FC2ブログ
http://analyzer.fc2.com/ -->

N.O.S. w/box (旧お気に入りモノ図鑑)

自分の好きなモノ、気になるモノを紹介していくブログです。

“VII”の謎。Johnston & Murphy Aristocraft LWB (70s deadstock)。 


J&Mのアリストクラフトに“VII”表記が入ってるモノがあります。

先日も、デッドストックを捕獲。


20201201001713626.jpeg


20201201001808f9c.jpeg




内部表記から、1979年製と推定しています。



2020120312592080d.jpeg



アウトソールはカラス仕上げに、Vクリート。



20201201001645b59.jpeg




この年代にしては革質も良く、つくりも実に丁寧。
ソールの仕上げ方ともあいまって、スペシャル感があります。



20201201001741514.jpeg


で、この“VII”の意味ですが。

1975年の個体が多いことと、どれも出来が良いこと、中にはHAND MADEラインも存在することなどから、125周年を記念したモノではないか、との推測がなされていました。
(JMの創業年は1850年なので、1975年が125周年にあたります。)

実は数年前にJ&Mのカスタマーサービスへメールで聞いてみたのですが、返事がなく。

その後、1975年製以外のモノをネット上で何度か見かけ、今回79年製の“VII”が手許に。
よって、すべての“VII”が75年製というワケではないらしい、ということだけは分かりました。
少なくとも79年までは存在することも。

で、ここからは勝手な推測です。
妄想に近いので、推理ゲームとでも受け止めて頂ければ(^^;

なぜ“VII”なのか?


“VII”は全体では「7」だけれども、「5」も含まれている。つまり、「75」を一度に表せる?

くわえて、Lucky 7 なので、縁起も良い。


う~ん、自分で書いてても納得できんな。。(^^;


ともかく、この“VII”、手書きの個体もあれば、活字のモノもある。さらにはHAND MADEも。

HAND MADEは当時の値段を見ても分かるように、超スペシャルモデル。
手書きはパーソナルオーダーの可能性が高い。

となると、この個体のような活字+VII表記はアリストクラフトの上位バージョンくらい?

クラウンアリストが設定されるまでの通常最上位モデル?

フローシャイムがロイヤルインペリアルをリニューアルして大々的に広告出したのが1977年。

70年代後半は各社とも上位グレードを本格的に展開した時期ではありますよね。。



20201201001825e36.jpeg



ということで、“VII”表記のモノは70s後半における上位モデル?くらいのことしかまだ分かりません。。





<<↓ 応援クリック宜しくお願い致します。>>
にほんブログ村 ファッションブログ 靴・スニーカーへ
にほんブログ村



Comment

Name - Iron  

Title - 

Ⅶの謎はeuropeanblendさんをもってしても解けませんか。
謎は解けてしまうと面白くないと言われますが、でも知りたい(笑)

上位モデルだったとしても何故Ⅶなのか、米国文化の知識を深めれば見えてくるものがあるのでしょうか?

ジョンマーさん、なんとか答えてくれませんかねえ(笑)
2020.12.05 Sat 21:43
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

IRONさん、

JMが答えてくれないので、暗礁に乗り上げております(^^;

今まで判明したことは、
1 Aristocraft VIIはおそらく75年から79年12月(この個体)まで作られたこと。
2 初期 CROWN ARISTOCRAFT(表記が上段ARISTOCRAFTで、下段にCROWNが入る個体)が80年製であること。
3 上記から、ARISTOCRAFT VII→CROWN ARISTOCRAFTの可能性があること。

くらいですね。。

アラビア数字ではなく、ローマ数字なのは何か意味があるのだろうとは思うんですが。

ともかく、VIIにハズレなし、とは言えますね。
2020.12.06 Sun 18:58
Edit | Reply |  

Add your comment