http://analyzer.fc2.com/ -->

N.O.S. w/box (旧お気に入りモノ図鑑)

自分の好きなモノ、気になるモノを紹介していくブログです。

福岡の老舗靴屋さんでオーダー。 


この1ヶ月間で4足めのオーダー(^^ゞ
そんなに靴要りませんよね、、、って「オマエが言うな」の大合唱が聞こえそうですが(笑)。

表題の通り、「知る人ぞ知る」福岡の老舗靴屋さんに行ってきました。

ここには今まで3人ほど職場の人を連れて行って、皆レディメイドを購入されたのですが、
私自身は購入したことなく、今回初めてオーダーを決意。


sakura7.jpg
お店の写真は自粛させて頂きます。代わりに近所の桜をお楽しみください。。。


ここは旧き良き昭和の靴屋さんといった雰囲気のお店。
オーダーと言っても、敷居の高さなどまったくなく、感じの良いご主人と奥さんになごやかな雰囲気で
お話しさせて頂きました。地元ということもあり、親戚の家に来たような。

最初考えていたのは、シンプルな内羽根一文字。
うん、こういう店ではこの呼び名がしっくりきます。

色は茶色を選択しかけたのですが、ふとサンプルのオリーブがかった革が目についたので、これでオーダー。
国産カーフですけど、「こっちの方が革が良い」とのこと。


sakura2.jpg


「デザインはこれで良いですか?」と聞かれ、少し考えて、「ここに直線に穴飾りとか入れられますか?」と。
パンチトキャップトゥにしようと思いまして。
「ああ、はいはい、親子穴で良かとでしょ?」と。

ソールも3種類から選べたのですが、せっかくなのでレザーソール、楔形トップピースを。


採寸を含め、わずか10分チョイで完了。
費用は55,000円。
ハシモトさんもそうですが、こういう昔ながらの靴屋さんのオーダー価格は良心的です。

「あの内金は・・・」と言うと、「あ、いくらでも良かですよ」とおっしゃったので、2万円だけ。
「1カ月くらい見といて下さい。」とのことでした。


sakura3.jpg


昔はスーツやシャツもオーダーが主流でしたよね。たぶん昭和で言うと40年代くらいまで。
既成スーツを「吊るし」と呼ぶのはその名残かと。
もちろん、庶民にとっては高価だったはずですが、その分長く大事に着る、と。

靴も、こういう感じのお店がたくさんあったのだと思います。

イタリアや英国で修行した職人さんのビスポークとかではなく、「昭和の注文靴」。
2代目3代目がいるところもあるでしょうが、そうでないところはタイムリミットが近づいてると思います。





<<↓ 応援クリック宜しくお願い致します。>>
にほんブログ村 ファッションブログ 靴・スニーカーへ
にほんブログ村


Comment

Name - なおけんた  

Title - 

先を越されてしまいました。
私もオーダーしようしようと思いながら、福岡へ行きそびれてしまってます。
時間の壁でしょうかね。
東京のほうが距離は遠いですけど、1時間半で行けます。
福岡だと飛行機に乗る気がせず(航空運賃は何と東京のほうが安いと思います)、安いバスを選んでしまいます。で、バスだと5時間弱。しかも熊本益城付近は地震後の復旧工事で数キロの渋滞になるのでさらに・・・・。
後継者がおられないので、いつ注文できなくなるかわからないのに・・・・。

それはさておき、出来上がりが楽しみですね。自分のことのように楽しみです(笑)。ぜひ、ブログで紹介していただいて、私も参考にしたいと思います。

昭和(しかも前期)の時代はふつう(それでも高価だったと思いますが)だった注文靴が、今では貴重で高級品になり、それでも昔ながらの職人気質の方々は価格を抑えて頑張ってこられた。上がっているのは材料費だけなのかもしれませんね。可能な限り、いつまでも頑張ってほしいと思います。
2017.04.09 Sun 16:49
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

なおけんたさん、

私も宮崎行きたいんですが、おっしゃるように東京行く方が便利という。。。(^^ゞ
福岡=宮崎間がいちばん遠いんですよね。同じ九州島民なのに。。。


> それはさておき、出来上がりが楽しみですね。自分のことのように楽しみです(笑)。ぜひ、ブログで紹介していただいて、私も参考にしたいと思います。


ご存知のように、ここはインソールで調整という感じですよね。
ハシモトさんとはまた違った感じになるのかな、と。
1ヶ月ということなので、GW明けくらいには出来ちゃうのかもしれません。


> 昭和(しかも前期)の時代はふつう(それでも高価だったと思いますが)だった注文靴が、今では貴重で高級品になり、それでも昔ながらの職人気質の方々は価格を抑えて頑張ってこられた。上がっているのは材料費だけなのかもしれませんね。可能な限り、いつまでも頑張ってほしいと思います。


本当にそうですね^_^
特に福岡のあの辺りは今まで再開発されなかったのが奇跡と思える場所なので、
ご年齢の部分も含めて、まずここでオーダーを、と。

たぶん、なおけんたさんのとこや、ここを訪れられてる方々は承知のことと思いますが、
こういうお店は、いわゆる今風の感じではないですよね。あくまで(良い意味で)昭和の香り。
例えば昭和の背広を作ってくれる町の老舗テーラー、と。
私たちはその辺に惹かれるワケですが、基本今風のスーツとかではないので(言えばできるかも
しれませんけど)、昭和の職人さんの靴が欲しい人に勧めたいですね。

2017.04.09 Sun 20:27
Edit | Reply |  

Name - tomojin329  

Title - 

オリーブがかった国産カーフ、どの様な色なのか非常に興味があります(^^)

そして福岡(九州)にはこちらの靴屋さんも含めて、是非行ってみたいとは思っているのですが、時間とお金の問題が・・・^^;
往復の飛行機代+宿泊代を考えると靴の費用と同じ位掛かりますし、せっかく行くのであれば2・3日は滞在してみたい。

そして困った事に、先日隣町の古着屋さんでJonsonianがあって、
これが履いてみたらジャストサイズで履き心地も良くて(´▽`)
決して安い訳ではないので困ったものです(;^_^A
(本当はパンツを2本買いに行っただけなんですが・・・)
2017.04.09 Sun 22:57
Edit | Reply |  

Name - おさ  

Title - 

はじめて。
いつも楽しく拝見させていただいてます。

わたしも福岡在住で、今回紹介された靴屋は友人の紹介で覗いたことはありますが、買わずじまいでした。

昭和の靴屋と言えば、数年前記事にされていた、北九州黒崎の靴屋。
私はそこで注文をしています。

見本は無く、足に合った木型が用意され、デザインを伝えると、2~3週間程で作成されます。
ちなみに採寸は店先の路上でしますし、木型は現物が店に無いため、完成までどのような形になるかわかりません。

それでも出来上がった靴は、返りが良く大変歩きやすいです。
形は完全に昭和です。
製法は所謂十分仕立て。
ソールの縫い付けまで手作業でされます。

それでいて価格は昭和価格です。恐らく全国最安値では、、
インポートの革を使用してもアップチャージは5千円です。(昔の革も多少ストックがあるみたいです)

決して美しい靴ではありませんが、いい靴です。
一度覗かれてください。


2017.04.09 Sun 23:03
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

tomojin329さん、


> オリーブがかった国産カーフ、どの様な色なのか非常に興味があります(^^)


舶来の革があるかどうか聞く前に、何となくコレで決めてしまいました。
まだ変更可能だと思うんで、実は迷ってたりします。。。(^^ゞ


> そして福岡(九州)にはこちらの靴屋さんも含めて、是非行ってみたいとは思っているのですが、時間とお金の問題が・・・^^;
> 往復の飛行機代+宿泊代を考えると靴の費用と同じ位掛かりますし、せっかく行くのであれば2・3日は滞在してみたい。


ぜひぜひお越しください。スターフライヤーが良いですよ。
博多はラーメンではなく「魚」なんです。責任をもってご案内申し上げますので(^^)


> そして困った事に、先日隣町の古着屋さんでJonsonianがあって、
> これが履いてみたらジャストサイズで履き心地も良くて(´▽`)
> 決して安い訳ではないので困ったものです(;^_^A
> (本当はパンツを2本買いに行っただけなんですが・・・)

ありますよね、そういうこと。
服を買いに行っても、何故か靴が入った紙袋持ってる。。。
なんか良い靴見つけると、保護したくなります。
何の使命感なんでしょうね(^^ゞ
2017.04.09 Sun 23:33
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

おささん、はじめまして^_^

> 昭和の靴屋と言えば、数年前記事にされていた、北九州黒崎の靴屋。
> 私はそこで注文をしています。
> 見本は無く、足に合った木型が用意され、デザインを伝えると、2~3週間程で作成されます。
> ちなみに採寸は店先の路上でしますし、木型は現物が店に無いため、完成までどのような形になるかわかりません。
> それでも出来上がった靴は、返りが良く大変歩きやすいです。
> 形は完全に昭和です。
> 製法は所謂十分仕立て。
> ソールの縫い付けまで手作業でされます。
> それでいて価格は昭和価格です。恐らく全国最安値では、、
> インポートの革を使用してもアップチャージは5千円です。(昔の革も多少ストックがあるみたいです)
> 決して美しい靴ではありませんが、いい靴です。
> 一度覗かれてください。


何と!(゜レ゜) あそこで注文されてるのですね。
ここのリンクにあるU-BOATさんも奥さまと共に作られたそうなので、その靴屋さん
の情報を聞くのは、お二人目です。
失礼なんですが、今も営業されてたんですね!
そういう話を聞くと、俄然興味が湧いてきます。

以前調べたところ、北九州市から何か表彰されてたと記憶しております。

さっそく近いうちに行ってみたいと思います(^^ゞ
情報、感謝いたします!

2017.04.10 Mon 00:01
Edit | Reply |  

Add your comment