の靴」というブランドイメージを維持する必要上、通常のライン
とは別に、この"HAND MADE"ラインが存在したのでしょう。
大統領に提供する靴が量産品のはずはないでしょうし。

IMGP7379.jpg

何でも、末期の"HAND MADE"ラインの靴(1999年)は$1000したそう。
現在でもJ&M社に送れば、$250でオールソールしてくれるようです。
オバマ大統領にも靴を贈ってるはずなので、たぶんまだVIP専用の職人
さんはいるんでしょうね。

Comment

Name - 菊地 修  

Title - 

JMは、歴代米国大統領ご用達の靴で、35年位前初めてのボーナスで買いました。なかなか高値の華だったことを覚えています。写真の箱も当時の物だと思います。他のメーカーの箱も薄茶の箱が多かった事を覚えています。
アメリカのメーカーが頑張っていた頃の靴です。
2009.05.20 Wed 01:24
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - 

菊地さん、はじめまして。
たくさんのコメント、本当にありがとうございます。

どれもたいへん興味深いお話で、勉強になりました。
「夜の大走査線」、ぜひ見てみようと思います。

ご覧頂いたように、私は特に昔のアメリカ靴が大好きで、
収集というほどでもないですが、いろいろ買い散らかして
おります。お話にあったフローターのデザートブーツは以前
どこかで耳にしたことがあります。是非手にしてみたいものです。
マジソンというのは寡聞にして知りませんでした。それほど
カッコいいとは、これもたいへん興味をそそられました。
私の方こそ、いろいろ教えて頂ければうれしいです。
菊地さんのようにリアルタイムでこの頃の靴に触れられた方の
お話、ぜひお伺いしたいと願っておりました。

50s、60sのアメリカ靴、まだ記事に出来てないものがあります
ので、これからもすこしずつアップしていく予定です。
今後とも宜しくお願い致します。
2009.05.20 Wed 23:53
Edit | Reply |  

Name - ybkr  

Title - 

今更のコメントで申し訳ありませんが素晴らしいですね。
無印ARISTOCRAFTで70年代後期のものを持ってますが、既に釘打ちヒールをやめたゴムヒールですし内装も当然かなり違います。
ブラインドブローグでトーの形状がもっとボリュームの薄くスクエアがかったものなんで、ラスト自体違うようですが。
アッパーの質感もかなり違うんでしょうかね。古いHAND MADEラインもいつかは手に入れてみたいもんです。
ただブラインドブローグは磨くのが楽でいいですね。
2011.09.10 Sat 23:34
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

ybkrさん、こんにちは。

同じJ&M ARISTOCRAFTオーナーからのコメント、たいへん嬉しいです。

HAND MADEグレードは、90年代後半まではあったようで、画像で見る限り
では、この70sのものよりもっと古めかしく作られているように思います。
40s~50sに存在したものを忠実に再現した、という感じでしょうか。
ひょっとしたら今もオーダーラインとしてはあるのかもしれませんが、
アメリカのお金持ちも英国ビスポークなのでしょう。

ブログに書いたHAND MADEラインの靴はジョージア州コロンバスの
TILLMAN'S というお店で売られてたもののようです。
以前アトランタの靴屋で90sのHAND MADEがセールで出てた、という話が
あって、むこうの靴好きの間でちょっとした話題になりましたが、
やはりテネシーに近いアメリカ南部でよく発見されるようです。

スクエアトゥ気味のブラインドブローグ、良いですね。
私も同じ頃のスクエアトゥのアリストクラフトの内羽根ウィングチップを
持っていますが、ラストが優秀なのか、ビックリするくらい履き心地が良いです。

今後ともよろしくお願い致します。
2011.09.15 Thu 13:21
Edit | Reply |  

Add your comment