http://analyzer.fc2.com/ -->

N.O.S. w/box (旧お気に入りモノ図鑑)

自分の好きなモノ、気になるモノを紹介していくブログです。

RedWing の #2170 

「アメリカ製ブーツ祭り」第5回。

Red Wing の #2170。
「アイリッシュセッター」ラインのひとつで、60年代のデッドストック。
スタンプ情報から、'65年付近に製造されたものと推定されます。

IMGP6294.jpg

アイリッシュセッターといえば、オロ・ラセットと呼ばれる赤茶色が一般的ですが、
これは何と緑色。当時、あまり生産されなかった(そしてあまり売れなかった 笑)
らしく、行きつけのビンテージ専門靴屋の社長さん(←レッドウィングにやたらと詳しい)
でも、過去に一度しか仕入れたことがないという珍品。
10年くらい前に、"RW-8180"の名で限定発売されたもののルーツになるかと。

IMGP6303.jpg

シューレースホールは、真ん中5個がDリング。
少し珍しいけど、この仕様のレッドウィングはたまに見ますね。

irishsetter.jpg

50年代中頃から60年代まで付けられた初期の犬タグ。
この「初期犬タグ」にも2種類あって、最初期のものは刺繍、60sものはプリント。
以後は、"made in America" (60s後期~70s後期) → "made in USA" (70s後期~)
と移り変わって行きます。

ただし、そこはアメリカなので、かなりいい加減。
"made in USA"表記なしタグで80sのものも実際見かけるので、参考程度にとどめて
おくのが良いかと。正確な年代特定は、刻印やスタンプの数字、形状、位置そして併記
されている英文などで総合的に判断するしかないと思います。
また製造期間が特定できるモデルナンバーもあります。

オークションはもちろん、一部専門ショップでも、年代表記の間違いが見られます。
71年のものを、50s~60sと説明するのはまだ何とか許せるとして、90sものが60sと
されているヒドイ例もありますから。

IMGP6302.jpg

"Boot&Shoe Workers Union"の刻印もくっきりと。
これは古着で言うところのユニオンスタンプにあたります。
へえ、レッドウィングの工場番号って99番だったんだ。
かなり若い(=古い)番号ですね。(←きっと誰も興味ない 笑)
ちなみにこの形のユニオンスタンプは70年代中頃までのスペックになるようです。

IMGP6289.jpg

リアルなアイリッシュセッター犬が描かれた箱。なかなか風情があります。

IMGP6296.jpg

さすがに60sだけに、革の厚みもあって、クオリティは文句なし。
ちょっとヘンタイカラーですけど(^ ^;

Comment

Name - にゃ  

Title - 

緑色とはまた珍しい色ですね
やっぱりこの色はハンティング用ということなんでしょうか?

これってコバに縫い目がないように思えるんですが製法はなんなんですか?
2009.01.26 Mon 21:25
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

にゃさん、こんちには。
最近ブログ放置気味で亀レスになりごめんなさい。
遅ればせながら、あけましておめでとうございます。

> やっぱりこの色はハンティング用ということなんでしょうか?

insulate 仕様ですし、おそらくそうでしょうね。

> これってコバに縫い目がないように思えるんですが製法はなんなんですか?

そうなんですよね。私も何だろうと思ってたところです。
インナーソールが接着剤で固定されているので、その下に縫い目があるか
どうか分からないんです。確言できませんが、カリフォルニア製法かそれに
類したものではないかと推定しています。
2009.01.27 Tue 02:43
Edit | Reply |  

Name - にゃ  

Title - せいほう

たぶん

出し縫いもかかってないし
底面に糸目がでてなければ接着と見たほうが良いでしょうね~

シンサレートはいってますか
モノホンのはんちんぐですね(笑
2009.01.28 Wed 04:02
Edit | Reply |  

Add your comment