http://analyzer.fc2.com/ -->

N.O.S. w/box (旧お気に入りモノ図鑑)

自分の好きなモノ、気になるモノを紹介していくブログです。

Alden のキッドスキンブーツ(50's) 

IMGP6897.jpg

オールデンの6インチハイトブーツ。50年代後半(推定)のデッドストック。
モデルナンバーは#569で、モディファイドラスト。
系統的には、現行品としてまだ入手可能な短靴の#559の流れになるかと。

IMGP7064.jpg

アッパー素材はキッドスキン。トゥの部分はおそらくコードバン。

IMGP7062.jpg

私の持ってるコードバンとあまりに違いすぎて、最初は何の革か分からなかったほど。
さすがに60年前のコードバンは良質です。軽く布で拭いただけで素晴らしい輝き。
きっとこの頃はまだ馬革の供給量も多かったのでしょう。

IMGP7074.jpg

近年、50sのアメリカ靴のデッド自体が探しにくい状況のなかで、オールデンの
この時代のものは、かなり貴重かと思います。
オールデンがミドルボロウに移転してくる前、まだ同州内のブロックトンに工場を
構えていた時代のものでもありますし。

IMGP7101.jpg

最大の特徴は、この初期のモディファイドラストの形状(右)。
現行のモディファイド(左)より内側のアールがかなり鋭角に切れ込んでいます。

オールデンが矯正靴の分野に乗り出したのが1952年。モディファイドラストは50年代
後半から改良が進められ、1963年に完成ということですから、過渡期のモディファイド
ラストとも言えると思います。

IMGP6956.jpg

もうひとつの特徴が、この"ARCH SUPPORT"ヒール。
これは"FOOT BALANCE"以前にオールデンが使用していたもの。

alden-pedic.jpg
alden-pedic_oldads.jpg

これは1961年の医学雑誌(?)の広告。ここにすでに"alden-pedic" "foot balance"の文字
が見えることから、この"ARCH SUPPORT"ヒールはおそらく50年代、正確に言えば、1952年
から数年間用いられたものと考えられます。

IMGP6922.jpg

グリーンのインナーファブリックも初めて見ました。クラシカルですね。

ところで、このブーツ、どこにも"Alden"の表記はありません。同時期と思われる
オールデンには、ソール裏に当時の社名である"C.H.Alden"の刻印があるものも見かけます
が、この靴にはそれもなし。オールデン製のヒントは品番とソールの形状、それにヒール
だけ。これを見つけ出してくれた、いつもの靴屋の社長さんの眼力に敬服です。

IMGP6899.jpg

同年代の同じようなブーツは何足か所有していますが、雰囲気といい、作りといい、
やはり50年代でもオールデンは別格、と評価せざるを得ません。
オーソペディックシューズでありながら、実にカッコいい。

アメリカ靴ファンとしては、今後の収集意欲を継続して行く上であまり認めたくない部分
ではあるのですけど...。結論が出ちゃうとつまんないですし(^ ^;

Comment

Name - 通りすがりのブーツ好き  

Title - ブーツ

つかぬ事をお尋ねしますが、この記事のような希少なブーツは実際に履かれるのでしょうか?
2014.08.03 Sun 05:58
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: ブーツ

コメントありがとうございます。

> つかぬ事をお尋ねしますが、この記事のような希少なブーツは実際に履かれるのでしょうか?

このオールデンブーツに関しては、まだ履く勇気を持てていません。
いずれ、死ぬ前には。。。(^^;
2014.08.03 Sun 19:00
Edit | Reply |  

Add your comment