http://analyzer.fc2.com/ -->

N.O.S. w/box (旧お気に入りモノ図鑑)

自分の好きなモノ、気になるモノを紹介していくブログです。

Ranger のワークブーツ 

突然ですが、今回から「アメリカ製ブーツ祭り」を開始します(^ ^;
第1回目はこれ。

IMGP6116.jpg

Endicott Johnson の10インチハイトのワークブーツ。
50年代前期のデッドストック。

IMGP6168.jpg

これはRangerというE-J社のワークブーツラインのもの。
「50年代の靴にハズレはほとんどない」というのが私の持論ですが、
このブーツを見ると、あらためてそう感じます。

IMGP6173.jpg

まず革が抜群にすばらしい。
厚みが違うのは当然として、特筆すべきはその弾力性。
ゴムのようにプリプリしてます。きっと当時は牛革の質も良かったのでしょうし、
鞣し方にも手を抜いていなかったのでしょう。
E-J社は自社タンナーを持っていた大きな製靴会社でしたし、それに50年代は
同社の全盛時代ですから。

IMGP6129.jpg

フォルムもまた良い。
モカ縫いのステッチが内側に寄っていて、この時代特有の立体的な形状。

IMGP6137.jpg

ステッチ処理もアメリカ靴にしてはたいへん丁寧。
ちなみにステッチ糸も独特の味わいがあります。

IMGP6125.jpg

経年変化で、良い具合に2トーンのようになった色合いも趣き深い。
ジーンズと同じで侘び寂びの世界ですね(←ちょっと意味わかんない 笑)

IMGP6127.jpg

ソールはお約束のDU-FLEXクレープソール。
触った限りではちゃんとしていますが、加水分解がちょっと心配。

IMGP6141.jpg

最後に、忘れてはいけない箱(^ ^;
E-J社の60年代の箱は見慣れているのですが、さすがに50sの箱は初めて。
何か中学生の描いたポスターのような「手描き」感のあるデザインで、
実に風情があります。

IMGP6139.jpg

IMGP6138.jpg

現行RWのブーツに何万も出すのなら、この時代のE-J社のブーツを買った方が
間違いなく幸せになれると思います。

IMGP6176.jpg

きっと当時はありふれた日用品で、その辺のブルーワーカー用の店で数ドルで
売られていたものだったのでしょう。
その頃は501XXなんかもまだ大量に不良在庫としてあったはず。
ぜひこの頃のアメリカにタイムスリップしたいものです(^ ^)

Comment

Name - にゃ  

Title - 

おぉEJよろしすなぁ~
RWがもうボロメーカーになってしまった今となっては
デットで買えるこのあたりが
☆ス☆テ☆キ☆に大賛成です

カウンターのパテントは何のパテントなんですか?
ポリ系で柔らかい?という意味ですか?

ブーツ祭り楽しみにしています
ちゃんと1000マイルは出してくださいね
2008.12.13 Sat 10:22
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - 

にゃさん、こんにちは(^ ^)/

E-Jをご存知とは、さすがですね。
これは雰囲気といい、質感といい、持っている中では
現在最も気に入っているブーツなんです。

> カウンターのパテントは何のパテントなんですか?

磨く趣味が身に付いてしまったので、そのように見えて
しまったかもしれませんね(^ ^;
これはカウンターも普通のカウハイドでございますです、、、

> ブーツ祭り楽しみにしています
> ちゃんと1000マイルは出してくださいね

ウルバリンの1000マイルですか?あのコードバン革の....。
さすがにあれは持ってません(^ ^;
復刻ものなら目にしたことはあるのですが、
欲しいんですケドね、オリジナルのデッドはさすがになかなか...。
2008.12.16 Tue 02:37
Edit | Reply |  

Name - にゃ  

Title - 

ついているタグにパテント=特許番号が書いてあったのでちょっと調べてみましたよ

http://www.google.com/patents?id=h0NUAAAAEBAJ&pg=PA2&dq=endicott+johnson&rview=1&source=gbs_selected_pages&cad=0_1#PPA1,M1

柔らかいですか?



2008.12.16 Tue 12:49
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

そっちのパテントですね(^ ^;
すごい!こんなページがあるんですね。

ご指摘の通り、ポリエチレン系の素材のようで、柔らかいのは柔ら
かいの ですが、芯もあって適度な弾力性があると言う感じでしょうか。
タグの英文にもあるように、おそらく型くずれ防止と柔軟性の確保とい
うのがウリだったのでしょう。

こっちが靴の特許番号のようですが、やはりこのポリエチレンカウンターを搭載した靴、
ということでの特許だったようですね。
http://www.google.com/patents?id=EYheAAAAEBAJ&printsec=abstract&zoom=4&dq=2723468&rview=1

2008.12.16 Tue 16:14
Edit | Reply |  

Add your comment