http://analyzer.fc2.com/ -->

N.O.S. w/box (旧お気に入りモノ図鑑)

自分の好きなモノ、気になるモノを紹介していくブログです。

Carter's のアンクルブーツ 

まだまだ続く「アメリカ製ブーツ祭り」(^ ^;

第6回目は、J.W.Carter のアンクルレースアップブーツ。

IMGP6309.jpg

このメーカーについては資料がないので、正確な年代考証はできないのですが、
売り主の話では1940年代のものではないか、ということ。
あちらの人はテキトーなので(^ ^; 話半分なのですが、一緒に売りに出してた
他の衣類やブーツがすべて40s〜50sのものだったので、一応新しくても50
年代のものかと。

IMGP6328.jpg

何でも、おじいさんの古い農場の納屋に未使用・箱入りのまま、実に半世紀以上
にわたって放置されていたそう。このおじいさんがセール好きで、お買い得品を
見つけては、せっせと納屋にしまいこんでいたらしい。
誰かさんに似てるな(^ ^;

IMGP6311.jpg

革はカンガルーレザーで、トゥの部分はおそらくカーフ。
箱やソールにもでっかく"Kangaroo"とアピールされています。
カンガルー革といえば、よく新聞の広告とかにあるちょっと残念なデザインの靴
を連想します。靴の素材として一般化したのは牛革の生産が減少した近年になっ
てからのようで、おそらくこの当時は逆に珍しかったのでしょう。
やわらかくて、ちょっと頼りない感じですが、思いのほか丈夫そうです。

IMGP6317.jpg

素材もさることながら、特徴的なのは、この「クビレ」が強烈なラストの形状。

IMGP6320.jpg

ソールに"EXTRA NARROW SHANK Fits Like a Glove"とあり、
モディファイドラストより更に3割増くらい、アーチ部が絞り込まれています。
戦前のアメリカ靴の広告にも、この「手袋のような」という表現はよく見られますね。

IMGP6324.jpg

J.W.Carter Shoe Company は、1890年代 Joel Carter によってテネシー州
ナッシュビルにて創業。アメリカ南部最初の靴メーカーでした。
安い人件費と燃料代を生かして低価格の靴を売り出し、北部の先発メーカーに
対抗していたようです。

IMGP6333.jpg

ちなみに、同じナッシュビルの Jarman Shoe Company も、Carter社の元副社長
で、創業者一族のひとりが独立して始めた会社。
Carter社は60年代にラングラーに買収されましたが、Jarman社は現在もGenesco
Group として存続しています。

IMGP6322.jpg

南部のメーカーのものは、よりアメリカンというか、かなり作りは甘い感じ。
ステッチも雑だし、形もぜんぜんスタイリッシュじゃない。
この辺は土地柄というか、南部気質というか...(^ ^;

IMGP6306.jpg

でもアバタもエクボで、このブサイク具合がまた何ともたまらないところです。

Comment

Name - にゃ  

Title - 

これはほんとによいブーツですね

側面のミシンの入れ方なんか今の効率重視を考えるとこんな入れ方しないでしょうね~
あとはウェストのくびれがなんともセクシーだこと☆

雰囲気あります

カンガルーは1954年のフローシャイムの広告にオーストラリアンカンガルーって出てました
2009.01.28 Wed 04:13
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

にゃさん、どうも(^o^)/

> これはほんとによいブーツですね

私も一目惚れだったので、良さが分かって頂ける人がいてうれしいです。

> 側面のミシンの入れ方なんか今の効率重視を考えるとこんな入れ方しないでしょうね~
> あとはウェストのくびれがなんともセクシーだこと☆

ステッチとかはたいへん雑なんですけどね。そこがまた何とも...。
この「クビレ」方も、20世紀初頭のアメリカ靴の広告によくある感じですね。
2009.01.30 Fri 01:34
Edit | Reply |  

Add your comment