http://analyzer.fc2.com/ -->

N.O.S. w/box (旧お気に入りモノ図鑑)

自分の好きなモノ、気になるモノを紹介していくブログです。

TDKのカセットテープAR-X 





カセットテープって、さすがにもうあまり見かけなくなりましたね。
私がいちばんカセットテープを買った時期と言えば、やはり中高生のときでしょうか。
MAXELLやSONY、シブいところではBASFといろいろなメーカーのものを買った記憶が
ありますが、いちばんのお気に入りはTDK。それもAR-Xでした。

当時イージーリスニングに凝っていて、ポール・モーリアやリチャード・クレイダーマン、ピエール・ポルトなどの曲をレコードからダビングしたり「ジェットストリーム」
からエアチェックしたりしてました。テープは必需品でした。

tdk2.jpg


AR-Xは当時TDKのノーマルポジションテープとしては最高峰の位置づけ。
「AEよりこんなに優れてますよ」的な裏面の比較グラフを見て、聴いても分から
ないのに「やっぱり最高峰のテープは違うな」などとウンチクを友人と語り合った
ものです(恥)。

tdk.jpg


AR-Xを偏愛した理由はその外観にもありました。当時('80年代初頭)のTDKのカセット
はメタルチックなデザインで最高にカッコよかったのですが、特にAR-Xは高級感がありま
した。もちろんハイポジションテープもメタルテープもあったのですが、友人の「やっぱりピアノの高音域はノーマルに限る」というワケの分からない主張を受け売りし、「メタルはイージーリスニングには向かない」などと別の友人にエラそうに語っていました。
さすがに中学生です(^ ^;

あるとき、家から少し離れた小さな電気屋にAR-Xの3本パックが格安で売られてるの
を発見。嬉々として買いました。確か大手量販店で1,000円以上したのが、ここでは
800円くらいだったと記憶しています。毎週のように買いに行って、店の人にも覚え
られたのですが、ある日突然なくなってました。モデルチェンジで私の好きなデザイン
ではなくなったのです。値段も他の店と変わらない値段になってしまい、ショックだったことを覚えています。
今思えば、モデルチェンジ直前の在庫一掃セールだったのでしょう。
アホな中学生だった私には理解を超えたことだったに違いありません(^ ^;

こうやって振り返ってみると、私のモノに対するつまらないコダワリが芽生え始めたのは、このTDKのAR-Xからかもしれません。

Comment

Add your comment