http://analyzer.fc2.com/ -->

N.O.S. w/box (旧お気に入りモノ図鑑)

自分の好きなモノ、気になるモノを紹介していくブログです。

リーガルの矜持。Kenfordのストレートチップ。 


学生さんの靴を磨いてあげたときに、感心したのがこの靴。



kenfordkb48.jpg




Kenford KB48というストレートチップ。
自分でも買っちゃいました(^^ゞ



kenfordkb48 3



Kenford はご存知 Regal のディフュージョンライン。
Florsheim に対する Worthmore ですかね。



kenfordkb48 2




撥水加工レザー、ゴム底、そしてセメント製法。日本製。



kenfordkb48 9




定価は1万円(実売8500円~9000円)ほど。
たぶん、ビン靴愛好家やいわゆる靴好きでコレに関心を持つ人は少ないかと(^^ゞ

「何でそんなの買った?」と思われるかもしれません。。。
まあ、聞いて下さい。

あくまで個人的な思いなのですが。

靴に関心が向いて、ビン靴や高級靴を買い始めると、どうしてもスペック重視になりますよね。
革質とか、年代、製法にこだわるようになる。
特にこれらの靴は「趣味性」が高いから、そうなるのは当然の流れだと思います。
何の問題もありません。だって「趣味」だから。(家庭内の軋轢をのぞけば、ですが。。。笑)



kenfordkb48 4


ただ一方で。
私の場合、セメント製法や、加工革の靴をバカにする、というか、「下に見る」ようなクセがついて
しまったように思うんです。

セメントは修理が効かないし、加工革はお手入れのし甲斐がない。
こういった靴は一般に安普請で、すぐにダメになるモノが多いのも確か。

でも、この靴を磨いてみて、分かったことがありました。
「これは真面目に作られた靴」だと。



kenfordkb48 7



コストを下げようとすれば、部材の省略や低廉化、海外生産などいろいろあると思いますが、
この靴に関して言えば、底付けをセメントにすることで、コストダウンを図ったのではないかと。

つまり、それ以外はリーガルとあまり遜色ないように感じました。
日本製でもありますし。(私は中国製とかであっても、きちんとオペレーションされてるものは問題ない
と思っています。ただ、日本製だとさらに目が行き届きやすいので安心かな、と。)



kenfordkb48 6





件の学生さんのケンフォードは購入以来4年間履きっぱなしだった、ということでした。
それが少し手を入れただけで、あれくらい戻るのですから、これは確かなモノではないか、と。
新品時は見た目では分からないですけど、さすがにこれだけの使用期間を経れば、「本性」が
出るでしょうから。

職場で取ってる400円のオフィス弁当があります。コレが実に素晴らしい。
おかずが5、6品は入ってて、味付けのセンスも抜群。盛り付けにも手抜きが無い。
わざわざ持ってきてくれて、弁当箱も使い捨てではない立派なモノ。
「ウソ」のない商売だと思うんです。そして、きっとこの仕事が好きなのでしょう。



kenfordkb48 8


とにかく値段の高低で価値が計られがちな世の中ですが、中にはこういう「真面目な」モノもある、と。

この靴を見て、そのことにあらためて気付かされた次第です。



kenfordkb48 5







PS)
セメント製法については、こういう意見がありますね。特に引用されているZinRyuさんのツイートが興味深い。

かく言う私もまだ抵抗があるのは確かなので、「認識&実践不足」を解消したいな、と(^^ゞ







<<↓ 応援クリック宜しくお願い致します。>>
にほんブログ村 ファッションブログ 靴・スニーカーへ
にほんブログ村

Comment

Name - たかよひ  

Title - 

先程は画像の使用を許していただきありがとうございます。

上ものとソールを貼り付けるという点では、レッドウィング等のスポンジソールやパラブーツなんかもセメントみたいなものですね。
要はそのクオリティが自身の中の拘りと合致すればOK!ってことですよね。
目を養っって、ぶれない自信を持ってる人になりたいです。
ただ、昔は俺も拘ったけど今はこのぐらいな物が愛おしいんだぜって言うのも恥ずかしいのでw難しいですよね~(人間が小さいw)
ダイレクトに其処に行けないもんでしょうか?
2017.06.23 Fri 17:54
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

たかよひさん、

> 先程は画像の使用を許していただきありがとうございます。


いえいえ、お役に立てて光栄です^_^
東立さん、本社に行かれたんですね。
私も次回またお願いするつもりです。



> 上ものとソールを貼り付けるという点では、レッドウィング等のスポンジソールやパラブーツなんかもセメントみたいなものですね。
> 要はそのクオリティが自身の中の拘りと合致すればOK!ってことですよね。
> 目を養っって、ぶれない自信を持ってる人になりたいです。
> ただ、昔は俺も拘ったけど今はこのぐらいな物が愛おしいんだぜって言うのも恥ずかしいのでw難しいですよね~(人間が小さいw)
> ダイレクトに其処に行けないもんでしょうか?


私はお世辞抜きで、たかよひさんの靴への向かい方がすごくカッコいいと思ってます^_^
自分のスタイルがまずあって、ブランドや値段に左右されてないし、古靴に関してもレアとか年代とかに
振り回されてない。本当に見習いたい部分です。

「今は失われたクオリティ」という部分を追い求める私たち旧靴愛好家にとって、セメント製法は相い容れない
モノなのかもしれませんが、実際60sのフローシャイムインペリアルにもそれはありますし、コルファムにしても
当時、一流メーカーがこぞって採用しています。これらを「地雷」と捉えるのではなく、現在に繋がる一つの歴史
と見ると面白いかな、と。

まあ、この靴を買ったのは、単に安くてカッコ良かったから、なんですが(^^ゞ

2017.06.23 Fri 23:51
Edit | Reply |  

Name - tomojin329  

Title - 

今日近くのセカストを覗いたら、
http://www.shoes-street.jp/shop/g/gK641L______B____240/
の新品(箱無)Myサイズが\4,900で売られていて、危うく連れて帰る所でした^^;
雨の日なんかに丁度良さそうで。。。
今も「買っちゃおうかなぁ?」と少し悩んでいたりしていますが、
頑張って欲求を抑えています。
2017.08.26 Sat 21:20
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

tomojin329さん、

KENFORD、良いですよね。
ちゃんとしてるし、セメント、ゴム底は雨に強いし。

ネットでうまく買っても8000円くらいしますから、
消費税込み5000円チョイなら3000円くらい安いですね。

私も悩むかも(^^ゞ
2017.08.27 Sun 09:30
Edit | Reply |  

Add your comment