http://analyzer.fc2.com/ -->

N.O.S. w/box (旧お気に入りモノ図鑑)

自分の好きなモノ、気になるモノを紹介していくブログです。

CONVERSE SKIDGRIP REPAIR STARS & BARS 

コンバースのSKIDGRIPは1940年発表のテニスシューズ。
そう、これはデッキシューズではなく、本来テニスシューズなんですね。知らなかった。
確かに見た目は(特にオールホワイトのやつとかは)TOP SIDER のデッキシューズに
そっくりです。

skidgrip.jpg


ALLSTAR や JACK PURCELL の陰に隠れがちなこのシリーズ、結構スニーカー
オタクな私でも、実は1足も持っていません。
SLIP-ONならVANSに行ってしまうし、普通の紐付きならTOP SIDERの方に魅力
を感じてしまうからです。まあ、ホワイトのUS製デッドが安くあれば、買わなくも
ないかなあ、くらいのスタンスでした。

しかし。
今月号のCONVERSEのカタログ(←例の小さなリーフレットです)を何気なく見て
たら、心の琴線に触れるSKIDGRIPが。
それがこれ。

skidgrip_repair_00.jpg


"SKIDGRIP REPAIR STARS & BARS"
「CONVERSE 100th ANNIVERSARY COLLECTION」の一つで、今月発売予定のモデル。
この企画、SKIDGRIPにも及んでいたんですね。
もともと星条旗柄は好みなのですが、感心するのはそのソールの「ヤケ」具合。
こういうビンテージ感の演出に関しては、AdidasよりもConverseの方が上手と以前
にも書きましたが、今回は「ここまでやるか?」という感じ。
まだらに汚れたソールは個人的にかなりツボです( ^ _^;

skidgrip_repair_sb.jpg


素材もキャンバスに、「オールスターリペアブロック」に採用されているターポリン
が使用され、写真で見る限りは高級感ある仕上がり。
ただ、このソールにはやはり普通のキャンバス生地の方が良かったかな。
ちょっとソールに対してあまりに新品然としたアッパーに違和感が。
あと紐にも凝って欲しかった。この真新しい丸紐はちょっと...。

ま、それでもこのソールと星条旗柄に免じて、購入リスト入りです。
でもサイズがUS10(28.0)までの展開なのがちょっと不安要素ではありますが。
いざとなりゃインソール薄いのに替えればいいか(←そうまでして履きたいか w)

Comment

Name - 菊地 修  

Title - 

42年位前KEDSのオックスフォード白がUSスニーカーとの出会いでした。近所に居たアメリカンスクールの同じ年位の少年に頼んで買ってもらいました。当時はウエストコートのコンバース、イーストコースとのケッズと言われ、TVを見ても病院の看護婦さんやコーヒーショップのウエートレスはケッズと同様なスニーカーを履いていました。その後、ランディ、サニーサイドと言うヨットシューズ等購入し、夏は、大活躍していました。常に白を保つ為には、大変苦労した記憶が有ります。前述の少年に洗い方を教わり、今でも励行しています。ご披露しますと綺麗に洗った後、白墨でキャンパス地に何回も塗り、日かけ干し、乾いた後、軽く息を吹きかけるだけです。ご紹介のskidgripは、唯一持っているコンバースで、ケッズ・トップサイダーと私の数少ないアイテムです。常に、真っ白にして履いてます。
2009.05.23 Sat 02:32
Edit | Reply |  

Add your comment