http://analyzer.fc2.com/ -->

N.O.S. w/box (旧お気に入りモノ図鑑)

自分の好きなモノ、気になるモノを紹介していくブログです。

Whitehouse Coxのメッシュベルト 

whc.jpg


ホワイトハウス・コックスのメッシュベルト。
これはP2024という型番の大きめに編み込まれたもの。
幅もWHCのベルトの中では最大の40mmあり、結構存在感があります。
私が購入したのはWHCが言うところのニュートン(薄茶)ですが、他にもブラックとハバナ(焦げ茶)の3色がラインナップされています。

Whitehouse Cox社は1860年創業。かのラルフローレンが「ハロッズ」のペットコーナーで売られていたWHC社のブライドルレザーの犬用メッシュリードを見て、人間用のベルトの製作を依頼しラルフローレンブランドとして販売。これが大ヒットしたことからその名を知られるようになりました。いわばメッシュベルトの本家ということになるでしょうか。

ブルックスブラザーズのBDシャツを作っていたインディビジュアライズドや、同じくローファーを供給しているオールデン、さまざまな有名ブランドの靴のファクトリーとして知られるクロケット&ジョーンズなどOEM生産を手がけているメーカーのものはブランド代が乗らないので、コストパフォーマンスが高いと言われてきました。
しかし近年はこれらのファクトリーもそれ自体がブランド化し、価格が上昇してきていますね。

メッシュベルトはホールがなく、編み込みのクロス部分に差し込むようになっています。
使っているうちに結構伸びるので、最初はギリギリくらいのを買うとちょうどよい感じになるかと思います。

Comment

Add your comment