http://analyzer.fc2.com/ -->

N.O.S. w/box (旧お気に入りモノ図鑑)

自分の好きなモノ、気になるモノを紹介していくブログです。

鏡面磨きの修行中。Alan McAfee for Saks Fifth Avenue。 


私の「禁ベイ中」のストレス発散法。
それは靴磨き。

鏡面磨きができなくて、ちゃんと練習したいな、と。
「昼間からあまり光らせすぎるのもどうか」という意見もあるかと思いますが、
そこはTPOをわきまえる、ということで、一応できるようにはなっておきたい。

ちょうど練習台として良いモノを自宅アーカイブから発掘してきました。


Alanmcafee15.jpg


アランマカフィーのフルブローグ。
以前地元の古着屋さんで購入したモノ。
サックスフィフスアベニューとのダブルネーム。
チャーチ製濃厚。

見た感じ、70s(~80s)くらいかな、と。


Alanmcafee10.jpg

Alanmcafee7.jpg



今回使ったのは、これ。


bootblack.jpg


ブートブラックの「ハイシャインベース」と「ハイシャインコート」。
ずいぶん昔に買って、一度だけ使ってみたものの、あまり上手くいかずにしまい込んでました。

要は「ベース」で下地を作り、「コート」で仕上げる、と。
最近は水の代わりにアルコール入りの除菌ウェットティッシュで布を湿らせて磨いています。


一応、磨き後。。。


Alanmcafee.jpg



Alanmcafee2.jpg



Alanmcafee3.jpg



まだまだ鏡面には程遠いものの、割と短時間でできたので、ここから
もう少し「詰めて」いけば良いのではないかと。時間的にもクオリティ的にも。


Alanmcafee12.jpg



ところで、この靴。


Alanmcafee6.jpg



磨いてみて、旧いチャーチの良さを再確認。


Alanmcafee13.jpg



革も良いし、何より全体のバランスが美しい。
良い意味で「過不足ない」感じ。



Alanmcafee8.jpg



チャーチでは珍しい伏せ縫い。
ラストはマカフィーの米国向けで良く見る「119」。



Alanmcafee11.jpg



もう少し、頑張ってみます。




<<↓ 応援クリック宜しくお願い致します。>>
にほんブログ村 ファッションブログ 靴・スニーカーへ
にほんブログ村



Comment

Name - Iron  

Title - 

はじめまして、Ironと申します。
圧倒的なコレクションと深い分析力の記事をいつも楽しみに拝見しています。

アランマカフィーのカスタムグレードがさらりと靴磨き用に出てくるなんて凄いです。

私も少ないコレクションにアランマカフィーがあるんですが、確かに一言で表すと「過不足ない 」というのがピッタリだなと思いました。

これからもブログを楽しみにしております。
2017.05.25 Thu 21:09
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

IRONさん、初めまして^_^

ブログ拝見しております。
あのライト、私も迷ってまして、送料が高いのでスルーしてました。ライトは隠れた名ブランドだと思います。共感いただいてたいへん嬉しいです^_^

マカフィーはチャーチそのままのモデルもありますが、捻りがあるモノもあって面白いですよね。

宜しければ、リンクさせて頂きたいのですが、如何でしょうか?
2017.05.25 Thu 22:58
Edit | Reply |  

Name - Mi  

Title - 

Europeanblendさんこんにちは。

私も鏡面磨きが上手になりたくて、本を読んだり、上手な方のブログを拝見したりして考察を重ねております。靴のお手入れって、最後はワックス使いの巧みさに行きつくのかな、と感じております。

それからアランマカフィーですが、伏せ縫いですのでもう少し年代が古いような気がします。60年代から70年代くらいではないでしょうか。ざっくりですが、ライニングの文字が綺麗で読みやすければ65年以前くらい(旧旧旧から旧旧チャーチ初期あたり)、癖字で読みにくければそれ以降くらいと思われます。
2017.05.25 Thu 23:37
Edit | Reply |  

Name - Iron  

Title - 

europeanblendさん

まさかブログを見て頂いていたとは、大変恐縮です。
そしてリンクの件、もちろんです!!こちらこそよろしくお願いいたします。

あのライト、デザインはもちろん、白タグですし中敷きのロゴも古いロゴで魅力的なんですよ。でもやっぱりワイズがネックでして、見送っております(^^;)
送料なんですが、黒のサイズも同じペアを同じセラーが出品してますので、2つ同時に落札すれば割安感があるかもしれませんね(笑)
2017.05.26 Fri 00:47
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

Miさん、


> 私も鏡面磨きが上手になりたくて、本を読んだり、上手な方のブログを拝見したりして考察を重ねております。靴のお手入れって、最後はワックス使いの巧みさに行きつくのかな、と感じております。


ピカピカ靴磨きさんや、ウィリアムテンプソンさんのようなのを本当の鏡面磨きというのでしょうね^_^
プロの方に何度が磨いて頂いたのですが、基本作業は一緒なものの、やはり手際が違いますね。


> それからアランマカフィーですが、伏せ縫いですのでもう少し年代が古いような気がします。60年代から70年代くらいではないでしょうか。ざっくりですが、ライニングの文字が綺麗で読みやすければ65年以前くらい(旧旧旧から旧旧チャーチ初期あたり)、癖字で読みにくければそれ以降くらいと思われます。


そうですか!
これはまたさらっとスゴイ情報をありがとうございます。
マカフィーは80年代にチャーチに買収された、と巷の情報にあるので、
チャーチメイドはそれ以降かと思い、~80sと付記しましたが、見た感じは
70sくらいかな、と。買収前からレディメイドはチャーチ製だったのでしょうね。
2017.05.26 Fri 11:00
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

Ironさん、


> まさかブログを見て頂いていたとは、大変恐縮です。
> そしてリンクの件、もちろんです!!こちらこそよろしくお願いいたします。
> あのライト、デザインはもちろん、白タグですし中敷きのロゴも古いロゴで魅力的なんですよ。でもやっぱりワイズがネックでして、見送っております(^^;)
> 送料なんですが、黒のサイズも同じペアを同じセラーが出品してますので、2つ同時に落札すれば割安感があるかもしれませんね(笑)


あのライト、まず50sでしょうね。少なくとも60s初期まで。
あれでフローシャイムなら瞬殺なんでしょうが、知名度の問題でしょうか(^^ゞ

リンクの件、ありがとうございます。
さっそく追加致します。
今後ともよろしくお願いします。
2017.05.26 Fri 11:13
Edit | Reply |  

Name - tomojin329  

Title - 

私も鏡面磨きは出来るようになりたいです・・・

kiwiのshoe polishを使ってチャレンジしてみたのですが、中々難しくて。
取敢えずWilliam Tempsonさんのブログで紹介されている
・Kiwi パレードグロス
・Bootblack ハイシャインコート
・脱脂綿
辺りを購入して、頑張ってみようかと思います。
2017.05.27 Sat 22:59
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

tomojin329さん、


> 私も鏡面磨きは出来るようになりたいです・・・
> kiwiのshoe polishを使ってチャレンジしてみたのですが、中々難しくて。
> 取敢えずWilliam Tempsonさんのブログで紹介されている
> ・Kiwi パレードグロス
> ・Bootblack ハイシャインコート
> ・脱脂綿
> 辺りを購入して、頑張ってみようかと思います。


私もまだ出来てないので、エラそうなことは言えないのですが(^^ゞ
ハイシャインベース等で下地を作るとやりやすい感触を持ちました。
たぶん、ほぼ蝋なので、KIWIのニュートラルあたりでも代用できるかもしれません。
ウィリアムテンプソンさんからご教授頂いた、仕上げにハイシャインコート+脱脂綿は
素晴らしい効果です。脱脂綿以前に、ネル生地での水砥ぎ段階でもかなり光りますね。

ビンテージシューズはもともと革質が良いので、厚塗りしなくとも、薄化粧で十分のような
気がします。逆に先日磨いたケンフォードは「化粧映え」する感じでした(^^ゞ

禁靴月間にはもってこいの作業だと思います^_^

2017.05.28 Sun 11:07
Edit | Reply |  

Add your comment