http://analyzer.fc2.com/ -->

N.O.S. w/box (旧お気に入りモノ図鑑)

自分の好きなモノ、気になるモノを紹介していくブログです。

旧靴愛好家・E氏の戦い。 

weyenberg60NOS.jpg



とある古着屋さんにて。。。


E氏 (おっ、新人さんかな。。。)

店員さん 「靴をお探しスか? サイズはどれくらいッスかね?」

E氏 (靴マニアって言おうかな。でもまあ、メンドくさいな)
    「あ、28くらいです。。。」

店員さん 「あ、そうスか。あっちなんかどうスかね。」

E氏 (そっちはさっき見たよ。ラッパ印のFSは要らん。おっ、この目の前のデッドすごいじゃん。)
    「あの、コレ、カッコいいですね。」

店員さん 「ああ、それっスか。それは旧いヤツっスね。高いっスけど。」

E氏 「これは40年代くらいですか?」

店員さん 「そうっスね。かなり旧いヤツっス。」

E氏 (これ、ショップネームだけど、ファクトリーナンバーからして、あのメーカーじゃん。
    箱付きデッド! 53年! しかもマイサイズ! キャー(・o・) このメーカーのOEM初めて見た!)
   「これ、○○社の53年製ですね。」

店員さん 「(やや沈黙)。。。 お客さん詳しいスね。どこで分かるんですか?」(やや言葉が丁寧に)

E氏 「あ、イヤ、そんな感じがしただけで。。。」

店員さん 「今、セール中なんでそこから20%オフです。」

E氏 (ほう。でもまだ高いな。でもま、今どきこんなの出ないか。どうしよっかな。。。)
    「セールはいつまでですか?」

店員さん 「もうじき終わるっスよ。」

E氏 (なんじゃそれ。もっとちゃんと言えんのか。)
   「ああ、そうですか。考えてまた来ます。」

店員さん 「あ、はい。あざーす。」



<解説>
・ 地元の古着屋はだいたいこんな感じのとこが多い。大阪や東京に行くと接客の良さに驚く。
・ 店は人。接客がもう少し良ければ買ってた。モノは良かっただけに残念すぎる。
・ 最初に「自分は旧靴コレクターだ」と名乗るとわりとスムーズ。
・ この界隈の愛好家より旧靴の知識のある店はほとんどない。
・ かと言って、知識をひけらかすのは、いろんな意味で止めといた方が無難(^^ゞ


以上、小うるさいオヤジのつぶやきでした(笑)。



*** 本日の一曲 ***


ポール・モーリア 「涙のトッカータ」 (1973)





<<↓ 応援クリック宜しくお願い致します。>>
にほんブログ村 ファッションブログ 靴・スニーカーへ
にほんブログ村




   

Comment

Name - なおけんた  

Title - 

ああ、もう一々同感できます。
古着屋に限らず「君、もう少し接客勉強したら?」「君、もう少し自分の店で売ってる商品について勉強したら?」と心の中で突っ込みたくなる店員さんがいますねえ。
以前自分のブログに書いたかもしれませんが・・・

レザーソールの革靴を見て「靴底、木製ですか?」と聞いてきた君、木が曲がるか?ちょっとは考えろよ!

銀座の老舗靴店で、レザーソールのインポートシューズについて、「これ、ソールを貼り付けているので縫い目が見えないんですよ。」と説明した君、縫い目を伏せただけなんだよ。確かにその部分は貼り付けてるけど。

買う気が一気に失せますねえ。
靴を売ってるのに靴べらがない店、靴が埃をかぶっている店(大手セレクトショップで見ました!)も同様です。

個人的には自分から靴のウンチクかますのは苦手なので、こちらが履いている靴を見て、何かを感じ取ってもらえるといいんですけど、そういう店員さんがいる店がいい店かなと思いますね。
2017.02.26 Sun 18:54
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

なおけんたさん、

デパートの接客を求めているワケではないんですが、地元の古着屋は酷過ぎるところが多いですね(^^ゞ
私は商売人の家系なので、どうしても気になってしまいます。
東京や大阪の古着屋さんではイヤな思いをしたことがないです。

店の外で店員がタバコ吸ってるのもどうか、と。。。
タダでさえ、ネットで海外から安く買えるのに、そういうことをしてるとますます国内の古着屋さんから
買う気が失せますよね。。。


> 個人的には自分から靴のウンチクかますのは苦手なので、こちらが履いている靴を見て、何かを感じ取ってもらえるといいんですけど、そういう店員さんがいる店がいい店かなと思いますね。


そういう店員さんがいる店は気持ち良く買いモノができますよね。
まあ、古着中心の古着屋さんはしょうがないとしても、靴屋さんにはプロフェッショナルを求めたいところです。
先日、とある古着屋さんでフローシャイムの年代判別方法を伝授頂きました(笑)。
2017.02.26 Sun 19:58
Edit | Reply |  

Name - tomojin329  

Title - 

あぁ~
なんか凄く分かります^_^;

個人的に、買い物中はそっとしておいて欲しい。古着屋さんの場合は特にそうです。

あちらも商売なので仕方がない部分もありますが、必死に何かを売ろうというのが伝わってくるのは苦手です。
「これとかいいですよ!」と言われても、欲しいモノは自分で探すよと…

定期的に買い物をしている古着屋さんは、お店に立つ方が直接買い付けに行かれているからか、そうした距離感が絶妙な気がします。
2017.02.27 Mon 19:59
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

tomojin329さん、

> 個人的に、買い物中はそっとしておいて欲しい。古着屋さんの場合は特にそうです。
> あちらも商売なので仕方がない部分もありますが、必死に何かを売ろうというのが伝わってくるのは苦手です。
> 「これとかいいですよ!」と言われても、欲しいモノは自分で探すよと…

困りますよね、明らかに私たちの方が商品知識はあるワケですから(^^ゞ
だから最初に「実は私、ビンテージシューズコレクターなんですけど。。。」と名乗るようには
してるんですが、同じ店で何度も言うのもちょっと。。。(笑)


> 定期的に買い物をしている古着屋さんは、お店に立つ方が直接買い付けに行かれているからか、そうした距離感が絶妙な気がします。


そういうところ良いですね^_^ 向こうのお話しも聞けますし。

東京の古着屋さんは一見の客にも丁寧だと思います。
やはり接客慣れしてるんでしょうね。
2017.02.27 Mon 22:17
Edit | Reply |  

Add your comment