http://analyzer.fc2.com/ -->

N.O.S. w/box (旧お気に入りモノ図鑑)

自分の好きなモノ、気になるモノを紹介していくブログです。

デッドストック靴はもはや幻。。。? 


今回の旅で、いくつかのお店で話して感じたことなんですが、50s60sのデッド靴はもう出ない、と。
デッド屋さんの入荷状況を見ても、薄々感じてはいましたが、どうやら本格的に枯渇状態に達したようです。

おや?でもヤフオクやeBayでは頻繁というワケではないけど、たまには見かけるけど?と思う方も
いらしゃるかもしれません。


30307.jpg


デッド靴の主な供給元は、アメリカ中に無数にあった個人靴店だと思います。
以前ここで、廃業した靴屋さんの様子を紹介しましたが、あんな感じのとこですね。

例えば、アメリカの景気が良かった50年代あたりに靴屋を開業したとして、その多くは80年代、90年代に
閉店したと思われます。

経営者が高齢化したでしょうし、何より革靴の需要が減った。大型店の進出にも圧迫されたことでしょう。
運よく後継者がいたところとか、すごく元気なおじいさん、おばあさんが頑張ってたところも、さすがに
今世紀に入ってからは次々と廃業していったのではないかと。


weyen.jpg


せいぜい10年くらい前が「デッド」ラインだったのでしょう。

ですから、以前のように、日本のショップに「一度に大量に」デッド靴が入荷することは、まずなくなりました。

今流通しているのは、アメリカのディーラーやコレクター由来のモノが中心と考えられます。
(あと、業界筋の話として、他にも有力な仕入れルートがあるようですが、これも結局向こうのディーラーが押えているようです)



93605.jpg



以前は、日本の古着屋さんがこういう現地のディーラーやコレクターと取引をしていましたが、
最近有名ショップの閉店も相次いでいますし、セラーにしてみても、直接eBayに出す方が高く
売れるので、オクに良品が流れる、という傾向にあるようです。

以上はデッド靴についての話なのですが、ではユーズド靴は安泰かというと、デッド枯渇の影響
から、これも「玉突き」状態で、やはり良いモノは直接オクに流れている様子。

ですので、私たちエンドユーザーにとって、いちばん確実な良品ゲットの方法は、とにかくオクに張り付くことだと思います(^^ゞ
何となく殺伐として、味気ないですけどね。。。
デッドに比べれば、ユーズド靴はまだまだ大量にありますから、もうしばらくは大丈夫かと。


frenchshriner brown15


アメリカデッド靴の「相場の上限」というのを以前から予想してまして、もちろんモノによるのですが、
まあ、10万くらいが限界だろう、と。

根拠としては、それを超えると、グリーンなんかが新品で買えるし、国内だとオーダーも視野に入りますから。

私なんかは、単に「安かった」から、アメリカ旧靴に興味を持ったクチなんで、正直なところ、何万もするので
あれば、おとなしく引き下がろうかと(^^ゞ だって、柏のパターンオーダー3万ですから。。。
(個人的に10万以上出すのであれば、KOKONさんのハンドメイドですね。)

ただ、オールデンなんかは10万を超えても相変わらず人気なので、昔の相場にとらわれているだけ
なのかもしれませんけど。。。


weyen2.jpg


私が期待してるのは、日本のコレクターの放出です。
まずオマエが放出しろ、と言われるかもしれませんが(笑)。

10年くらい前はFSPの50sデッドが1万円とかで買えたんで、優しい人なら、それに多少色着けるくらいで
売ってくれるかもしれない(^^ゞ そういう方、是非ご連絡お待ちしております。






<<↓ 応援クリック宜しくお願い致します。>>
にほんブログ村 ファッションブログ 靴・スニーカーへ
にほんブログ村



Comment

Name - クロマメ  

Title - 

最近、europeanblendさんやなおけんたさんの影響で、現行靴に興味が湧いてきています。前回、紹介いただいたショーンハイトのローファーなんか、ホントに欲しいなあと思いますし。

あと、やっぱりコードバン!

オールデンについていろいろ見てるんですが、バーガンディもいいけど、レアカラーの#4もいいなあと。ラコタハウスに行った、某ブロガーさんの記事が面白くて(^.^)

でも、4番はもう出なさそう。。
え?メイカーズってのがある?←今ココです笑
2017.03.24 Fri 10:23
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

クロマメさん、

東立さんのパターンオーダーは衝撃的でした。
価格もそうですが、左右のサイズが極端に違う私にとっては、サイズ違いでパターンオーダーできるというのは、かなりの朗報です^_^

オーダーもいろいろありますよね。製法もさまざま。
最高峰はもちろん、十分仕立てのハンドソーン。これだと、安くても20万という感じだと思います。
九分のハンドで、セミオーダーくらいだと、10万以下もチラホラ。

名古屋方面だと、Avantiさんがグロスターロードさん同様、KOKONの靴を扱っています。
一度、のぞかれてみてはいかがかと。
あと、「ゴトウ靴店」も検索してみて下さい。

私もMAKER'S気になりますが、先日、高円寺のサファリに行ったら、程度の良いオールデンウィスキーが
結構ありました。ラストの良さもオールデンが人気の理由なので、いろいろ試されると良いかと思います。
2017.03.24 Fri 11:11
Edit | Reply |  

Name - スニゲーター  

Title - 

有名なコレクターが亡くなられると、形見分けに、怪しい見知らぬ自称友人が現れるという恐ろしい話を伺ったことがあります・・・。
騙されないように靴の遺言が必要ですね(笑)

しかし楽しいのは、やはり実店舗で見つけた品でしょう。
可能ならば、一ヶ月ほど自由に、日本、古着屋めぐりの旅をしたいです。
一ヶ月の時間・・・旅費に20万円ほど・・・そして靴代に・・・・・・・・・。
2017.03.24 Fri 22:23
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

スニゲーターさん、

私はもしもの時のために、行きつけの靴屋さんに箱付きデッド分に関しては引き取りをお願いしてあります(笑)
個人コレクターの最大のライバルは、ハリウッド関連の衣装会社のようですね。なにせ予算が違うから相手になりませんけど。

向こうの人は、コレクター兼ディーラーという感じの人が多いようです。
究極のコレクターを目指すには、そのような感じにならないといけない、ということでしょうか。。。


全国古着屋行脚、良いですねえ^_^
札幌~福岡間のJR往復切符で、途中下車しながら周る、というのはどうでしょう?


2017.03.24 Fri 22:51
Edit | Reply |  

Name - tomojin329  

Title - 

デッドストックの旧靴にはロマンがありますね(^^)
箱付だったら尚更です。
アメリカ旧靴を私が買い漁っているのは、そういったロマンを求めているからかもしれません。厨二病と言われてしまえばそれまでですが^^;


ところで、先日私もハシモトさんの所にお伺いしてオーダーをしてきました。今更ですが自分の足についてキチンと知ることも出来、また私の地元にも馴染のある時期があったとの事で、ローカルな話題もさせて頂き距離感が一気に縮まった気がしました(^^)

今後は国内のオーダー(パターンメイド)なども少しづつですが、手を出してみようかと思っています。取敢えずは地元で気になる所が一つあるので、”年内に注文する”が目標です♪
2017.03.27 Mon 05:51
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

tomojin329さん、


> デッドストックの旧靴にはロマンがありますね(^^)
> 箱付だったら尚更です。
> アメリカ旧靴を私が買い漁っているのは、そういったロマンを求めているからかもしれません。厨二病と言われてしまえばそれまでですが^^;


オトコには本能レベルで、モノを集めるクセがあるようですね(^^ゞ
シューティーさんと話してて、90年代はそれこそフローシャイムの箱付きもゴロゴロしてたようで、
羨ましく思う反面、やはり希少だから今欲しいのかもしれないな、とも。
「レア」という煽り文句、私はキライなのですが、それは大好きの裏返しなのかも(笑)。


> ところで、先日私もハシモトさんの所にお伺いしてオーダーをしてきました。今更ですが自分の足についてキチンと知ることも出来、また私の地元にも馴染のある時期があったとの事で、ローカルな話題もさせて頂き距離感が一気に縮まった気がしました(^^)

おお、tomojinさんもいかれましたか!(>_<)
何と言うか、本当にプロですよね。
今はなくなってしまいましたが、以前スーツを作ってもらってたところがあんな感じでした。
こちらが言わなくても、合ったモノを察して作ってくれる、というか。


> 今後は国内のオーダー(パターンメイド)なども少しづつですが、手を出してみようかと思っています。取敢えずは地元で気になる所が一つあるので、”年内に注文する”が目標です♪


旧靴とはまた別カテゴリーの世界のような気がします。同じ靴なんでヘンな話ですけど(^^ゞ
ビン靴のレプリカを作るという方向性ももちろんアリですが、まず自分のサイズに合った靴を作る、というのが主目的というか。
スーツも、良いテーラーは体に合わせつつ、体形補正をしてくれますけど、そんな感じですね。
tomojinさんのその地元のお店も気になります^_^
2017.03.27 Mon 07:54
Edit | Reply |  

Add your comment