http://analyzer.fc2.com/ -->

N.O.S. w/box (旧お気に入りモノ図鑑)

自分の好きなモノ、気になるモノを紹介していくブログです。

靴の「格付け」。 


先日、名古屋行きの機内音楽プログラムで、SMAPが特集されていました。
ああいう場所でもない限り、最近は音楽を真剣に聴くこともないので、
ひさしぶりにじっくり聴いたのですが、なかなか心に響くものがありました。

‘それなのに僕ら人間は どうしてこうも比べたがる?
一人一人違うのにその中で 一番になりたがる?’
                       ー「世界にひとつだけの花」


昔、「ザ・ベストテン」で、どこかのアーティストが出演拒否の理由として、
「自分の中では、どの曲も大切です。それに順位を付けることはできません。」
という趣旨のコメントを言ってたように記憶しています。

その頃は意味がよく分からなかったのですが、今なら理解できる気がします。



「いつかはクラウン」。
昭和の時代、そういうCMが流れていました。
スターレットからカローラ、マーク2、そして、いつかはクラウン。
高級車への憧れをうまく表現したコピーである一方、クルマヒエラルキー
を感じさせるモノでもあったのかもしれません。


さて、表題について。


stetson marshall


靴趣味をやってると、なんとなく高級靴に憧れを抱くことがあります。
そして、ブランド別、価格別に「序列」みたいなものを意識したりするかもしれません。

かく言う私がいちばんそういうものに毒されているような。。。(^^ゞ

アメリカ旧靴はそういうヒエラルキーとは無縁なので、こっちに進んできた、という
経緯も実はあります。

ただ、こっちもこっちで、ブログに「アメリカ靴は70s中期以降クオリティが落ちる」
なんて書いたものだから、自分で自分の言葉に縛られ、いわゆる「レアモノ」
「旧いモノ」原理主義に陥り過ぎているようにも感じます。

端的な例でいえば、70年製だったら何となく残念に思い、69年製なら嬉しい、
みたいな(^^ゞ

良い靴なんだけど、無名ブランドだと、ちょっと悲しい、というような。

せっかくヒエラルキーから逃れてきたのに、自分でまたそれを作っちゃうんですね。

いつか、年代やブランド、製法にとらわれないレベルにまで行けたらいいな、と。
まだまだ修行の旅は続きそうですが(^^ゞ







<<↓ 応援クリック宜しくお願い致します。>>
にほんブログ村 ファッションブログ 靴・スニーカーへ
にほんブログ村




Comment

Name - なおけんた  

Title - 

あ〜何だかよくわかります。
私は古靴に魅せられ始めた初期は、フローシャイムインペリアルであろうが、90sのロイヤルインペリアルであろうが、古靴に純粋に喜んでいました。
ところが経験や知識がそれなりに豊富になり、europeanblend さんを始めとして多くの方々からの情報を頂いたりして、目が肥えてきました。古靴を見る目が厳しくなりました。それは、特に60s以前の靴への憧れとなりました。もちろん国やメーカーによる差はありますけど(英国靴なら70sでも品質がいいと思いますし、アメリカ靴ではアレンなどは70sでも他の米メーカーより品質がいいと思っています)。

こういう感覚の変化、厳格化は、極めていけば仕方のないことではないかなと思っています。スポーツの世界でも、仕事の世界でも、ものづくりの世界でも、経験を重ねて常に上のステージに上がっていこうとするのが常ですから。そういうのに縛られていくのは当然かなと。
ただ、「あの頃はよかったな」と懐かしむことも悪くはないと思います。そうやって初心に帰ったり、今の状況を見つめ直すことは必要ですよね。いろんな靴に手を出してきて、リーガルに原点回帰するのも同じような感覚かなと。
進んでは戻り、進んでは止まり、で、結局はちゃっかりと前進しているんでしょうね。よくわかんない言い方ですけどね。
2017.02.07 Tue 20:20
Edit | Reply |  

Name - スニゲーター  

Title - 

70s以降だって立派なものに違いはありません。現行の半端なものを買うより、遥かに上でしょう。遥かに。80sだって!
しかし惜しむらくはデザインが画一化され過ぎてしまったことが一番の問題だと思います。
ロングウイング、プレーン、サドル、Uチップ、とりあえずインペリアルに手を出しておけば、ほとんど当時の高水準の品を制覇できちゃいますからね。
当然インペリアル自体が色々やっていますし、そこにも細かい違い、拘りが生じるのは解っちゃいるのですが・・・。どっぷり浸かるには浅い感じがしてしまいます。
しかしフローシャイムは70sでも挑戦していた名残はありますね。ああいうの、是非拾ってやりたいです。
・・・~60sよりも更に希少ですが・・・・・・。
2017.02.07 Tue 23:48
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

なおけんたさん、

私は長くこの世界に居すぎたのかもしれません(^^ゞ
たぶん「何周も」しているような気がします。

見る目が肥えると、どうしてもハードルが上がってしまいます。
イコール、なかなか眼鏡に適うモノが少なくなっていく。

コレクターのジレンマ、というヤツです。


あと、いろいろ考えさせられたのが、 Life Style Imageさんのこの記事。
https://lifestyleimage.jp/?p=15245


いろいろ示唆に富む面白い記事だと思います。


2017.02.08 Wed 00:26
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

スニゲーターさんも、なおけんたさんと同様、ブレないモノをお持ちだと思います。
「このデザインが好きだ」というのがちゃんとあって、その年代やメーカー、生産国
などといった細かいことは2の次、というか、そこに縛られていない、という。

たいへん見習いたい部分です^_^

フローシャイムは面白いですよね。
大企業なので、いろんなニーズに応えた結果、さまざまな靴がある。
年代判別ができるようになった結果、旧いモノの見分けがつくようになって、
新しい年代のモノが軽視される傾向にありますが、おっしゃるように80sだって
ぜんぜんダメじゃない。むしろ新しい分、破損を気にせず安心して履けますし、
このデザインがこの時代まで、なんていう発見もあります。

年代は大事ですが、そこに捕われすぎる必要もないですよね。
2017.02.08 Wed 00:40
Edit | Reply |  

Name - しんのすけ  

Title - オンリーワンのスタイル目指したいですね

 先日、返信いただいたので、嬉しくてまた投稿してしまいました(笑)。
 ヨーロピアンブレンドさんほどの方でも、ご自分のスタイルを模索されているようで、素晴らしい探求心ですね。
 例えば、ユニオンワークスの中川さんですと、トリッカーズにたどりついた(?)ようですし、ブロガーのnotfashionbutstyleさんも、毎シーズン毎シーズンブルックスを購入されてます。となると、ヨーロピアンブレンドさんは、フローシャイムの達人ですかね。
私は、アメリカのアイビーカルチャーに興味をもってるのですが、現代にも通用する自分のスタイルを見つけたいと思っています。
 じつは私は、本をつくるのが仕事の編集者なのですが、こんど、『History of American Industries Since Columbus: The Development of Shoes and Leather-making Industry 』(2016)という本を見つけたので、アメリカの靴の歴史をおってみようかと思います。
また、新しい発見があれば、報告したいと思います。
2017.02.09 Thu 12:43
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: オンリーワンのスタイル目指したいですね

しんのすけさん、


>  先日、返信いただいたので、嬉しくてまた投稿してしまいました(笑)。


ありがとうございます。
いつでもお気軽にどうぞ(^^)


>  ヨーロピアンブレンドさんほどの方でも、ご自分のスタイルを模索されているようで、素晴らしい探求心ですね。
>  例えば、ユニオンワークスの中川さんですと、トリッカーズにたどりついた(?)ようですし、ブロガーのnotfashionbutstyleさんも、毎シーズン毎シーズンブルックスを購入されてます。となると、ヨーロピアンブレンドさんは、フローシャイムの達人ですかね。


過分なお言葉、恐れ入ります。
そういう雲上の方々には及びもつきませんが、地方のしがないオヤジなりに靴を楽しんでいる次第です(^^ゞ


> 私は、アメリカのアイビーカルチャーに興味をもってるのですが、現代にも通用する自分のスタイルを見つけたいと思っています。
>  じつは私は、本をつくるのが仕事の編集者なのですが、こんど、『History of American Industries Since Columbus: The Development of Shoes and Leather-making Industry 』(2016)という本を見つけたので、アメリカの靴の歴史をおってみようかと思います。
> また、新しい発見があれば、報告したいと思います。


おお、そうでいらっしゃいましたか。
プロの方に拙文を読んで頂いてるかと思うと汗顔の至りです(^^ゞ

この本、実に面白そうですね。
私も是非読んでみたいと思います。
2017.02.09 Thu 14:05
Edit | Reply |  

Add your comment