http://analyzer.fc2.com/ -->

N.O.S. w/box (旧お気に入りモノ図鑑)

自分の好きなモノ、気になるモノを紹介していくブログです。

昔のフローシャイムは、どのくらいの値段だったのか? 


アメリカ旧靴ファンなら多くの人が持ってるであろう、フローシャイム。
特に50s60sのフローシャイムの素晴らしさは、とても「大衆高級靴」のそれとは
思えない出来。

そう、当時のフローシャイムやウェインバーグの位置付けは、高級ではあるけど
「大衆靴」。 平均的なアメリカ人が「ちょっと頑張って」買えたくらいのモノ。
当時のアメリカの平均年収、消費者物価指数から以前割り出したところでは、
今の私たち日本人の感覚で2~3万円くらい。つまり、ちょうどリーガル程度。

果たして、この計算は合ってるのか?

良さげなモノを見つけました。

“The Inflation Calculator”


ある年の値段を入れると、それが今の何ドルに相当するかを教えてくれます。


さっそく試してみよう。


fls1955price.jpg


1955年AD。
レギュラーラインが$17.95~とあります。



計算結果。


result.jpg


1955年の$17.95は、現在の$163.44 であるらしい。
18,000円くらいか。



お次はこちら。

1967flsprice.jpg

12年後の1967年AD。

これには、レギュラー$19.95~27.95、インペリアル$37.95 とあります。


レギュラーのいちばん高いヤツは、$204。

result1967.jpg



インペリアルが$277。


result1967 2


ざっくり、レギュラーが2万前後、インペが3万円くらい、というところでしょうか。

この計算ソフト自体、消費者物価指数で考えられているのでしょうから、
私が以前考えた数字に近くなりますね。当たり前(^^ゞ


これはあくまで当時のアメリカ人にとっての感覚なので、特に55年当時の日米経済格差
を考えると、日本人にとっては高嶺の花だったはず。
ただ、平均的アメリカ人がふだん10ドルくらいの靴(E-Jとか)を履いてて、ちょっと奮発
して、20ドルの靴を買う、と。


これだけ50年前とかのフローシャイムが出てくるのは、もちろんリーディングメーカーだった
こともあるでしょうが、ハレの靴で大事に履かれた、というのもあるのかもしれませんね。





<<↓ 応援クリック宜しくお願い致します。>>
にほんブログ村 ファッションブログ 靴・スニーカーへ
にほんブログ村


Comment

Name - なおけんた  

Title - 

面白い比較ですね。
フローシャイムは高級大衆靴だったのがよくわかります。
ネトルトンやJ&Mのような高級靴が今に当てはめてどれくらいになるのかも興味深いです。やはりそれほど高くはないのではないでしょうか?
昔は靴というアイテムが全体的にそれほど高くはなかったのでは?
今のように、既製品で500ドルをこえるような靴がザラにある状況ではなかったと思うんですよね。
今は異常ですね。
2017.07.28 Fri 07:09
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

なおけんたさん、


> 面白い比較ですね。
> フローシャイムは高級大衆靴だったのがよくわかります。
> ネトルトンやJ&Mのような高級靴が今に当てはめてどれくらいになるのかも興味深いです。やはりそれほど高くはないのではないでしょうか?
> 昔は靴というアイテムが全体的にそれほど高くはなかったのでは?
> 今のように、既製品で500ドルをこえるような靴がザラにある状況ではなかったと思うんですよね。
> 今は異常ですね。


今、オールデン990が$722のようなので、これで計算してみたら、1967年当時の$98と出ました。
やや極端な気もしますが、インペリアルよりは高かったのだろうと思います。
当時のお金持ちは、たぶん英国靴か、J&M、BBとかじゃないかな、と。
戦後はわりと中流家庭が多かったようですが、最近は貧富の差がまた拡大してますね。。。
2017.07.28 Fri 10:30
Edit | Reply |  

Add your comment