FC2ブログ
http://analyzer.fc2.com/ -->

N.O.S. w/box (旧お気に入りモノ図鑑)

自分の好きなモノ、気になるモノを紹介していくブログです。

『旧車』と『旧靴』の共通点。 


大学時代、親が自動車修理工場を営んでる友人がいました。

ある日、うれしそうに「ケーピーが手に入った!」と。

あまりに喜んでいるので、さぞ凄いクルマなのかと思いきや、これがただの古いスターレット。



file.jpg
出典 https://car-me.jp/ahead/articles/12236



90年代初頭の頃の話なので、その時点で10年落ち、2世代前のモデル。

ただ最後のFR、ライトウェイト、かつ安価だったので、クルマ好きの若者の中には注目する向きもあったと。
後から知った話ですが。

ちなみに今では立派なヒストリックカーの部類。
ちゃんとしたのは当時の新車価格以上の値段で取引されてる。

彼は修理工場の息子なので、過度な改造はせず、「適正化」作業だけして乗ってました。


で、表題の件。

私自身はそこまで旧いクルマに乗ったことはなく、せいぜいシトロエン2CVとか「新しめ」のアルファスパイダーくらいですが、旧車に憧れはあります。DSやW123に乗ってみたい。


旧車と旧靴って共通点が当然ありますよね。「過去のモノ」ですし。

クルマも靴も最新のモノの方が「壊れない」し、いろいろ選べる。
道具として選ぶのなら、その方が賢明なわけです。

でも。

現在まで含めたクルマを見渡して、自分のフィーリングに合うのが過去のクルマだった、ということではないか、と。
そして、単なる道具としてみるのではなく、ある種の「想い」を込めている。

旧靴を選ぶ理由もそこは同じような気がします。

クルマも近い将来レシプロエンジン自体がなくなるでしょうし、自動運転化も進んでいくでしょう。
エコ化、渋滞・事故の減少、利便化と引き換えに、自ら運転する喜びが失われるかもしれない。

靴も、革靴自体がより機能的なスニーカー的なモノにとって代わられようとしています。

スマホが普及して便利になった。
今ではもうそれなしでの生活は考えられない。
だけど、仕事が24時間追ってくるようにもなった。
家でも皆スマホに夢中で、家族の団らんが失われつつあるという話も。

新しいモノを獲得するということは、過去の大事なモノを失うということなのかもしれない。



20200221064254a90.jpeg



ビン靴を磨きながらそんなことを考えました。





<<↓ 応援クリック宜しくお願い致します。>>
にほんブログ村 ファッションブログ 靴・スニーカーへ
にほんブログ村




Comment

Name - fe lomo  

Title - 

たまーに、コメントする者です。^^;
思わずkp61で反応しました。超軽量でキャブ車、このあたりが現役世代までは、本当に良い時代でしたね。私が免許を取った時には辛口スターレットep71が主流でしたが、今もずっとFRのkpが好きです。特に丸目。もう全然見ませんけど。。。あっても高いし。。。
昔はお金をあまりかけずに味わい楽しめた旧車の魅力。旧靴と確かに共通しますね。


そして、まさかw123が出てくるとは!!
若いころからずっと憧れです。こんな車が似合う男になりたいと。今のベンツは全く興味ありませんけど。フルレストアされたクリーム色のワゴンが売ってた時、維持できないのに本気で買うか悩みました。まあ、売れてホッとしたのですが。
それにしても、サラリとアルファスパイダーとか車遍歴も凄いですね。。。^^;

今までの様に車が売れない自動車メーカーも大きな転換期ですね。
寂しい。^^;
2020.02.22 Sat 00:42
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

fe lomoさん、

マニアックな話題に反応していただき、うれしいです(^^)/

この友人のKPにはよく乗せてもらいました。
丸目は今や超希少車ですね~。
5Kへのボアアップはともかく、中には4AGへ換装した強者も。死ぬ気か?(笑)

職場の先輩に旧いメルセデスマニアがいまして、部品調達のためにディーラー資格を取った筋金入りです。
一度W124の譲渡話があったんですが、思いとどまりました(^^;

確かに今のクルマで乗りたい!と心底思うのは無いですね。。
旧いパンダでも買い戻そうかと思っています。
2020.02.22 Sat 08:20
Edit | Reply |  

Name - なおけんた  

Title - 

「最新のものを取り入れることで失われたものがある」本当ですね。
個人的には「効率化」かなと思っています。大量生産大量消費の時代の中で、モノは、製造上の効率化のために、手間をかけていた大事な工程や製法が失われていく。もちろん50s、60sもそういう時代だったのでしょうが、その動きはまだ緩やかで可愛いものだったのでしょう。現代は、機械化が難しい、機械化は考えられなかったことまで機械化される、機械すら古びたものになるという時代です。もちろん便利な時代になり、モノも豊かになり、医療や安全性が発達した社会になりましたが、社会や人々の絆や心など内面は随分と失われたり病んでいるモノが多いですね。私が古いものに憧れる(靴やクルマや服や家屋、歴史など)のは、失われたモノを見つけたい気持ちがあるからかもしれません。
2020.02.22 Sat 08:56
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

なおけんたさん、

私たちが子ども頃はコンビニすらなく、ましてやケータイもネットもない時代でしたけど、不自由でも不幸せでもなかったですからね。これから先の日本の行く末を考えるといちばんラッキーな時代だったのかも。。

今後AIが進化すると、芸術とか職人技とか「人」がやるモノがますます希少化するかもしれませんね。
揺れ戻しはありそうな気がしますが。
でも、AIがそのような人の不完全さも学んだりして(^^;
2020.02.23 Sun 00:16
Edit | Reply |  

Add your comment