http://analyzer.fc2.com/ -->

N.O.S. w/box (旧お気に入りモノ図鑑)

自分の好きなモノ、気になるモノを紹介していくブログです。

B.D.C. へ入ろう。 CITY CLUB Punched Cap Toe。 


cityclubcaptoe.jpg



City ClubのPunched Cap Toe。
50s頃のモノと推定。

最近、自宅倉庫で再発見しました(^^ゞ


cityclub19468.jpg


ご存知のように、City ClubはIntercoの前身会社のひとつ、Peters Shoe Company
が持ってたブランド。 当時のお値段は、フローシャイムの6割程度。
(ただし、上級グレードもあったようで、そちらはほぼ同等)。


cityclub19467.jpg


今の日本の感覚で言えば、フローシャイム2万円に対し、1万2000円くらいかと。
ですから、価格的には「大衆靴」という感じでしょうか。


cityclub1955.jpg


職場で何人かに「革靴にいくらかけるか」と聞いたところ、「2万まで。できれば1万以下」
と言う人が多かった。外資系とかは違うと思いますが(^^ゞ 平均的なサラリーマンの
感覚はそんな感じではないかと。



cityclubcaptoe6.jpg



今の日本の靴に強引にあてはめるなら、ケンフォードくらい、と考えればわかりやすいかも。



cityclubcaptoe5.jpg



ただ、それくらいの立ち位置の靴でも、この時代のアメリカ靴はご覧の通り、素晴らしい。
私たちがビンテージ靴にハマるゆえん。。。

この時代のInterco系って、Randにしろ、Winthropにしろ、意外と「革」が良いモノが多い気がする。



cityclubcaptoe12.jpg



「アメリカ旧靴は、現代の20万クラスの革に匹敵」と言われると、個人的にはいやいや、
それはいくらなんでも言い過ぎだろうと。愛好家としてはそう言いたいですけどね(^^ゞ
「昔のアメリカ靴は、このような大衆靴でもレベルが高かった」というのが穏当な表現かなと。


ほとんどのアメリカ旧靴は、「つくり」の面では高級英国靴の敵ではないと思います(^^ゞ
ただ、「大衆靴としては」驚異的ともいえる丁寧な仕事がなされているモノがある、というのは確か。


これ、一瞬セメントかな、なんて思ったのですが(実際、この時代もありますし)、


cityclubcaptoe3.jpg


よーく見ると、この辺にはステッチが見える。


cityclubcaptoe13.jpg


とすると、この部分のステッチはすごく細かいのではないかと。


cityclubcaptoe9.jpg


ソールはこんな感じ。


cityclubcaptoe10.jpg


ヒールは‘Light Tread’。


cityclubcaptoe14.jpg


‘Cushion Pad’仕様であるらしい。


この靴、いつどこで買ったか、必死に思い出そうとしたのですが、
たぶん、5,6年前にヤフオクだったんじゃないかと。



cityclubcaptoe8.jpg



当時はユーズド革靴買う人、ほとんどいなくて、これもタダ同然。

ただ、今の方が市民権を得た分、出品数も多くなったし、レアなモノが
圧倒的に増えたので、「昔の方が良かった」とも言えないかな、と。



おまけ。

スタイルフォーラムで、ヴィクリートさんを中心に、あちらの旧靴好きの方々が
盛り上がっていらっしゃいますね。。。

「気付きの差」はちょうど2年、といったところでしょうか。

この10年であそこのメンバーも「世代交代」しているような気がします。
べじたんさんもコメントされてるし、中には有益な情報も。
私のブログもグーグル翻訳で見てくれてるようです。

こりゃ、迂闊に情報流せないな。。。(笑)





<<↓ 応援クリック宜しくお願い致します。>>
にほんブログ村 ファッションブログ 靴・スニーカーへ
にほんブログ村


Comment

Name - kuromame  

Title - 

数年前に冠婚葬祭用にケンフォードの黒ストチを買いました。確か1万ちょうどくらいだったかなと。コスパが良いという評価が多かったもので。でも、1万出すなら、旧靴のドレスシューズがデットまではいかなくとも、ミント状態で結構見つかりますよね。。このCity Clubなんかがあったら最高です。5~6年前は良い時代だったんですね。

今度新品を買うなら、以前紹介されていたリーガルの3万くらいのクラスのものかなあと思います。サイズ感や履き心地は、試着しないとわからないですから。当初は「11B」とか「10D」とかのビン靴を平気で履いていましたが、やっぱり最終的にはジャストサイズ+0.5~1サイズくらいがギリだなあと思うようになりました。これ以上になると、中敷きを入れて履いても、違和感があります。

「現行品なら20万円クラス!」「現行オールデン以上のコートバン!」

私もこんな言葉に踊らされて「マジかよ!?買うしかないじゃん?」と思ったクチです笑。ただ、ものによってはオーラ感が半端なく、履いていてニヤニヤしてしまうものがいくつかありまして、自分にとっては「ウン十万クラス」という自己満足はあります(^_^.)。問題は、周りの誰もそれを誉めてくれないという点ですかね。

V cleatさんはインスタでも結構、情報収集されていて、たえず情報をアップデートされている印象です。あんまり価格が高騰してほしくないのですが、ここのところトランプさんの影響で円高傾向なので、今がねらい目なのかもしれません。さすがにドル80円とまではいかなくとも、100円くらいになってくれるといいんですがね。日本の経済的には良くないんでしょうけども。
2017.01.24 Tue 19:25
Edit | Reply |  

Name - tomojin329  

Title - 

私がこの前アップしたCity Club、europeanblendさんが以前紹介されていたペアの色違いだったんですね。今更ですが気が付きました^^;
http://georgiaathens.blog81.fc2.com/blog-entry-830.html

Intercoはあまりに多くのブランドを保有していて、30以上の名義を持っているので今考えるととてつもない企業だったなと思います。

このCity Club、1953年のFLORSHEIM買収なども考えるとInterco内での立ち位置が微妙ですよね。60年代中旬~70年代に消滅したと考えるのが妥当でしょうか?
2017.01.24 Tue 21:45
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

tomojin329さん、

> 私がこの前アップしたCity Club、europeanblendさんが以前紹介されていたペアの色違いだったんですね。今更ですが気が付きました^^;
> http://georgiaathens.blog81.fc2.com/blog-entry-830.html


やっぱりそうですよね。
やはり同じ橋を渡るんですねえ、、、(^^ゞ


> Intercoはあまりに多くのブランドを保有していて、30以上の名義を持っているので今考えるととてつもない企業だったなと思います。
>
> このCity Club、1953年のFLORSHEIM買収なども考えるとInterco内での立ち位置が微妙ですよね。60年代中旬~70年代に消滅したと考えるのが妥当でしょうか?


確かに、60s~70sくらいで見なくなりますね。
どっかで新しそうなCity Clubを見た記憶もあるような、無いような。。。

http://sanka-tokyo.com/?pid=39138288

これで、60s後半、70sにかかるくらいでしょうか。

2017.01.25 Wed 00:02
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

kuromameさん、


> 数年前に冠婚葬祭用にケンフォードの黒ストチを買いました。確か1万ちょうどくらいだったかなと。コスパが良いという評価が多かったもので。でも、1万出すなら、旧靴のドレスシューズがデットまではいかなくとも、ミント状態で結構見つかりますよね。。このCity Clubなんかがあったら最高です。5~6年前は良い時代だったんですね。


1万円クラスの靴では、ケンフォードは良い選択ですよね。
革靴初めての人で、その予算なら私も勧めると思います。
でも、本当は旧靴ですよね。おっしゃるように、1万円も出せば結構選べますから。



> 今度新品を買うなら、以前紹介されていたリーガルの3万くらいのクラスのものかなあと思います。サイズ感や履き心地は、試着しないとわからないですから。当初は「11B」とか「10D」とかのビン靴を平気で履いていましたが、やっぱり最終的にはジャストサイズ+0.5~1サイズくらいがギリだなあと思うようになりました。これ以上になると、中敷きを入れて履いても、違和感があります。


旧靴のいちばんのネックはまさにここですね。
サイズが選べない→博打になる、と。
例えば、8000円くらいの旧靴を4足買ったとして、どれも履けるのを選ぶんでしょうけど、
実際に「ジャストサイズ」というのは1足あれば良い方。
だったら最初から3万クラスの新品の方が確実なワケです。
サイズは選べるし、何より新品で気持ちイイですし(^^ゞ
スニゲーターさんが古靴博徒と自らを呼んでらっしゃる所以かと。

実際見てみて、リーガルの「01DRCD」なんか、ホントに良いと思いました。
夢やロマンはないですけどね(笑)


> 「現行品なら20万円クラス!」「現行オールデン以上のコートバン!」
> 私もこんな言葉に踊らされて「マジかよ!?買うしかないじゃん?」と思ったクチです笑。ただ、ものによってはオーラ感が半端なく、履いていてニヤニヤしてしまうものがいくつかありまして、自分にとっては「ウン十万クラス」という自己満足はあります(^_^.)。問題は、周りの誰もそれを誉めてくれないという点ですかね。


私も愛好家として、現行20万クラスの革、と言いたいのは山々なんですが(^^ゞ
同僚のウェストン・ハントダービーや、ジョンロブ・ウィリアムを見ると、
やっぱり素晴らしいんですね、これが。とっても悔しいですけど(笑)。
オールデンも、モディファイドとコードバンが融合したあの独特の履き心地の
良さは唯一無二だと思いますから、フローシャイムコードバンと土俵が違うというか。

旧靴はその人にとっての「プライスレス」なモノ、で良いのではないかと。



> V cleatさんはインスタでも結構、情報収集されていて、たえず情報をアップデートされている印象です。あんまり価格が高騰してほしくないのですが、ここのところトランプさんの影響で円高傾向なので、今がねらい目なのかもしれません。さすがにドル80円とまではいかなくとも、100円くらいになってくれるといいんですがね。日本の経済的には良くないんでしょうけども。


kuromameさんも、なおけんたさんも彼のHPで紹介されてますね(^^ゞ
こっちが本家で、あちらが、アメリカ旧靴愛好家協会アメリカ「支部」で良いですよね(笑)。

ところで、次回の記事で、kuromameさんのコメントを是非頂きたく思います。
宜しくお願い致しますm(__)m
2017.01.25 Wed 00:09
Edit | Reply |  

Name - DicexDice  

Title - 

VCがスタイルフォーラムでeuropeanblendさんのインスタを紹介してますね。
なんでもeuropeanblendさんのインスタ見るためだけにインスタ始める価値があるとのことです!
それには自分も同意です笑
2017.01.25 Wed 09:57
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

DicexDice さん、

> VCがスタイルフォーラムでeuropeanblendさんのインスタを紹介してますね。
> なんでもeuropeanblendさんのインスタ見るためだけにインスタ始める価値があるとのことです!
> それには自分も同意です笑


アールデコのジョンソニアンがいたく気に入られたようで(^^ゞ

あのフォーラムのスレッド、盛り上がってますね。
2,3年前のこの界隈の再現を見ているようです。
ひとりベテランの方がいらして、すばらしい靴を披露されてますね。

どこまで知ってるのか、ドキドキしながら読んでます(笑)。
2017.01.25 Wed 13:20
Edit | Reply |  

Name - スニゲーター  

Title - 

向こうの国の方が参入してくるというのは恐ろしい・・・送料、関税の不利が辛いところです。
しかし、反面紛れもない好機。
なんらかんらで国内ブームでもあれほど出てきたわけですから。しかしやはり本国は恐い・・・。
2017.01.25 Wed 23:11
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

スニゲーターさん、


> 向こうの国の方が参入してくるというのは恐ろしい・・・送料、関税の不利が辛いところです。
> しかし、反面紛れもない好機。
> なんらかんらで国内ブームでもあれほど出てきたわけですから。しかしやはり本国は恐い・・・。


まあ、リーバイスのようにはならないと思いますが、確かに送料、関税がない分、あちらが有利
ですよねえ。おっしゃるように、これが出品数の増加につながれば私たちにも恩恵があると
思います。そうなりますように。。。(^^)

それにしても、フローシャイムコードバンなんか人気ですが、あちらではオールデンも安く買える
のに、何で500ドルのオールデン買わずに300ドルもするフローシャイムのデッドを買うのだろう、と。
「夢やロマン」を追う博徒は向こうにもいる、ということなのでしょうか(笑)
2017.01.26 Thu 04:14
Edit | Reply |  

Name - スニゲーター  

Title - 

スペクテイターやアールデコは向こうが握っているように、潜在的な博徒は結構いたと思われます。
そういう意味では、いずれ来る日だったのでしょう・・・。
まぁ向こうの方々がビン靴に大枚叩くとは思えないので、気楽に構えていきましょう。(希望的観測)
2017.01.26 Thu 23:54
Edit | Reply |  

Name - europeanblend  

Title - Re: タイトルなし

スニゲーターさん、


> スペクテイターやアールデコは向こうが握っているように、潜在的な博徒は結構いたと思われます。
> そういう意味では、いずれ来る日だったのでしょう・・・。
> まぁ向こうの方々がビン靴に大枚叩くとは思えないので、気楽に構えていきましょう。(希望的観測)


何となくなんですが、たぶんVCさんもかなり若いんじゃないかな、と。
日本もそうですが、中高年世代に変わって、20,30代の若い世代の人たちが
ネットを駆使して情報を集め、旧靴に興味を持ってるような気がします。
2017.01.27 Fri 01:03
Edit | Reply |  

Add your comment