http://analyzer.fc2.com/ -->

N.O.S. w/box (旧お気に入りモノ図鑑)

自分の好きなモノ、気になるモノを紹介していくブログです。

「メロンのためいき」/「さよならと言われて」 

どちらをタイトルにしようか迷いましたが、この2曲は80年代中期のアイドルポップス。
そして、もうひとつの共通点と言えば...。

そう、どちらも呉田軽穂(ユーミン)の作曲ということ。
松田聖子をはじめ、呉田軽穂名義のアイドルへの提供曲は数々あれど、個人的には
この2曲がベストかと思います。



山瀬まみ「メロンのためいき」は彼女のデビュー曲。1986年3月21日リリース。
オリコン最高位21位。彼女の歌唱力は、アイドルとしては群を抜いてました。
セカンドシングルの「セシリアBの片想い」も良い曲です。



松本典子のサードシングル「さよならと言われて」は1985年9月21日リリース。
オリコン最高位は17位。作詞はあの銀色夏生。名曲だと思います。
彼女は正統派アイドルの王道でしたね。

1986年のサードアルバム「KIWI」(オリコン最高位32位、0.7万枚)には、この曲の
アルバムバージョン「WHEN YOU SAY GOOD-BYE ~さよならと言われて」が収録
されており、これもファンの間で高く評価されています。
このアルバム、7千枚しか売れなかったんですね。その7000人の一人は私です(^ ^;
4曲目のSILENT STARS -星空のアリバイが特に好きでした。


Comment

Add your comment